太陽を生きるブログ

皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。
お誕生日の方 おめでとうございます♥

上弦の月の流れ

バタバタと羽を広げ
空を飛べると思っていた鶏は
野心という
中毒にかかっていただけで
薬が切れれば
平凡な鳩になり
人に役立つ喜びを知ります。

鳩になれず
金星に留まったなら
グランドトラインで喜びに包囲されても
人とはシェアできない自己完結となり
わたしだけが喜び
その喜びにすら、もっともっとと願うのでしょう。

 

過去に大きな挫折体験をした人は
転換期にいて
この転換がどういう結果を迎えるかは
わたしにはわからない。

 

個を超えた
大きな運命の流れのようなもの
時代の波のようなものに
呑みこまれていくしかなく
辿り着いたところがわたしの運命なのです。

わたしが熱心な信者なら
天の助けが雲の隙間からやってきて
わたしの進む道はこちらだよ、と
教え導いてくれるのかもしれない。

どこにも帰属せず
宇宙を信じることもなく
生かされていることを忘れていれば
狭い自分の頭で考えるしかなく

水星は牡牛座で
身の安全確保の選択しかできず

それだと固執となり
上弦の月の調整もできないままとなるのでしょう。

新月からの流れで
わたしがどうありたいか

この感覚をつかめたら
満月に向かって
どのように展開を広げていくかで

求められるまま柔軟に
人のお役に立てるよう
今日もわたしの肉体を動かし、技術を磨き続けるだけなのです。

 

月のサビアンは、伝書鳩

空を飛べると思っていた鶏が
野心の中毒から開放されて
人に役立つ平凡な鳩に変わります。

伝書鳩の月は
金星・木星とグランドトライン

火のサインで
平凡な鳩に変わることで
真の精神性を学ぶ人もいれば

単純にお祭り騒ぎのように
楽しい気分で盛り上がるかですが

グランドトラインは自己完結する場合が多く、ここに個人天体がかかる人は、自分の中だけでの盛り上がりで終わりやすいでしょう。

 

グランドトラインに含まれる
牡羊座の金星は
逆行の土星・冥王星とスクエア。

土星・冥王星逆行生まれの人は
大きな葛藤を乗り越えたなら
大きな結果を手にするのだろうし

そうでないなら
わたしの考えを実現するには
まだまだ時間がかかることを示しています。

 


太陽は
荒れた水の上を飛ぶ白い鳩

熱心なクリスチャンなら、ピンチのときに天使がやってくる、というように信じるものに帰属することで助けがやってくるという意味です。

太陽は土星・海王星・冥王星と
タイトな度数で少三角形を形成します。

 

トラサタを宇宙意識としたら
わたしたちは宇宙の子です。

信仰していなくても
美しい日本に住み
神社仏閣巡りを好むのは
神道の精神が根づいているということで、自然の中でわたしたちは生かされていることを思い出し、その中で今日もわたしの太陽を生きることに専念しましょうか。

 

大きな時代のどんな流れの中にいるかを知らないことには、個人の願望も実現できないのです。

 

ではまた明日✋

 

 

Instagram