2016/3/14のリライト記事です。(画像も悪いです) 私は50代に向けた、現実的な占星術展開が得意です。私の実体験が、あなたのエールになれば幸いです。 ネイタルホロスコープがナビ 今は具体的な目標も何もない状態です。そのずっと先にある、なりたい自分の姿はぼんやりと描けている。夫や家族に認めてもらうこと。自分で仕事をつくり、一定収入を獲得し続けること。 それが社会信用につながると考えていて、私は占星術でその時期を探り、そこへ向かっていこうとしています。 通過ポイントは決めてあるので、そこから逆算して今何をすればいいか・・・考えたら私の場合は、まず仕込みが必要であることがわかりました。 とりあえず通過ポイントを通るには、今できること、しなければならないことは逆算したら見えてきますね。 今やるべきこと 私の場合は仕事の再構築なので、これまでの実践で積み上げてきたもの、それを使って毎日ブログを書きコンテンツをため込みながら、そこから展開させていくことに必要なノウハウを知ることに、この一年使うことにしました。 ようやるな、思う人もいるかもしれない。関東の同業者からすれば地方に住む人間は、情報弱者のノーテンキ者と思う人もいるかもしれませんね。 ただ今がキラキラなら後は落ちるだけー(・∀・) 運命の輪である輪廻上がれば下がるし下がれば上がる、順番です。 今は精神性に重きをおける美しい時代になりつつありますが、でもね、まだまだ社会には差別があります。優劣の判断したり○×つけたり、つけたがるといってもいいのかな。 私が経験したことでは、これだけ離婚率が高くなってもシングルマザー時代は、どこかしら哀れみの目でみられていたし、特に男性には半端者? のような対応をされたことが何度もありました。 社会はまだまだ男性社会 今は多くの女性が社会進出して、自由なライフスタイルになりつつあるものの、その人の技能よりも背景、バックグラウンドによって判断されている状況があります。 情報の大部分は都会の一部であって、日本全体のことではありませんね。 幸せな結婚生活はおくれているか、子供はいるかとか、経済状態や資産などコツコツと積み上げてきたものがないと信用が薄れてしまう現実があるんです。 なぜ男性社会なのかは、私たち女性はまだまだ仕事に対して腹をくくれていないし、自分では一生懸命でも趣味の延長のような内容だったり、家庭事情によって仕事への意欲が反映されてしまうからだと思います。 私は基本的に昔話を好む人とは付き合いたくないし、苦労話を美談にすり替える人も好きではありません。 ただ、これからの自分が何かしらの力を社会でつけられれば、やさしく応援できる大人の女性でありたいです。特にシングルマザーの人には、せっかく離婚というプロセスを通ったのだから、私の太陽をめいっぱい生きてほしい。 今の私は応援してもらいたい立場にいますが、いつかそんな力をつけられる自分を目指します。   ...

皆さま、こんにちは京都アグニの金子元美です。お誕生日の方おめでとうございます 。12月1日から3日までの宇宙エネルギー詠みをお届けします。 月は水瓶座から魚座へ 今は山羊座に天体が集合しています。このエネルギーを受け取って月は水瓶座から魚座へと進みます。これからの仕事や人生を眺めてみれば、 自由に私らしく生きたいと思うでしょう。実現するには自分の根っこを張る自立が必要で、これまでの役割や義務を全うしながらどう足がかりをつけていけばいいのか、具体的には分からないものの思いは膨らんでいきますね。(新月から上弦の月) 水瓶座から魚座の流れは、社会生活からの分離、独立で、だからこそ私の中心軸が定まっていないと方向性は見つけられないし(水瓶座=獅子座)私の魂の声を聞くことができなければ、本当の意味での開放感と満足感を得るための組み立て(魚座=乙女座)はできないでしょう。サインの意味が分からない時は、対抗サインで考え、何を補えばいいのかは、スクエアの補完作用で考えるようにされてくださいね。宇宙の秩序や順番を無視してただ闇雲に、あるがまま、導かれるまま、宇宙の流れに乗って・・・などというのは人生の放浪者になるだけ。結局は、他者や国の制度に保護を求めて生きなければならなくなります。 依存そのものは悪いものではないし、人間は依存して生きる生物です。ただ同じ依存して生きるにも、自立した後の依存関係は互いが幸せ。他力と自力のバランスの扱いも上手くなり、そこには豊かさという愛が循環し続けますね。 蠍座の水星・火星 時代の流れによって変えていくべきものと、未来永劫変わらないものとがあります。蠍座の水星は、自分に問うことでこの取捨選択ができ、 火星はまとわりつくような人との深い心理関係の中で、私の奥底にある強い意志を引き出し、これまでにない力を獲得しようとするでしょう。逃げられない拘束された中での限界突破ここからしか強い意志や、わたしの奥底に眠るパワーは引き出せないのですね。 最近、書き方変えています。プログ記事も改行をわざと少なくして書くのも、何度も戻って読み直し考えてもらうためです。自分の頭で考えることなく簡単で早く済ませてしまう習慣をつけると、どんどん本質から外れてお手軽な快楽だけを求めるようになります。わたしたちは元来、怠け者。怠けてしまえば、現状維持すらできなってしまう。蠍座は変容を促すために、深刻さを増すエネルギーですが、この深刻さを自責めや悲しみ、生活費のお金のやりくりだけに使うようになると、後は気分の開放や娯楽しか求めなくなるものです。この開放法は、一時的なものでしかないので根本からの解決にはなりませんね。 こういった陰陽エネルギーの使い方をしていても、人生が変わることはありません。何に集中して生きるかここに陰陽エネルギーを集中して使わないことには、人生は発展しないし、豊かさからはどんどん遠のくでしょう。 