わたしの太陽を生きるブログ

皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。

 

心の居場所

ホロスコープでは
ICとMC軸は人生の上下軸を示します。

わたしの心の居場所はIC
社会の居場所はMC

この場のどちらか一方を作れる人は
もう片方も作れるし
つくれない人は、どちらも作れない。

無所属派となります。(・∀・)


自分の居場所とは
自分で作るものです。

何年もかけて作るものだし
一度できたからといっても
それが続くとは限らないし
続けたいなら毎日
言葉の架け橋をかけていく必要があります。

双子座の水星→蟹座の月

この順番があるように
コミュニケーションとれないと
自分の心の居場所はつくれないのです。

これは結婚していても同じ
親子でも同じです。

お節介オバサンがいたして
「ささ、どうぞ」とスペースを明け渡してくれたとしても、それは単に物理的なスペースだけで、心の置き所になるかどうかはわかりません。

コミュニケーションを交わしながら感情交流をし、一緒に過ごす時間の中で、信頼関係を築きあげていく働きかけが必要なのですね。

これはネット世界でも同じでしょう。

いいねポタン押すだけでなく
コメントしないと
応援する気持ちが生まれないとれないのと同じ。

このコミュニケーションの基礎となるのは、小学校時代にあたる水星期の発達具合によりますが、ある程度の年齢になれば、できない理由づけするのはおかしいし、自分で水星を磨いて月の居場所を作っていくしかないのです。

この心の居場所を確保できたら
次の獅子座で表現できるし
社会のMCに向かっていけるのです。

わたしとあなた

ASCのわたしと、DSCのあなた
こちらは人生の横軸を示します。


この関係性は火星と金星の関係で
相手だけにメリットがあって
わたしにメリットのない関係は続かないし
この逆も同じくです。

人間関係は、愛のバランス
需要と供給
この均衡がとれていないと続かないし、破綻します。

2011年、牡羊座に天王星が入り、わたしたちは震災を通して人生改革を促されきましたね。

その天王星がサインを牡牛座に変え
わたしの生まれ持つ資質
山のお宝を確認できたでしょうか。

これからは精神と経済的に自立を果たしていないと自由には生きれないし、パートナーと一緒に生きるのもむずかくしなっていくでしょう。

社会経済と雇用体制が変わっていく中で、結婚したから夫に食べさせてもらうという考えは、男性によほどの経済力がないと無理だろうし、結婚の有無かかわらず、精神的に自立していないといろんな意味でキツくなりますね。

自分の面倒は自分でみる
これが大前提。


経済力と精神自立していなければ2024年、冥王星が水瓶座時代は生き辛くなるばかりだろうし、2020年の東京オリンピックの年には、社会天体である土星が水瓶座座に入り、一気に流れが変わっていくことが予想されます。

予測できるのは
5G導入で情報の質や発信法が
激的に変わるということでしょうか。

20年末には木星と土星の合

今の時代感覚からすれば、グレートでも何でもなくなりましたが、一応の占星術の呼び名では、グレートコンジャンクションが起きるので、牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座に太陽・月天体を持っている人は、このあたりを狙って今から仕事を計画を立てると良いですね。

仕事かパートナー獲得か
お金が先か、愛が先か

どちらを最優先にするのかは個々それぞれの価値観ですが、どちらか一方を獲得できれば、残りの一方はもれなくついてくるか、もしくは少しの励みでついてくるように思います。

ホロスコープで対にある関係性は
表裏の支えであるので
どちらか一方を獲得できれば
コツのようなものが感覚について
連鎖して循環し
人生は豊かになっていくのではないでしょうか。

これとは反対に

仕事を得ること
お金を得ること
パートナーを得ることだけを
目的にしてしまうと

効率ばかりを重視し
損得感情に走り
結果的に物質は得ても
豊かさからは遠のいてしまうものでしょう。


人生は年齢を重ねる毎に
豊かになりたいし
そんな人生を生きたいですね。

ニュースレターにて
講座のご報告です。


Instagram