太陽は毎年ほぼ同じ日に巡り日本では四季として体感できますね。美しい豊かな国に住むわたしたち。わたしたちは一年間を通して12サインの旅をし、進化成長をしています。 他の天体も同じくですが、公転周期がそれぞれあり、速いものは浅い意識を、遅いのは深いレベルで働いています。 なぜ太陽が中心かというと、占星術では土星までの時代、天体の真ん中にあるのが太陽で、王様とみなされていたからです。(月・水星・金星・太陽・火星・木星・土星) 太陽以外は家来、太陽が輝くための付き人と捉えてください。 この太陽とは、人生の中で獲得するわたしで、決意失くしては稼働しない天体です。 決意や目的を持つからいいとか悪いとかではなく、太陽のわたしを生きるという意味は、自己を立たせて生きる、自立を目指します。 この自立は一般的には、経済と精神の両方の自立を目指すわけですが、依存して生きる自立もあります。これはリアルで話さないとややこしいので、ここでは省きます。 この太陽を生きようとしたとき、未来のヴィジョンが浮かんできますが、描けるものは実現可能だから描けるわけで、見たことも聞いたこともないものは描くことができません。古い記憶が呼び覚まされるように、取り組んでいく中でひとつずつ思い出していく、ヴイジョンが蘇ってくる、そういった感覚に近いものなのかもしれません。 わたしたちは集合無意識でつながっているので、描くヴィジョンがもしかしたら他者の物の場合もあります。無意識の世界に区別はないからです。ヴィジョンを描くと、心が元気になり、意欲も情熱も伴ってきますが、ここで注意しなければならないのは、描くことで現実逃避していないかです。 年齢や今の境遇お金と時間の有る無しチャレンジ精神と怠惰さ怖れと対峙することの逃げ 描くヴィジョンが現実逃避でないのなら、太陽エネルギーよって心は積極的に、未来へ向けた行動を起こせるはずで、少しずつ現実も変わっていくでしょう。ここ最近占星塾でも検証済みなのですがとにかく時間のスピードが速い。ただ時間が過ぎる速さではなく皆の意識の変化のスピードで半年前の自分は誰?というくらいの別人感覚になっています。それだけ意識の進化スピードが速いのだと思います。塾の開設当初とは時間間隔が全く違うのです。 さて、話を太陽に戻すと2年間本気で取り組んで3年間踏ん張ってみてそれでも現実成果が何一つ現れないのなら、自分を見誤っている可能性があります。進むだけが前進ではなく、辞めることも前進になるのです。この見極めも人生を大きく変えるターニングポイントとなりますね。 太陽と土星 ネイタルホロスコープがあり、進行のプログレスがあり、トランジットがあり、そしてソーラーリターンにハーモニック図と、一枚のホロの上には沢山のホロスコープが重なっていています。 イメージとしては、オーケストラがそれぞれのパートに専念しながら、幾重の音の層を重ね合わせ、指揮者であるわたしがまとめている、そんな感じでしょうか。指揮者であるわたしは、個々の星を見ながら、全体のハーモーニーを調和させることに努めます。 これが、わたしたちが日々試行錯誤している人生です。 ハーモーニーの中心に自分が立ち、天空に響き渡る音楽を聴くことができれば、それはそれは感動ものでしょう。 パートが多い方が、音に重厚感がでます。 人生も同じですね。 この質感を出してくれるのは思い通りにいかない思い悲しみや失望です。これが低音だとしたら喜びが高音となって天空に響き渡ります。わたしたちは幸せを求めて生きているわけですが、悲しみを体験しないと、何がどう幸せなのかわからないのです。 わたしたちは悩みや欲望を抱えて生きてはいるけれど、拗ねてしまえば演奏は止まり、斜にかまえれば音は外れ、エゴが強くなるとひとつの音だけが突出してしまう。それぞれのわたしの持つ星を、ひとつずつ発揮し活かさないことには、人生という演奏はまとまりのない外れた音を出し続けるのです。 社会的天体は木星・土星です。わたしの木星はわたしの土星は何なのか。ここを思い込みだけの勝手都合で解釈するのではなく、過去を振り返り自分はどのようにこの木星・土星の社会成果を出してきたか、何を試練として受け止めたか、そしてそれは超えられたかを知らないことには、ただ単に情報に一喜一憂するたけでしょう。木星は生きる意義土星は日々の積み重ねによる結果、継続力です。 〇〇になってからやろう〇〇してからとか環境が整うのを待っていたら、一生訪れることはありません。日本文化の美しいところはワビサビの世界観でわざわざ欠けつくるところでしょう。条件が全て揃う日は一生訪れない。