希望の絶望のはざまにある牡牛座の新月


本日がお誕生日の方、おめでとうございます。

4/23の牡牛座新月詠みを贈ります。


アセンダント獅子座
太陽10ハウス
月・天王星と合

サビアンは 虹にある金の壺

虹の美しさは幻想的で、自分の幸せのありかを見つけたような気持ちになります。

虹はいつ現れるかも分からないし、いつ消えるかも分かりません。不確かで曖昧で、環境の条件によって見える自然現象ですが虹を見つけた時の喜びは、自分の夢や希望が確実に現実になることを約束しているように感じるのではないでしょうか。

空に大きくかかる虹は、天と自分の運命を結ぶ架け橋。

この虹はどこから始まりどこで終わっているのかわからないけれど、虹の端にはきっと金の壺があるに違いない。

この金の壺は、牡牛座の象徴
私の資質や才能を示します。

いつ現れるかわからない虹を天を仰いで期待しているばかりではなく、かといって環境の条件を揃うのを待つのでもなく、金の壺は私自身なのだから、私自身が努力をして自らの力で虹をかければいい。

この約束を、新月に交わすのです。


今、私たちは、希望と絶望の狭間にいます。

MC と木星・冥王星はタイトなスクエアで、次々と私達の社会の居場所を奪っていくでしょう。天体全てが順行中の今は、とてもストレートな形で現象化していきます。

これからの現実は私たち考えている以上に厳しく長期化していくのだろうし、長くなればなるほど経済的なダメージを追うことになります。

予想を超えた歴史的な状況を、これから迎えるのかもしれず、水星は冥王星とカーディナルサインでのスクエアで、現実になってほしくない考えを打ち消してはまた思考し始め、打ち消してはまた考えるを繰り返すのでしょう。

そんな時代の中に生きているからこそ、自分の夢や希望への期待がいかほどのものなのか、自分の実力がいかほどのものなかを今回の新月に知ることになるのだと思います。


希望を示す11ハウスに
双子座・金星
魚座・海王星スクエア

あなたが希望と絶望のどちらかを抱いているのであれば、ミュータブルサインゆえに、状況によってすぐに入れ替わってしまうでしょう。

毎日、目に耳にするニュース
飛び交う噂、死の恐怖。

自粛生活を続ける中、他者とのコミュニケーションを取っていないのであれば、言葉を忘れ、思考することが面倒になり絶望の方向へと引っ張られてしまうし、守るべきものがいれば過剰に神経質にもなり、心も萎縮もしてしまうばかり。

これは当然のことです。

そんな中でこの金星を救ってくれるのは、トラインの水瓶座の火星。未来を語れる仲間、同志、またはパートナーの存在です。


水瓶座時代のコミュニケーションは、同じ思想を持つコミュニティといわれています。

血肉を分けた家族だけでは共感能力による安心感は得られても、思考の広がりはなく視野も狭くなりがち。ひとつの感情を共有するからこそ守り力には強いけれども、思考のバリエーションが広がらないので、同じ視点の話題を繰り返す結果、今は特に狭い部屋で鬱蒼とした気分にも陥りやすいということが起きます。

そんな心に風穴を開けてくれる、トラインの水瓶座の火星。

個々それぞれの思想を持つ人たちが集まるコミュニテイによって、未来の希望の光はいくらでも輝くし、場や空間に縛られない電波を使うことでいつでもどこでも自由に互いの存在を確認できる心強さを得られるのではないでしょうか。

これからの人間関係は、ネット上でのコミュニティによって展開されていくので、体験されていない方はまだまだ偏見や誤解を持つ方も多いと思います。

この価値観も、コロナが長期化していくことで慣らされ、新感覚を獲得していくことになるでしょう。(牡牛座・天王星)

あなたの金の壺

努力という魔法を使って、いつでも自分のかけたいときに天に虹をかけられる、そんな私の太陽を生きてくださいね。

私も努力という魔法を、自分にかけ続けます。
今日も私の太陽を生きましょうネ。

では、次回は4/27に。

Instagram