太陽を生きるブログ

皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。

お誕生日の方 おめでとうございます♥

アセンダントは水瓶座
天王星は3ハウス。

水星、火星とスクエア
毎度のことながら水星逆行中アルアルの通信障害発令中です。

インスタ機能、正常化してません。

SNSしていなくても
これまでの普通が普通でないことを知る
価値観変容に使えればいいですね。

3ハウスから考えてみると
一つに限定しないで複数ルートを持つ

思考は柔軟に
臨機応変に対応できるよう
いろんなバリエーションを持っていたほうがいいということでしょう。

水星逆行で〇〇だった・・・

で、終わるのではなく
その体験から何を学ぶかです。

20日から蟹座へと戻ります。

過去の感情体験から
どの記憶をすくい取り
過去には気づかずにいたことを知るのでしょうか。

蟹座をわたしの心の居場所とすると

あなたの共感は
本当の共感なのか、です。

ただの独りよがりな
わたしを不安にさせないための
共感ではなかったか。

自分とは違う水を排他的に扱い
大切な何かを
見過ごしていなかったか、とかですかね。

自分を責めながら思い返すのではなく
フラットに眺めるようにしてください。

自分なりに答えを見つけて
腑に落ちれば⭕

腑に落ちなければ
ただの思い違いです。

占星術の解釈には〇〇と書かれてあったから、と思考優先ではなく、基本的な正しい解釈のベーシックな上に、わたしの水星はどうか、わたしの蟹座はどうかです。

太陽と月

月は天秤座に9ハウス

可能性にチャレンジしたい月で
11ハウス射手座の木星とセクスタイル。

同じ志を持つ仲間がいるなら
共に励めるけれど
そういった存在がいないなら
承認欲求が強いほど
自意識過剰となり、パフォーマンスは落ちるでしょう。

太陽は6ハウスにあり
土星とオポジション。

現場主義に徹し
わたしの太陽を生きるための
システム作りに励むとき。

励む理由は
日食の種を育てるためで
自己観察し
今の自分の足りないところを補うためです。

太陽の意味から書くと

昨日の曼荼羅に心を合わせ
統合プロセスを辿るなら
曼荼羅の存在すら忘れ
放置するほど
心の多彩なバリエーションが生まれます。

言い換えると
何かに集中している間は
応用はきかないし
バリエーションは生まれない。

一点集中したら後は放置して忘れる。

これが無意識に落とし込む方法で
シュタイナー教育は
このリズムで授業が行われていますね。

この方法を行えるなら
12ハウスの土星によって
誰にも見えないものを認識することができるし、形として捉えることができるようになります。

上弦の月を調停をしている海王星を、期待や幻滅に使わないなら、わたしの隠し持つ優れた認識力となるでしょう。

悩みのほとんどは人間関係

今回の上弦の月では
カーディナルサインで
天秤座の月に集中するので
人間関係に緊張を帯びることになり

この緊張が
わたしの可能性開花につながる
チャレンジによって起きるものなら
それはそれは素晴らしいことだけど

そうではなく
コミットすることもなく
職場環境の軋轢がかかるだけだと、閉塞感しか感じないでしょう。

人生の悩みは人間関係から

そして幸せも
人間関係から運ばれてきます。

わたしたちはマイナスな意味で
他者を意識しすぎるし
摩擦を避けるために
好かれようと
いい人でいよう、とする意識が働いてしまいがちですね。

努力は嫌い
がんばるのは面倒
我慢するのはもっと嫌。

スマートに生きたいと願うのは
誰でも思うことだけれど
行動を起こすことなく
理想ばかりを高く描いたところで
どうなんだ、です。

太陽が促すのは
自己観察しながら
コツコツと励み続けること

今より拾い世界に出向いて
理想実現するには、これしかありません。

努力しなくても
選択肢はいくらでもある時代だし
嫌なら辞めればいいし
居心地が悪くなれば次を探せばいい。

ただ、自分越えした経験がないと
どこに行っても
同じところでつまずくし
外側は豊かに見えても
心の充実感は得られないままです。

満月に向かうための
微調整を行う上弦の月。

水星逆行によって何を振り返り
理想を妄想で終わらせないために
何を積み重ねていきましょうか。

ではまた明日✋

Instagram