太陽を生きるブログ

パーソナルレッスンで
基礎編の四元素をお話しましたので
そちらからお話を説いて参ります。

具現化は地です。

エネルギーの回転数を上げて
比重を重くすれば地から積み重なり
 固まり現象化していく
そんなイメージでしょうか。

わたしたち人類も火から発展したように
火という情熱を灯し
風で思考を広げ
水で感情で引き寄せます。

水はくっつくという作用があり
感情がくっつくと、人と人をつなげ
地への物質へと変化するのです。

物事のプロセスは
火→風→水→地

この順番です。

地というのは、信頼や経験
行動、時間も含まれています。

さて、地のひとつ前の水
この感情に何か汚いものが含まれていると
水は濁りますが
清水すぎても魚が住めないように
清らかすぎても具現化は遠のきます。

魚が住めないほど清らかな水は
人のいないところでしか保たれず
秘境か僻地にしか存在しません。

これでは、隔離か隠遁生活です。

水は上から下にしか流れないように
放置しておくと悲しみか
不安にしか向かわず
ここをポジティブに持っていくのは
風の元素で逆戻りとなり
あまり役に立つことはないでしょう。

思考の風は
前に進むために必要な方法や
実際的な計画を立てるときに使えば十分で
進んでいくうちに
感情の水である共振によって
共に喜べる仲間と海の波のような
ウエーブが起これば最高潮となるのでしょう。

多くの人は
この前でつまづくのだと思います。

自分の気持
不安や怖れに負けてしまうのです。

地の物質に固まるまでは
それなりの時間、年数がかかるし

時の運もある。

結晶化しだせば早いのだけれど
それまで時間がかかるので
自分の気持に負けてしまいやすくなる。

焦りを感じるなら
すでに水は濁っているのです。

Instagram

 


No tags for this post.