社会で応用できる知恵に変えられたかを知る双子座満月


私の太陽を生きる同志たち、こんにちは!
京都アグニの金子元美です。

今日がお誕生日の方、おめでとうございます。
12/19双子座の満月をお送りします。

MC山羊座。社会参加の在り方


ASC牡牛座、金星・冥王星MC合
意識は社会へと向かいます。

冥王星は時代の波を作る天体のため、私たち個々それぞれにあてはめて読むときは火星を目星にされるようにしてください。冥王星の影響は火星(自力)をどこまで育成されているかによって大きく異なるからです。

また火星は太陽を社会へとつなげる天体なので
太陽の社会活動意志が大前提になるでしょう。

勇ましい火星なら与えられた仕事をするだけでなく、より良い社会の在り方をと積極的な働きかけを起そうといったパワーに満ちる時でもありますね。

冥王星なので働きかけても玉砕し、君臨する権力、太刀打ちでない分厚い壁を感じる結果で終わってしまう可能性は高いけれど、火星は勇敢に戦う星なのだから自力はアップするでしょう。

火星の自力が軟弱であれば、ぼんやりとした社会参加意識となり、ペルソナ(社会での役割)も曖昧なままでしょう。

MCが示すのは
私の周囲の誰もが知り、認める肩書きです。

社会の大きな流れによって(冥王星)今の肩書きが失われていく人もいれば、これまでとは全く違う肩書きを獲得しようと決意される方もおられるでしょう。

既存社会に飽きている金星


度数から読めば、すでに山羊座社会には飽きていて社会から降りる準備を始めることになります。

今はまだ現場にいて定年まで働くにしても、これから何を最優先して生きるかは決まっている、または決めているような状態でしょう。

今の社会システムは古くさ過ぎてつまらなくても、現状生活を維持するには簡単には辞められず、どのように自分なりの社会ルールや働き方の新旧融合をしていく時です。(土星・天王星スクエア)

冥王星は集合無意識であり時代の波を作る作用なので、仕事や社会に対する参加価値の在り方がハッキリと二極に分かれていくことになるでしょう。(金星・冥王星合)

金星逆行開始


19日から金星が逆行開始
1/29まで続きます。

お金や愛の価値観を振り返り、見直すタイミングです。

冥王星の影響をとても強く受けているので、上記に書いたように、仕事よりも結婚獲得に励む人もおられるだろうし、社会影響をモロに受けて夫婦の役割の入れ替わり、これまで長年おざなりにしていた経済問題の炙り出し、またそれによって離婚なども急増しやすいタイミングでしょう。

冥王星が示しているように、痛みを伴わない変容、改革はあり得ないので、一旦全てを終える、またはゼロリセットにして全く違った視点で見つめ直してみるなどの対応が必要です。

何かを得ようとしてがむしゃらに励むのは困窮の道へと向かうので、諦め、消去法、手放しが豊かの道。

またネイタル金星逆行生まれの方は、本来の感性(センス)を有効に使えるときです。

長らく停滞していた愛や金銭問題は動き出していく可能性が高いので、過去とは違った別方法、これまでにない感覚を使って日常生活の中で宇宙実験されてください。

双子座の満月


月のサビアンは「破産を通じての再出発」

破産とは社会システムに組みこまれた位置付けにしかすぎず、個人の人間価値とは全くの別物です。このサビアンが意味しているのは、これまでの荷物(負債)を降ろして人生の再出発を図るということ。

月は3ハウス
知的能力を育成する場所です。

経済破綻するほど知的欲求を満たす方はそういないとは思いますが、これまでの好奇心によって拾い集めた情報、または学びを一旦終える、これまでどれほどの知識を得たかを確認すべき時でしょう。

このまま闇雲に好奇心に任せて情報や知識を拾い集めても、脳が破産するのかもしれません。

自分なりに知ったこと、学んだことに一区切りをつけて、社会生活で通用できる知力に変えていく時です。(射手座太陽)

古いものが持つ機能美


では次に太陽サビアンを見てみましょう。
「美しい川にかけられた古い橋が未だ使われている」

必要最低限のものが生活に密着し、機能している状態を示します。

月とまとめて読むと
これまでの学びや知り得た情報を、日常生活で機能させられるように自分に落とし込む時です。

目新しいものは新鮮で心も踊るし、わかりやすくて簡単なものほど親しみを覚えられるけれど、すぐに飽きて忘れてしまう作用も働きます。

それに対して難解なものはとっつきにくしい、理解するまでに時間がかかるけれど、それを後から自分自身が理解できたとと知った時に初めて社会で応用できる叡智に変わるのです。

そして何よりも自分の力で答えを見つけて理解できた時の喜びはひとしおで、自分の成長を確認できますね。

先人たちが発見し語り継いでくれた素晴らしい叡智も、日常生活で実践できないのなら、これまで使った時間とお金は無駄になるし、日々実践していないとすぐにも忘れてしまうでしょう。

目新しいものばかりに目と心を向けることなく、古いものが持つ独自の美や機能性を見出し、そこに尊敬の念を抱いて活用できている私がいるか。

それを知る満月です。
(満月は現状の確認作用なので受け取るだけ。始まりを予感するものではありません。)

それでは豊かな満月ほお迎えください。
次回は12/27日に✋

Instagram