だから精神のバランスがとれているのだし、今できない人は未来もできないでしょう。 そして、今を愛せない人は未来も愛せません。幸せだから愛せるのだとしたら幸せを感じなければその場で全てを捨てていくことになりますね。どこに行っても誰といても決して離れることがないのは今の自分だから、何処に行っても結局は同じ。 自分が中心となって、現実が広がっているのですから、すべてはわたしの意識です。試行錯誤している今でも、それなりの豊かさを感じられる自分になっていないと、未来の愛も豊かさも感じることはないのです。それを理解した上で占星術を使いタロットカードをきり宇宙エネルギーの波に乗ってください。 ...

双子(Gemini)I think/choice/communicate   知的好奇心を最大に活かし 多彩な能力を発揮しようとします。 器用で鋭敏ですが、不安定で落ち着かず神経質な面も。常に新しい刺激を求めているので、情緒的なつながりは不得意でしょう。機転が利きますが、責任を持つことを嫌います。 双子は、神経を支配しているので快活な面と神経過敏な面と、二面性を持ったサインでもあります。社交的で饒舌な面と、慎重さを合わせ持ち二面性、焦り、多趣味で中途挫折、といった意味もあります。 対抗サインからは より広い世界への知識 グレード高い世界への興味です。 ☆シンボルマーク 2本のタテの湾曲が2人の人間で、情報・知識の2本のヨコ線でつながっていると考えられます。人体では、胸、肺を支配します。 ☆「双子」の特性 ・陽作用 発信力、身軽、臨機応変、器用、柔軟性 ・陰作用 迷い、決断力の欠如、落ち着きがない、飽きっぽさ、欲張り (初級通信講座からの抜粋)   対応タロットカード 小アルカナの10という数字は 各エレメントの極地を表し クロウリーは双子座の太陽を ソード10にあてはめています。 意味は、崩壊、堕落、手放し、諦める 風の極地は 情報収集よる器用貧乏となり 品位が良ければ再建のための崩壊となり 品位が悪ければ自滅となります。   牡牛座からの続き 3番目のサイン 牡牛座でのわたしを獲得したら 言葉を使って わたしを伝えていくプロセスに入ります。 3は広がりを意味し 環境への適応能力 または環境への反応。 双子座はミュータブルサインで 環境に反応しながら わたしの発信力や柔軟性を磨いていきます。     あなたが金星優位に生きているのなら 新しい刺激を求めて 好奇心を満たしていこうとするだろうし 太陽優位に生きているのなら 社会活動を広げるために 新しい学びへの取り組み 言葉をバージョンアップさせるのでしょう。   比較検討しながら より優位なものを選ぼうとしたり 他者と競い合うのは サバイバル能力を鍛え 自分の考えに広がりをもたせるためです。    ...

過去記事のリライト版です。   それぞれの年齢域のお話 水星、金星から太陽へと 年齢域を示していると読んで合っていますか?   はい、そうです。 0歳から7歳までは月の 母や周囲を模倣する年齢です。 (幼児教育、スマホを与えなければの話) そして次に8歳から思春期までが水星期 思春期から25歳くらいまでが金星域です。   金星域に未消化なものは 木星期にリベンジします。 金星域にはできなかった恋の表現 欲しかったもの やりたかったこと それを木星の大人になった今なら、できるようになりますね。 時間と経済力があるから 大人買いだってできる。   今、このブログを読んでくださっている方は 木星期の45歳以降の方が多いと思います。 女の子として叶えられなかったこと わたしの好きや楽しみを もう一度、大人のわたしが 叶えてあげる時でもあるのです。     太陽獲得できたら、木星と土星獲得?   金星期を存分に体験したら 太陽獲得できるようになります。 なぜなら太陽は水星と金星によって 個性が作られていくからです。 Y魔女さまは、ずっと好きをお仕事になさっています。 ご自分ではまだまだこれからで、これから更にお勉強をして磨きをかけていこうとされている段階でしょうけれど、強い信念と目的を持って日々過ごされていますね。これはネイタルに示されている太陽通りなので、太陽を生きていることになります。   太陽は、社会参加です。 〇〇の妻 〇〇の母としてプロフェッショナルに生きるのなら、これも太陽でしょう。 太陽を獲得し 社会の役割を担い 技術を磨き続けていれば 木星によってチャンスが運ばれ どの業種に限らず7年続けられれば土星のプロでしょう。 努力を重ねること 続けることで得られるのが 木星・土星の社会運です。 