わたしの太陽を生きるブログ

皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。

女性なら誰もが気になる加齢でも、生きてるんだから歳をとるのは当たり前。

抵抗するほど、老けが際立ってくる。


加齢を華麗に変えて美しく生きるためのお話しを、私の独断と偏見からお贈ります。

人生の節目が美の節目

人生には、節目というものがございます。


30代は33歳
40代は42歳
50代は55歳
60代は62歳頃 と、わたくしは読んでおります。


30代の脱皮によって自立心が
40代の脱皮によって美意識が
50代の脱皮によって人生後半の土台が
60代の脱皮によって人生最終章が
創られていくのではないてしょうか。

要は人生シフトのときに、どんな意識変容を行うかで、美にも影響するよね、ということです。

見た目年齢の節目は
20歳
25歳
28歳
33歳
36歳
42歳
45歳
48歳
50歳
52歳
55歳
58歳
60歳
62歳
65歳
68歳
70歳
72歳・・・・・と続きます。
(独断と偏見です(・∀・))


お気づきでしょうか。

女性ホルモン減少が大きく関わる40代以降は
〇2歳
〇5歳
〇8歳
次の大台、という周期で繰り返されていくのを。

細胞が、えんやこらと
次のサイクルへとシフトする時期で
ここで精神力が大きく関与してくるのです。

40代女性

新陳代謝が落ちてくるに従って
体に敏感になる人と
そうでな人の差が開いていくように思います。

敏感な人はより敏感に
そうでない人はより鈍感に(・∀・)

病気までいかなくても、神経疾患にも悩みやすいお年頃となるので、自分の身体と心のバランスには敏感でいたほうが未病を防げるし後々の50代、60代で差が出るように感じます。

わたし自身、42歳で第三子を出産し実感したことは、体内の老廃物が出産や母乳によって排出されて、体内バランスそのものが整いました。

出産直後のシミはひどかったですが、母乳あげているうちに消え、おつぱいのしこりも消失し、お肌も格段にキメが整うなどいいこと尽くしでしたよ。

気に入らなかったのは、腰にたんまりとまとわりついて離れない脂肪。それだけです。

出産で代謝アップ!
これこそオーガニックのナチュラル派

未来につなぐ希望の光のセットなので、推奨します!

さて50代からは

季節の変わり目ごとに加齢を実感し、予想していなかったことが次々と起こります。

きっと、これは病気に違いない!

そう確信し診察を受けても
たいていは加齢の老化現象
もしくはストレスという診断結果で終わります。


そんな現実を知ったら
美意識が人生意義へと変わり
これが個性として輝くか
それとも諦め人生の分かれ目でしょう。


これからの人生をどう生きるか
どう生きたいか

実現不可と可能なことを
冷静に判断し
何を維持し、どれを捨てていくか。

あきらめるか、あきらめないか。

人生も同じです。
あきらめるか、あきらめないか。

あきらめないなら
見た目の老化は素直に受け入れて
どう個性に変えて
脱皮していくかでしょう。

わたしはある年の桜を見て、残りのの人生の短さを突如として実感しました。

ここで加齢を華麗に変えられる人は
はっちゃけます(・∀・)

人目など気にしない。

自分のやりたいことをやる。

失敗しても恥かいても
経験することを選択します。


今の時代は60歳なんて現役バリバリ。

20代の子よりも
ずっと若々しい人はたくさんいて
根性も入っているからスタンスが違う。

エネルギーを自分に使えない人は、他者攻撃に使うからか、怒り顔、不満顔されている人が多いように思います。

愚痴る時間があるなら
自分改革しましょう。

わたしは自画撮り載せるようになってから、顔は垢抜けたと思います。

人に見られるマジック効果の魔法は大きいし、今ではアプリもあるので、美しい自分を本物と錯覚するのも心の働きからして、とても素晴らしい効果があると思います。

60〜70代以降

人は、誰でも病気します。

家族が先立ったりと、人生の深い悲しみ、苦しみや孤独を味わうお年頃です。


周囲にいる大先輩方たちを見て思うことは、この年代を生きるまで、それはそれは様々なことがあったでしょう。

なのでこの年代は

無敵!

京都アグニ

何でも来い!

京都アグニ

かかって来い!


わたしたちは若輩者でしかなく
太刀打ちできませんね。

ここまで来たら、性別年齢不詳の人生アーティスト、どの方を見ても個性的でカッコいい。

すべてが独創的

仕事していてもしていなくても
与えられた場での我が人生の
創造主でござい、にしか見えないのですけど。

あなたはどうでしょうか。


Instagram