皆さま、こんにちは京都アグ二の金子元美です 2023年 冥王星・水瓶座入り 冥王星の公転周期は249年ひとつサインの滞在期間は約20年。破壊と再生深いところからの意識変容そして人類の集合無意識を表します。 トランスサタニアンのサインチェンジには、その象意を示す出来事、天地異変などが起きていて、多くの人の記憶に残っているのは、射手座冥王星入り直後の阪神大震災、それと地下鉄サリン事件でしょう。射手座・冥王星時代は1995 〜2008 年。社会ではグローバル化が一気に加速した時代です。小室哲哉さんが大ブレイクし理想に向かって自由にガンガンと熱く上昇して生きる姿がわたしには印象的でした。あの方は双子座の方でしたね。上昇しすぎて混沌とし射手座のマイナスパターンも見せてくださいましたがそれとは逆に海外へと拠点を移されハイクラス入りされた方も目立ったのもこのあたりでしたね。 山羊座・冥王星時代は2008 〜2023年。山羊座入り直後、自民党の力が崩壊し政治経済、社会そのものの仕組みが変わっていく予感がしたのはわたしだけではないでしょう。これまでの一流企業一流大学出身というネーム力が弱小し大手企業の合併そして倒産、雇用体制が大きく変動中です。 失われた価値を取り戻そうと地域活性化をはかる町おこしふるさと納税にどこを見ても高齢者の現実。世代交代による退廃と外国人労働者の急増起業女子の急増も副業を勧める企業が増えた山羊座冥王星の現象化のひとつでしょう。 この破壊と再生のパワーである冥王星が、2023年から水瓶座入りするということは、山羊座社会に対する価値観が、すっかりと根底から書き換わり、新しい大きな時代の節目、シフトをわたしたちは迎えるということです。 2023年からの宇宙マインド これまでの時代はひとり勝ちが可能な時代でした。 社会とは、そういうものヒエラルキーあたり前の上下関係の世界だったのは魚座の時代だったからでしょう。※紀元前ゼロ年からおおよそ2000年まで春分点は魚座にあり魚座時代となっていました。 魚座時代とは二匹の魚がつながれているように魚座の神である領域に対して信仰心が生まれ指導者が生まれ宗教によって戦争が生まれ支配される側とされる側の二極の世界でした。魚座の支配星である海王星は目に見えないものでガスや石油を生活資源にした暮らし(乙女座)魂の祈りや癒しへの歌や芸術多くのヒーリングが生まれました。 諸説諸々ですが西暦2000年から、水瓶座時代に入ったといわれています。 水瓶座時代に入ると、自由に独創性を持って生きる時代へと変わります。 水瓶座は独立した個が集まるネットワーク、区別のない自由で平和を目指すサイン。支配星は天王星電波です。今は全員がスマやPCを持ち電波によって地域を越えて世界自由とつながっています。発信者は文字や映像を通して自分の世界観を披露し(獅子座)ここに性別や年齢による、区別はなく誰もが自由で、平等に扱われ年々シェアされる情報もクオリティも高くなってきました。 ここだけを詠めば、水瓶座は希望の星でもあるので、世界が平和に発展していくこと錯覚しがちですが、三次元は二元の世界なので、魚座時代の背景は残ります。その背景の中で自分の中の水瓶座サインをどうやって育てていくかです。 宇宙脳 これからの水瓶座時代を生きていくには、どんな環境にあろうとも、誰にも流されない自分の考え、思想を持っていないと生づらさだけを感じるようになるでしょう。 それは一見、自由で開放的なイメージを受けるかもしれませんが、精神的にも経済的にも自立を果たした、すべては自己責任の世界です。