ここまでは、努力すれば 誰でも行ける範囲です。   毎日、努力をしているのに 木星のチャンスもないし 土星のプロとして認められないなら 木星の示す 他者に与える影響力が少ないからで これは何もオーバーに考える必要はなく 存在が薄ければ誰も声はかけないし、注目はしないです。 この影響を与える相手は 他者一人でいいのです。 影響力、と聞くと 世の中全体を対象に考えるから 何もできないままになるのです。 皆がスターを目指しているわけではないのですから。   そして次に土星ですが 社会は山羊座、まだまだ男性社会です。 ここには社会ルールが適応されます。 年功序列 学歴社会にコネ そして美人は贔屓される現実がまだまだあるのです。   そしてですね 仕事や人間関係では コミュニケーション能力 これがほぼカギを握ります。 想像してみてください。   勤勉で仕事にムラっ気がなく あなたを敬い、親しみを持って 楽しく話しかけてくる部下がいたらどうでしょう。 常にあなたを大切に考え、接し 一つ話せば、10読み取れる 聡明な人材がいたらどうされるでしょう。 当然、エコヒイキしたくなりますね。   仕事ができても 人を拒否し無愛想 こちらを見下しているような人材なら サポートなど誰もしないでしょう。 仕事も、人と人との対人関係です。 社会では縦社会 上下の順番を間違えるとアウト サポートはしてもらえなくなります。   そして、太陽である夫 または父との関係 これは如実に社会生活へと反映されます。 父や夫との関係性は、上司や権力を持つ人への対応が必ず現れるし、いくら外で仮面かぶっても家庭との相似形を展開していくのです。   火星の段階は何をすればいい?? 実年齢と天体の獲得時期は別という事でしょうか?   火星域は、35〜45歳くらい この時期は星の運行によると サターンリターンで自立して 太陽で目的を獲得して 火星で人生を切り開いていく時期です。 火星は、戦いの星でもありますから 戦い勝つ体験が欲しい時期です。   体力の限界まで働く 気力の限界まで何かに夢中になったり ライバル心🔥ゴウゴウと燃やし🔥 人を負かし、勝つ体験などあれば 火星体験はバッチリ✌ですね。   戦う力を使い切ると 次の木星の保護する側に 自分が立てるようになります。 嫉妬心を抱くことなく 人を応援してあげられるのです。   この火星域に完全燃焼しないと 誰かれなしにライバル視したり 怒りがくすぶり続けて ヒステリーになったり(ホルモンアンバランス) 野心が残ることになり このリベンジ戦が土星域の 55歳以降になって熟年離婚や 自分らしく生きるための人生改革 起業という形で現れるでしょう。   多くの方を見て思うのは 今は高齢化社会で 10年くらいズレているのではなかろうか・・・ 日本人は大和撫子が多いので 自己表現しないし 自分への目覚めが遅いですからね。 寿命が長くなったから 遅くても問題ないのかもしれませんね。 かくいうわたしも、その一人ですから。   ご質問いただいた Y魔女さまは、火星域に入ったばかり。 自分の目的を果たすために戦いを挑み 思いっきり負けて負かしたりと バトル経験をされてくださいませ。 この時の体験によって 人生は自分の力で切り抜けていける 本能の力が身につくでしょう。   占星術におすすめ、松村潔さんシリーズ 何の決意もせず 何一つ行動を起こすことなければ 今ひとつ実感を得られないのがホロスコープです。 また 太陽を目いっぱい生きていれば ネイタルに囚われることはなくなります。 ウンウンと唸るように ホロリーディングばかりするのは ある意味ではわたし不在 太陽を生きていないのです。   ただ、太陽意識に目覚めるためには わたしの内側にある水星の知識取得は必要です。 今は活字離れが進んでますが 海王星で夢ばかりを広げない 実践的な良書を読むようにして下さい。 最初は意味不明でヒーヒーでも 後から読み返したとき 理解できる自分がいれば それはそれは嬉しくなるのです。   今回は、松村潔さんの本を紹介します。   ★こちらは昔の本ですが、わかりやすいので初心者にはおすすめです。例えが少し古い気がする部分もありますが、元素の理解、ネイタルリーディングは確実に進むと思います。   ★こちらも古く絶版本ですが、松村さん好きな方には読んでほしい一冊です。冒頭の質問コーナーには「占いで幸せになれますか」「同じ誕生日の人は同じ運命を辿るの?」「相性が最悪といわれてショック」と占いから占星術へと移行する時代背景を、活字の小さも時代を感じます。   ★こちらは持っていらっしゃる方も多いと思います。スタンダードな一冊です。   ★この本を買うときは勇気がいりました。お値段もさることながら、読める自分がいるかどうか不安だったからです。購入して開いたところ、すぐさま閉じましたね。(・∀・)少し時間を置いて解釈の手立てにと開いたところ、読める読める、スルスル読める自分がいたときには感動ものでした。 正直に書くと、本の内容はもちろん良いに決まってるし、松村さんとうとう宇宙人になっちゃったことを実感できると思いますが、自分の占星術への理解のバロメーターとして購入されることをおすすめします。    ...

オリジナル占星術テキストから 一部抜粋した 占星術基礎概要をお贈りします。   テキストでは 古典的な解釈を多く載せています。 (2018年からは新テキスト使用)   占星術の基本10天体は あなた自身、あなたの意識 あなたの人生の登場人物 占星術の12サイン12ハウス あなたの人生舞台設定 占星術のアスペクト あなたの意識の流れ、アクションです。   あなたが人生の創造主 人生はあなたが主役で 登場するのはは、あなただけ。 あなた以外の登場人物は、あなたの持つ天体の投影でしかなく、誰しも、自分ひとり舞台を生きているのです。   ホロスコープの縦軸と横軸 アセンダント(ASC) アセンダントは、時間を計る基準でもあり、惑星が上昇してくるポイントということで、古代より1番重要視されてきました。占星学では、惑星が地上から初めて見えるポイントということで、生まれついて与えられた肉体的特徴や性質、意識をあらわすとされます。 ディセンダント(DES) ディセンダントはアセンダントに対応する存在です。ディセンダントは、惑星が沈んでいくポイントであるので、アセンダントが生まれながらの性質であるのに対し、ディセンダントは、生まれた後の周囲、つまり環境や人間関係を暗示します。結婚などもその中に入ります。 エムシー(MC) 天頂は惑星が最も力を強く発揮する位置です。理想的な自己の姿を意味し、人生の高み、つまり社会的な地位や評価をあらわします。 アイシー(IC) アイシーは、惑星が最もその姿を隠すポイントです。そのため、潜在意識をあらわすといわれます。潜在意識はある意味で本当の自分自身であるため、心のよりどころ、安住の場所も暗示します。   占星術の12サインとハウス 人生舞台の場所  牡羊座 情熱的、猪突猛進型、親分肌、統率力、決断力 衝動的で気が短い 勇敢、正義感が強い、冒険心がある 向こう見ず、冷静な判断力が不足している 1ハウス 1ハウスのカスプはアセンダントであり自分自身を表します。1ハウスにある惑星は本人の肉体や自我、個性、行動パターンに影響します。 これは無意識に発揮されるので、本人は案外無自覚ですが、他者から見るとはっきりした特徴に見えます。また、一生を通じてその人が積極的に使っていく本質なので、自己主張ややりたい事としてわかりやすい現れ方をします。  牡牛座 忍耐強い、強い信念で一歩ずつ前進 信義や恩義に厚い、頑固で動きが鈍い 過去を引きずりやすい 土壇場で意外な力を発揮 突然爆発する、他人の意見に耳を貸さない 2ハウス 人間が生きて行くなかで与えられる(あるいは勝ち取る)物質的、遺伝的能力をあらわします。 肉体を維持するために必要な衣・食・住といった基本的なものや、財産や経済力、所有物またそれらに対する本人の意識や才能も暗示します。経済動向などをこの室で判断することもあります。 このハウスが強化されている人は自分の資質や能力、五感(嗅覚、視覚、触覚、聴覚、味覚)を使って様々な事を判断します。    双子座 身軽、臨機応変に対応、好奇心が強い 器用で頭の回転が速い 落ち着きがなく移り気、欲張り 飽きっぽく中途で挫折しやすい 二面性を持つ、冷徹、二重人格 3ハウス コミュニケーション、知的能力、話し方、情報、興味の方向を表します。個人の能力を伸ばすためには、知識、情報が必要で、それを外に向かって表現しようとします。 初等教育、通信、出版、運輸の意味もあり、活発に変化して行く状況に対応する能力とか、順応、応用、実際的な知識に関したハウスで、神経も司ります。このハウスに惑星が多いと知的能力を発達させることに熱心で、様々な技能を身につけようと努力するでしょう。    蟹座 母性的で愛情が豊か、現実的で融通性がある 模倣がうまい、記憶力や理解力 大衆的、感受性が豊か、人情に厚い 感覚的、論理的判断が苦手 4ハウス 潜在的な本当の自分自身や安心感をあらわし、アイシーの特性を反映しています。