豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

大人の結婚を望んでいる人も、すでにしている人も、どんな結婚生活になるかが気になるところ。そこで今日は、占星術でその行方を見ていきたいと思います。

太陽が夫で妻が月 その関わりで結婚生活が決まる

人生の軸は、太陽と月が示唆します。

結婚生活なら、太陽が夫で妻が月

その関わりをみれば、どんな結婚生活になるかがわかるんですね。

 

太陽と月の角度がソフト

いわゆる相性がいい、という関係ですね、夫の生き方に、妻は「はい」と受け入れられ、妻の方針に、夫は「いいよ」と受け入れられる関係です。

反発を覚えても、まぁいいか と、深刻にならずにすんなりと受け入れられます。
相手の立場に立って考えると理解できるので、仲良し夫婦になれるでしょう。

内心では全然仲悪いと思っても、世間から見ればそのように見えるのです。
仮面夫婦を長く続けるには必要要素となります。

 

結婚生活において互いの向上を求めないなら、それはそれはまったりとして幸せ感
普段はわからないけど、幸せってこんなもん?
みたいに感じて暮らしていくことができます。

でも、この関係にあまり発展性はありません。
問題が起こっても、放置したままにしておけるからです。

あー困ったなぁ
どないしようか ・・・

ままっ、ひとまずご飯食べよ
と悩んでも夕食は家族団らん和気あいあい
日々の生活に同化していきます。

その一方

太陽と月の角度がハード

簡単にひとくくりされてしまう、相性が悪いという関係。
どちらか一方が完全にリードする、される、役割をはっきりと分けて、それぞれのテリトリーに侵入しないようにするのが円満に運ぶコツとなります。

結婚

 

逆らっちゃダメダメ
怒らせちゃダメダメ

片方が爆発的な不満を抱えているような状態で、いつも緊張ムード満載。


バトルは、しょっ中でしょうが
結果的にみると、こちらの方が成長度合い高いです。
自分にないもの、到底理解できないことに、チャレンジしていくからです。
戦い疲れて我をふり返ったり、気づきを得たりと、困難や孤独が人を哲学者にするように。
チャレンジしすぎて、相手を叩きすぎてしまい、
壊れてしまう場合もありますけどまた次に続いていきますね。

実のところ誰と結婚しても葛藤は多いんですけど、要は自分の中にある太陽と月が、飽和したり戦ったりしているだけなんですね。
相手は、投影、すべて自分です。

 

相手がソフトな太陽と月を持ち、こちらがハードな場合は。相手の中では、そう問題になっていなくて自分の中では、ものすごい葛藤があることなります。

後で、そんなふうに思ってたん?

男と女の考えの違いをのけても、同じ体験をしているはずなのに愕然とすることあるでしょう。

ソフト&ソフト同志なら、のびたゴムのように
ハード&ハードなら、家庭はリング化します。

 

でもね
宇宙の采配の素晴らしいところは
ソフト&ソフト同志なら、子供がハード
ハード&ハードなら、子供がソフトと
ちゃんと問題を与えてくれたり、調和を保たせてくれているんです。

子供が親にしてくれる
人間にしてくれる

昔からよく言われる言葉には、深い叡智が含まれているのですよ。

 

自分の太陽と月の配置を見たい方

無料ホロスコープ作成はこちら

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。