(水瓶座=獅子座) 結婚しているから正社員だから親がいるから〇〇を持っているから安心こういった魚座の依存は断ち切られるし、自分以外に責任を追及できる人は誰もいない、これまでの既存ビジネスモデルで展開しても発展は望めない社会になっていくでしょう。 すでに体験されている方もいらっしゃいますね。過去の成功体験は使えない。かといって過去の体験が生かされない、というこはないのですが、どれたけこれまでの既成概念を越えて、物事を捉えて変革をお越していけるかでしょう。 起業したから自由に自分を生きられる ではないし会社勤めしているから自由には生きられない、ではないのです。わたしが提案する宇宙脳とは未来脳。これまでの記憶にない発想自分のモノサシを超えた考え着眼点をどれだけ持てるかです。 これからは労働力をAIにとって変わられていく、社会システム変容の流れにいる今、社会価値観から離れたわたし自身の価値観を固め、わたしだけのオンリーワン世界を創りあげていく必要があるのです。 アクエリアス時代を生きるには 何も恐れる必要はありません。わたしたちたちは新しい一つの時代を迎えるだけ。これまでの社会の価値観から離れ、わたしの価値観によるわたしスタイルを持ち、家族とも友愛的に生きる時代を迎える、より豊かな時代に向かっているのです。これまで不景気だ、増税だ天地異変だ稀なる危機が迫っているというさまざまな情報が何度も出回っていたしそれはこれらも続くでしょう。なぜなら情報とはそういうもの広がるだけのものです。 それを踏まえた上であなたの人生を振り返ってみてください。 ずっと若い頃よりは暮らしは格段に便利になっていますね?ずっと若い頃よりは多くの物を持ち知識を得ていませんか?随分と考え方は変わったろうしモノの捉え方も変わったでしょう。それと同じように世界そのものも進化しています。良い方向にしか向かわないように宇宙エネルギーはいつも誘ってくれているのです。 水星の思考 水瓶ざを支配する天体は天王星と土星ですが個人天体では水星です。この水星は何を思考するか、です。それによってわたしの世界が決まるのですね。 いつもどんな時も邪魔して障害を運んでくるのは思い込み、心の癖だけです。 会社が、上司が職場の人が、あの人がと姿や形を変えてあなたの潜在意識にある恐れを現象化しているだけのこと。 今回の冥王星なら3〜4年くらいかけて順行や逆行を繰り返しながら変容変容を促しバージョンアップをしてくれます。この天からのサポートはとても高性能だしそしてとてもやさしい。事象の現れ方としては辛い出来事かもしれないし乗り越えるのに時間はかかるだろうし答えも簡単にはでないことが多いでしょう。 ただ、わたしたち人間はとても怠け者なので悲しみや苦しみからしか魂の質は上がらない仕組みになっているのです。 宇宙は、やさしいように、が乗り越えられる出来事しか起こさないし、時間という猶予を与えながら、わたしたちをちゃんとその時代に沿う意識へと変容してくれるのです。 言い換えると、私たちひとりひとりの無意識が大きなうねりとなって、地球を動かしていくともいえますね。 冥王星水瓶座の時代は天空の網目が、電波のネットワークだとしたらそのひとつひとつのポイントがあなたでありわたし。場所や時間を超えて時空でつながり生きていく。 天空の網目が、電波のネットワークだとしたら、そのひとつひとつのポイントが、あなたでありわたし。それぞれの個性を活かし合いながら生きていくのでしょう。 アクエリアス時代を生きるチューニング占星術無料ステップメール講座があります。ご登録はこちらのページ下です。 ...