山羊座に土星・冥王星3日には木星イングレス 山羊座に金星・土星・冥王星 3日には木星もイングレスします。仕事や社会での肩書きこれからどう社会にアプローチしていくかにテーマが集中し、木星は発展要素を見出そうとするでしょう。 山羊座で本当に必要なものを見つけて、結果を出していける よう、木星の拡大エネルギーに乗るようにされてくださいね。社会を示す木星・土星コンビは、一発屋ではなく、6割の力で動くシステムを作った上での長期運用法です。システムを整えた上でのチャンスを掴む、または発展するためのバージョンアップです。仕事とはこういうものだし、人生の成果というのも同じでしょう。一番の近道は、当たり前すぎて見落としがちなところを、忘れないで当たり前のように続けていく、ただこれだけです。 幸せというつかみどころのない漠然とした気持ちを例えると幸せで当たり前この漠然として気持ちを、当たり前のように毎日持ち続ける。当たり前なのだから意識することもなく、 心が勝手にオートマチックに動き続けますね。この6割の力を感覚的に動かし続けることができるのであれば、人生ずっと幸せしか感じないものだし、現実もそのように動いていきますね。 幸せで当たり前豊かで当たり前意識している間は、現実は幸せじゃないし豊かではないはずです。 木星=幸運のチャンスと安易に受け取り周囲をキョロキョロ見渡し情報を膨大に取り込むのではなく、私の豊かシステムをどう創っていくのか。ここにエネルギーを使いましょうね。 射手座の太陽は、精神が拡大されていくプロセスにあるので他者から認めてもらったり評価してもらえる段階ではありません。虚実と現実との境界もなく、自分の中でただただ広がっていく 。 チャレンジ意欲が、ここで成長させるべき進化の姿で、4日の上弦の月によって調整が行われます。 それでは次回は4日に✋共に豊かな未来を創造していきましょう✊ ...

皆さま、こんにちは京都アグ二の金子元美です。 お誕生日の方おめでとうございます。 20日の下弦の月のチャートです。アセンダントは蠍座1年に1度の変容期に、あなたはこれまでの価値観を手放せたでしょうか。これまで私を支えてきた絶対的な価値観。これを手放さないことには次の新月へ向かうことができず、中途半端な気持ちで過ごすことになるでしょう。 蠍座のルーラー冥王星は2ハウス、サブルーラーの火星は12ハウスで天王星とポジション。併せて詠みます。私の資質を使って生きてきたなら、もうそろそろ尽きてきて、新しい生き方に目覚めるタイミングですね。下弦の月なので、とことん疲れ切るか、心がしぼんでいくような体感でしょう。身体が疲弊しとことん疲れ切り現状に限界を感じたら、これまとは違う次元に触れて、そこから新しい私の強い意志を発見します。 その強い意志を火星にバトンし、見えないところで準備を進めていきます。本業を持っている方なら隠れて副業の準備となるし、フリーであるならば、秘密にしていなくても一時的に社会では影の薄い人、何をしているかよくわからない行動として映るでしょう。蠍座に入った火星はとてもパワフルで、2 、3年先の未来を想定し自己改革へと励みます。 下弦の月は10ハウス金星・木星とトライン太陽と併せて詠みますね。 下弦の獅子座の月 蠍座の変容を体験したなら、自分の領土に近づくことができます。自分の領土とは、次の射手座サインが示す精神性。精神性なので抽象的でしかなく、何か得たものがあるわけでもなく、他者から得られるものでもなく、ただ自分の中で感じる内面の火の燃え盛り感だけなのですが、自分が描いている世界が実現できる、このリアル感だけがあるのです。 月は獅子座で、社会で私の居場所を作ろうと表現するし、金星・木星とトラインでサポートしてくれる人もいるでしょう。これまでの私は疲れきっていたかもしれないけれど、新しい意思を獲得できたのならば、豊かな想像力が広がっていきます。これは、わたしの太陽を生きている実感があるから。人間は目的を持つと、自ら運命という流れを創れるのです。天体すべてが東半球に偏っているので、自力の発動タイミングであり、頭で描く自分だけの世界でしかないけれど、心の充実感はいっぱいで、それと同じくらい不安も隠し持つことにはなるでしょう。 射手座の木星は、私の思想を信じるしかなく、12月3日から山羊座にサインチェンジすると流れが変わるので、実践スタートに据えると良いですね。逆行中の蠍座水星は、射手座と関与しないように見えても、ナチュラルホロスコープの関係上、切っても切れない深いつながり、連動する関係性があります。仕事で例えると、コミュニケーションをとれないと環境に馴染めることはなく、わたしの居場所を作れませんね。どれほどの人並み外れた技術を持ち研究熱心でも、言葉という橋渡しができないと、現場ではただ与えられたことをこなす受動的な動きしかできず、私という人間性すら知ってもらえないままでしょう。 海外旅行も同じくです。英語が話せないと観光名所をまわり買い物するだけ。スマホで見た景色を確認するだけの旅行は、何の発見も、出会いも得られません。どれほどスマホ機能に長けたコミニケーションツールが備わっていたとしても、水という感情を交えたコミニケーションができるのはわたしたち人間だけ。ここに、心を動かし感動し体験を共有できるのです。 これから向かう射手座のまだ見ぬ新しい広い世界ここへ向かうには、陽エネルギーの働きかけていくコミニケーションが必須なのでした。逆行中に私の根深いコンプレックスやトラウマになっているもの、それとももう一度確認して自己訓練し磨き続けていきましょうか。コンプレックスを克服できると、それがの最大の強味、武器になります。最初から自信のあるもの、備わっているものは努力を怠るため、さほど大したものにならないことが多いのですヨ。(・∀・) 豊かな50代を目指して、下弦の月で自己調整と手放しに励みましょう。 ...