ここから、安らぎの場所として「家庭の室」といった概念が導かれます。家族、祖先など血縁の人たち、母なる大地や住居・家庭をあらわします。 また、アイシーは天底点であることから人生の晩年をあらわし、最後に本当の自分自身に戻れるといった意味で墓所(ぼしょ)をあらわすこともあります。    獅子座 誇り高い、勇敢で力強い、指導力 情熱的で正義感がある 自己顕示欲が強い、自己中心的 気が短い、権力志向、単純 無謀、寂しがりや、おだてに乗りやすい 5ハウス 4ハウスで養った情感の表現をする事がテーマで、人間は他者とは違った独自の世界を創造しようとします。他者とは違うといった意識が、創造する欲求です。これは自己表現でもあります。恋愛、芸術、趣味、子供といったものを暗示します。    乙女座 繊細で几帳面、理想主義的 整理能力や分析能力に秀でている、完全主義 不正や卑狼なものを嫌う、精神力が弱い、批判的 精神的に脆弱(ぜいじゃく)なため物事に傷つきやすい 6ハウス 義務や調整、生来の個性を訓練するという意味があります。1室から見た場合、150度の状態になるためです 。雇用関係や従属関係(仕事に限ったことではない)もこの室の担当です。また、この室は、惑星が沈み行く地平線のすぐ下にあたるため、生命力の衰えをあらわし、肉体・医療・健康も意味します。  天秤座 中庸(ちゅうよう)の精神 人間関係のバランスを重んじる 洗練された振る舞い、人当たりが良い 広く浅く興味を持つ、自尊心が強く見栄っ張り 冷徹、受動的、優柔不断、極端を求めない 7ハウス 人間は社会との関わりの中で生きています。他人と協調していくことは大事なことです。他人との協調で代表的なものは結婚でしょう。ルール・契約をも暗示するこの室は、古くから結婚の室と呼ばれていました。  蠍座 我慢強く粘り強い、意志が固い 控えめ閉鎖的、秘密主義 破壊力がある、神秘性 探求心や研究心が旺盛、戦術家 深い洞察力を持つ、沈黙を美徳とする 8ハウス 受け継いでいく(精神的なものも含む)財産をあらわします。物質・肉体は、時の流れとともに朽ちていく存在ですが、精神的に所有するものは時を超えると考えます。 人間は死すべき存在ですが、個々の意識は、時空を超え次の世代に受け継がれます。後継者としての子孫や、祖先から受け継がれる遺産はこのハウスでみます。  射手座 天真燗漫、自由奔放、楽天家 柔軟で変わり身が速い、好奇心が強い 未来志向、熱しやすく冷めやすい 気が短い、非常識な行動をとりがち 精神的傾向が強い 9ハウス 自己の存在を切り離したところでそれを一般化し、日常性を脱却した、より広い視野で能力を発揮するのです。チームプレーのスポーツ、学問、文化、哲学、宗教、精神世界、古代文明、外国を暗示し、高い精神性を求めます。  山羊座 思慮深く重厚で慎重、我慢強く粘り強 努力家で勤勉家、研究熱心 孤独的、堅実で冒険心はない 交友範囲が狭い、周りの意見を聞かない 精神的な傾向が強い 神秘的なものに興味を持つ、気難しさ 10ハウス 事業運、職業運はここでみます。 社会的野心を実現したり、より現実的、具体的な結果を重視するハウス。個人的な感覚とか楽しみより全体的で社会的な視野で判断するため、社会での姿、大人としての自我の完成した状態とされます、  水瓶座 型にはまらない、分け隔てない愛情 精神的解放を求める、理想主義 論理的で知的志向 組織に溶け込めない、浪費的傾向がある 11ハウス 達成したい願望、またそのためのパートナーをあらわします。ただし、このパートナーは、血族や姻族といったものではなく、同じ意識や目的を持つ者同志です。そしてその協力により、創造性ははじめて広がりを見せ、広範囲の活躍の場ができるのです。 社会の枠を超えた理想的な未来をみようとする場所です。  魚座 慈悲の心を持つ、同情心がある、情緒的 自己犠牲的、過保護 サービス精神旺盛、多面性 流されやすい、葛藤を繰り返す 神秘的で芸術的なものを愛する 感受性が強くロマンチスト、空想的 非現実的な傾向、情にもろい 12ハウス 夢・秘密・潜在意識をあらわします。集合無意識や、夢、混沌とした様々な体験を受容する場所です。   12サインの区分 2分割 12サインは、男性サイン(Masculine)と女性サイン(Feminine)に分類されます。 いわゆる男性・女性ではなく、男性サインは意識が外に向き主張が積極的な外向サイン、女性サインは意識が内面に向き内面の価値観を重視する内向サインと考えればわかりやすいでしょう。 