毎日の平凡な暮らし その中でフッと湧き上がってくる思いはわたしの中に生まれたちいさなちいさな創造の種。 それをそのままにしておくと朝露のように蒸発してしまい思い出そうにも思い出せなくなる。 内側から湧いてくるもの全てはこれからのわたしの人生を創る創造の種。 どんな思いでもかき消さず瞬時に書き留めて否定することなくわたしなりに表現していこう。 情熱は常に渦巻いているのだけどちょっとした気分でヤル気が失せたり迷いが生まれたりして自分を見失ってしまうわたし。 わたしらしく生きると決めてはいても他者にどう見られるかを気にしたり心のどこかでは相手や環境から変わることを期待しているのだろう。 心では退屈していても毎日、身体は忙しい。こなす予定がいっぱいで出会う人交わした会話の中であれもこれもと興味が動き新しい予定を詰め込んでいく。運命を変えるきっかけになるかもしれないとシンクロに驚き呼ばれたと言っては出向き辿り着く場所はいつものわたしの部屋馴染んだこの場所に帰ってくる。時間が過ぎていく中でわたしは大事なものを忘れてしまっているのかもしれない。自分の頭で考え決意しないことには宇宙は応援をしてくれないこと わかってはいるけれど瞬時にシフトしたい願望は消えなくてまた今夜も海王星に包まれてベッドに潜り眠りにつく。 わたしの運命はわたしが求める本当の幸せとはわたしの才能とはどこにどう秘められているのだろう。 木星と海王星が意識のステージを変えれば見つかるよと未知の可能性を示してくるけれど世の中には多くの選択肢が用意されていてすべてが真実ですべてが虚像ですべてが同時存在していてわたしはまだ自分の言葉を持ててはいないし自分の考えも固まっていないから未だ見分けられないまま。 土星・冥王星のような確固たる信念によってこれまでの人生で勝ってきたにしてもこれからの時代は使えないのだから今のわたしのようにまだ固まっていないほうが可能性を秘めていることになるのかもしれない。 これからはお腹の底から湧いてくる自分の思いに従って自信を持って生きていきたい。 水瓶座の時代に向かって開かれたわたしを生きてみたいと願う。その決意ができる日をどの月相で迎えるかを楽しみに今日も身体は忙しくそして心では退屈な今を目一杯生きようと思う。 ...

海王星エネルギーを多く受け取るなら、形にならないものを追いかける傾向が強まります。 心の世界へこのエネルギーを使う人は、現実は邪魔をしてくるものでしかなく、強い願望を持つ人は、その願いが肥大し、今の足りないところばかりに心が向き、苦痛すら伴ってくるでしょう。 立ち向かうことを怖れて逃げている人は、追いかけてくるものが実寸大よりもはるか大きなものに感じ、追いかける側は脅迫めいた観念すら持ってしまうようです。癒しや幸運の要素として享受している人は、喜びが魂まで浸透し、この世のすべてに愛と感謝を捧げられるでしょう。 負の感情を伴うのであれば、過去2年、2ヶ月、もしくは2週間、あるいは2日ずつさかのぼってみて、対策を投じなかったことに原因が隠れていまます。さて、あなたは、どのような行い、受け止め方をしたのでしょうか。 リアルな探求、掘り下げて検証することに抵抗は持たないようです。これからの未来に向けて、今取り組むべきことが見つけやすいでしょう。 陰陽 裏読みは裏(闇)にフォーカスするので、知らず知らず冷たい湿気を集めるので自身の運気を下げます。 裏のない、闇のない人間など存在せず、そこに意識をフォーカスすることが習慣になってしまうと、光よりも闇を先にキャッチしてしまうことになり、かといって、光ばかりフォーカスすると現実から足の浮いた人となり、善意からの行いであっても相手を疲れさせる人となります。 このどちらにしても闇と光のバランスです。 現実世界、特に社会生活においては、闇の強い人が物質的豊かさを得やすいのは集中力が強いからで、光の強い人が物質豊かさから遠のきやすいのは拡散しやすいからです。魚座から水瓶座時代に変わったばかりなので、これからは光が広がっていく時代ではありますが、社会に反映されるようになるまで後5〜6年はかかると思います。 わたしたちは、愛や精神性の尊さを求めてはいても、つい物質的な欲望に傾いてしまいがちですが、精神性とのバランスをとりたいなら、あえて物質的な豊かさを受け取らない、あえて苦を取るというのも魂にとっては賢い選択になるでしょう。 受け取らないことによって、お金には変えられない(後からお金に変わることがある)わたしの精神性を失わずにいられるという方法もあることを覚えておいてください。 これもひとつのエネルギーの使い方です。 ...