占星学では、プラス・マイナスであらわされます。   男性サイン(奇数)+:牡羊、双子、獅子、天秤、射手、水瓶。 女性サイン(偶数)-:牡牛、蟹、乙女、蠍、山羊、魚。 3区分 12サインは働きでも区分できます。クオリティとは3つの質のことであり、行動パターンを表します。 ホロスコープ上の12サインを3つの性質で4つずつに分類します。3つの性質は、運動宮(Cardinal)、不動宮(Fixed)、柔軟宮(Mutable)と呼ばれます。 運動宮(カーディナル)・・・ 牡羊、蟹、天秤、山羊 常に積極的に行動し、休むことのない活動性 不動宮(フィックスト)・・・牡牛、獅子、蠍、水瓶 所有や保持に関係 柔軟宮(ミュータブル)・・・双子、乙女、射手、魚 運動宮と不動宮の中間で、調整 4元素 4区分とは、火・地・風・水という4つの要素(Element)で12サインを分類したものです。 この考え方が取り入れられたのは、医学の父ともいわれる古代ギリシャの医学者ヒッポクラテスの研究よるとされます。ヒッポクラテスは、人問の体液を4種類に分け、病気はそのいずれかが不足しているため起こると考え、それが性格にも影響するとしたのです。   火(Fire)・・・ 牡羊、獅子、射手 精神的で創造的な活力 火のように燃えていないと元気になれない傾向。 地(Earth)・・・牡牛、乙女、山羊 大地に根を張る堅実なサイン 実際性、現実主義的傾向。 風(Air)・・・双子、天秤、水瓶 知恵や思想。 物事を抽象的に理解する能力。 水(Water)・・・蟹、蠍、魚 情感と情愛。 感情面を重視し、対人関係を大切にしようとする。   占星術の基本10サインと天体 すべてはあなたの意識の階層  蟹座 月 誕生から7歳頃まで 公転周期27日と8時間 無意識の領域です。 チャクラに例えるならハートの部分。 感情を司り、この地上に降り立った時にこれまでの記憶を失くしてはいますが、思考で確認できないだけで実はすべて覚えています。インナーチャイルドとも呼ばれる部分です。 ☆人物的特性・・・幼児期、母、妻、女性、私的 ☆性格的特性・・・感受性、感情、創造力、女性的、移り気、 ☆動物的特性・・・夜行性動物 ☆人体的部分・・・血液・体液、乳房 ☆疾病的特性・・・女性病全般 ☆色彩的特性・・・銀、白 ☆その他特性・・・海、運河、河川など水に関する場所、数字の2  双子座  乙女座  水星 8歳頃から思春期 公転周期 90日弱 知性とコミュニケーション。 教育を受けながら学び、思考を発達させる段階です。 ☆人物的特性・・・知識人、文化人、青少年、年下、兄妹や友人、ビジネスマン ☆性格的特性・・・知性的、工夫能力、中性的、表現力、流動性、神経質 ☆動物的特性・・・頭が良く、変わり身の早い動物 ☆人体的部分・・・手、指、感覚器官 ☆疾病的特性・・・精神病、腹痛、気管支炎、失語症、盲腸、喘息 ☆色彩的特性・・・チェック柄、若草色 ☆その他特性・・・学校、図書館、数字の5  牡牛座  天秤座  金星 思春期から25歳頃まで 公転周期 225日弱 愛と美、喜びや楽しみ、女性エネルギーを表します。 恋人や趣味など、人生に喜びをもたらしてくれる人。女性にとっては、とても重要で求めてやまないエネルギーです。 ☆人物的特性・・・独身女性、愛人、資産家、金持ち、女の子 ☆性格的特性・・・調和的、女性的、愛情、芸術的、優柔不断 ☆動物的特性・・・兎、猫、白鳥 ☆人体的部分・・・腎臓、喉、あご ☆疾病的特性・・・自律神経、甲状腺 ☆色彩的特性・・・パステルカラー ☆その他特性・・・寝室、養蚕場、財産、オフィス、数字の6  獅子座 太陽 25歳頃から35歳頃 公転周期 365日 一般に○○星座というのは太陽サインです。 あなたが自分を獲得し生き始めたときに、太陽意識が活発に動き始めます。太陽意識に目覚めれば目的を持っても持たなくても、生き生きと自分を生きている実感を得られやすいでしょう。 ☆人物的特性・・・公的、父親、夫、男性、権威、地位 ☆性格的特性・・・支配、生命力、男性的、情熱的、勇敢、精力 ☆動物的特性・・・ライオン ☆人体的部分・・・心臓、目 ☆疾病的特性・・・高血圧、低血圧、心臓疾患、貧血 ☆色彩的特性・・・赤、オレンジ、金 ☆その他特性・・・宮殿、遺跡、数字の1  牡羊座 火星 35歳頃から45歳頃 公転周期687日(約2年) 人生を切り開く力、男性的エネルギーです。 起業女子を目指すのも、この年代が多いですね。結婚や出産、仕事にとバイタリティあふれる時期。 ☆人物的特性・・・独身男性、軍人、指揮官、戦術家 ☆性格的特性・・・戦闘的、生命力、性的エネルギー、積極的 ☆動物的特性・・・虎、狼、鷹 ☆人体的部分・・・筋肉、顔 ☆疾病的特性・・・出血、高熱 ☆色彩的特性・・・赤 ☆その他特性・・・戦場、刃物、火、数字の9  射手座 木星  45歳頃から55歳頃 公転周期  12年 拡大させるエネルギーです。 金星域に体験した、金星を昇華させる時期でもあります。 金星期の体験が少ないと、この年齢域で追体験にエネルギーを使うようになります。金星を扱い慣れていなと、軌道が外れやすいので注意が必要です。 ☆人物的特性・・・法律家、外国人、哲学者、壮年期男性 ☆性格的特性・・・慈愛、慈悲、調和、善、向上心、幸運、男性的、膨張 ☆動物的特性・・・象、馬 ☆人体的部分・・・肝臓 ☆疾病的特性・・・肝臓病、神経痛 ☆色彩的特性・・・紫 ☆その他特性・・・教会、寺院、法廷、薬局、数字の3  山羊座 土星 55歳頃から65歳頃 公転周期 29年 制限や試練を与えてくれるエネルギーです。 土星といえば28歳前後に起こるサターンリターンですね。大人になる試練が訪れる人生の通過儀礼、占星術でいうと成人式です。 ここで自立できるか否かで、太陽の獲得具合も大きく関わってきます。 ☆人物的特性・・・年配者、老人、科学者、僧侶 ☆性格的特性・・・堅実、忍耐、老練、安定、一定基準、約束 ☆動物的特性・・・役牛、農耕馬、山羊、らくだ ☆人体的部分・・・髪、歯、耳 ☆疾病的特性・・・はげ、歯痛、骨の病気、ガン、皮膚病、リューマチ、ぎっくり腰 ☆色彩的特性・・・スモーク調の色、茶 ☆その他特性・・・森林、洞窟、数字の8  水瓶座 天王星 55歳頃から70歳頃 年齢域 70~84歳 変化や改革エネルギーです。 海王星・冥王星と同様に世代背景を表します。 55歳以降というのは、誰しもが個性的になっていきますね。社会ルールに収まりきらなくても良い、そんな許可を自分できるようになるのでしょう。 ☆人物的特性・・・発明家、科学者、天文学者、占星術家 ☆性格的特性・・・独創的、自由、分離、放浪、革命、新たな発見 ☆動物的特性・・・突然変異種、品種改良 ☆人体的部分・・・神経、膝(ひざ)、すね ☆疾病的特性・・・めまい、骨折 ☆色彩的特性・・・モンイエロー、メタリックカラー ☆その他特性・・・屋上、高い場所、飛行機、空港、数字の4  魚座 海王星 70歳頃から85歳 公転周期 165年 夢や霊的エネルギーです。 精神世界にまったく興味ない生き方をしてきても、この年代の人というのは、霊的解釈が増えてきます。 ☆人物的特性・・・芸術家、音楽家、理想主義者、心霊家、 ☆性格的特性・・・直感力、目に見えないもの、漠然、神秘、イメージ ☆動物的特性・・・エビ、蟹、魚、寄生虫、貝 ☆人体的部分・・・視神経など神経組織、足首 ☆疾病的特性・・・神経障害、魚の目 ☆色彩的特徴・・・霧のような色、レインボーカラー ☆その他特性・・・病院、刑務所、数字の7    蠍座 冥王星  85歳以降 公転周期 249年 破壊と再生のエネルギーです。 ☆人物的特性・・・黒幕、参謀、分析者、探偵、先祖 ☆性格的特性・・・滅亡と再生、極限、神秘、預言 ☆動物的特性・・・蛇、爬虫類 ☆人体的部分・・・性器、ホルモン ☆疾病的特性・・・性病、ホルモン異常 ☆色彩的特徴・・・ワインカラー ☆その他特性・・・冥界、地下、洞窟、数字のO その他 ドラゴンポイント 地球を中心に考えた太陽の軌道(黄道)と月の軌道(白道)は、約5度の傾きで交差しています。 もし、この傾きがなく同一軌道であったら満月のたびに日食が、新月のたびに日食が起こってしまいますが、実際は、この黄道と白道が重なるポイントで満月や新月があった場合のみ食が起こり、これをドラゴンポイントと呼んでいます。 そして、白道が南から北へ横切る点をドラゴンヘッド、北から南へ横切る点をドラゴンテイルといいます。 実際に見えるものではないのですが、この2つのポイントは正反対の位置にあり、、17~18年の周期で惑星とは逆回りに1周します。古くから、ドラゴンヘッドは吉星、ドラゴンテイルは凶星と考えられていました。ドラゴンポイントは輪廻(りんね)にも関係があるとされ、ドラゴンヘッドは前世での貸し、ドラゴンテイルは前世からの借りを意味するものとされます。 火星と木星の間にアステロイド(小惑星)が散らばって小さな集団を作っています。記載した小惑星は比較的大きなものですが、一番大きいセレスでも日本列島より小さく、その影響力の研究もこれからといったところです。     占星術のアスペクト あなたの意識の流れ、アクション ここでは、第一種アスペクトだけを書きます。 0度 2つの惑星が同じ位置にある状態のことをいいます。これをコンジャンクションと呼び、「合(ごう)の状態」といいます。合はアスペクトの中で一番強力な作用を持っていて、無意識的に強め合います。どのように強めあうかは、惑星の組み合わせによります。 60度 60度は120度の半分で、トラインに性質は近いですが、セクスタイルのほうが積極的で工夫する能力があり、機敏です。セクステルを形成する2つの惑星と150度の角度をもつ惑星がある場合、その状態をヨードといい、新たなコンビネーションアスペクトを形成します。 90度 惑星と惑星が直角となる状態です。90度は、全天を4で割った角度であり、片方を否定することでもう片方を成り立たせるエネルギーです。困難、試練、選択、変更を暗示します。その試練を乗り越えることで、道が開けてきます。強く自分を打ち出す性質を与えるので、ホロスコープにスクエアがない人は、逆境に対する取り組みが弱くなる傾向があります。 120度 古くから幸運の角度とされます。120度は安定と発展性を持ち、スムーズさを表します。一方居心地の良いイージーな「ぬるま湯状態」を作り出すこともあります。変革には向きませんが穏やかで洗練された振る舞いになります。 150度 常に調整、訓練を必要とされるためストレスを感じやすいアスペクトですが、乗り越え獲得できれば、神の手と呼ばれるほどの才能を示せます。 180度 惑星と惑星が天空上の正反対に位置します。オポジションは、2つの惑星が互いに引っ張りあう緊張した状態です。互いの資質がもうひとつの惑星へダイレクトに流れるので、その人にとって困難に感じるか援助として感じるかは別れるでしょう。物事の客観化を促しますが、使いこなせなければ緊張をもたらします。 ノー・アスペクト ある惑星が、他の惑星と全くアスペクトを持たない状態です。孤立している状態なのでその惑星の自己表現に偏りが生じ、その惑星が持つ意味が無制限に表出したり、逆に全く深い部分に隠れてしまったりします。   複合アスペクト グランドクロス 4つの惑星が天空上の4つのポイントで90度を形成した状態です。オポジションを形成した2つの惑星が2組あり、その2つずつを結んだ直線が天空の中心で直角に交わっているとも考えられ、オポジションやスクエアの意味が強まります。多くは、3区分の同じクオリティ (運動宮・不動宮・柔軟宮)同士で形成されることが多く、共通のクオリティを強めるとされます。 運動宮なら果てしなく続く活動性。常に目標や課題を持ち忙しくなります。不動宮なら維持・保持にこだわり、しばられる状態。重苦しさを感じます。柔軟宮であれば周囲の人に翻弄されます。価値観の流動化により落ち着かない。 Tスクエア オポジションを形成する2つの惑星に対してスクエアを形成する惑星が加わった状態です。この場合も、グランドクロスと同じような意味を持ちます。中間に当たる惑星の良い意味での暗示が発揮されにくいとされますが、思慮深さや能力のある人に必要なコンビネーションアスペクトで、人生に緊張感と努力を与えます。 グランドトライン 3つの惑星が互いに120度(トライン)を形成した状態です。安定感がある配置で、アスペクトを作る3つの惑星の長所が互いに高まります。普通は、同じエレメント同士で成立します(例外あり)。火のグランドトラインであれば精神性、社会的栄誉、地のグランドトラインであれば物質的、事業の成功、風のグランドトラインは情報、知的分野での活躍、水のグランドトラインなら思いやり、芸術的才能の開花です。 ヨード 60度のアスペクトを形成する2つの惑星の反対側の中央にもうひとつの惑星があるときのアスペクトです。あるいは、ある惑星に150度のアスペクトを持つ惑星が2つ別の箇所に存在する状態ともいえ、セクスタイル、クインカンクスを合わせた形です。逃れられない運命的呪縛という表現もあります。2つのセクスタイルの惑星が、150度先の惑星を鍛えるようになり、その目的のためにだけセクスタイルの惑星が使われます。  以上の10天体とサイン、アスペクトが絡まって、あなたの意識が現実を創り、人生を創り出していくのです。   星座の由来を知ると、解釈が広がります。 星座物語 28ページ無料ダウンロードできます。 https://kyotoagnih.com/wp-content/uploads/2016/07/ebook-seiza.pdf    ...