太陽を生きるブログ

ここ数日間不安だという意見を聞き
本日も数人の方からご連絡をいただきました。

春分という一年の大きな
エネルギーの節目ではありますが
どうもそれだけではないことに気づきました。

わたしたち細胞には
膨大なデータが記憶がされています。

この春の季節
三寒四温の寒暖差によって
3.11の記憶が蘇ってくるのだと思います。

震災に遭っていなくても
あの映像から受け取る
得体の知れない恐怖感は
静かに忍び寄る
海王星そのものでした。

自然に対して人間は無力で
ただ震えながら全てを
流されてしまうのを
黙って見つめるしかなかった。

そんな底知れない不安が
眼の前の出来事を通して
再び引き起こされているのでしょう。

春分の次は
5月に天王星が牡牛座に
少し先にはなりますが
2023年には冥王星が水瓶座入りします。

冥王星が射手座に入った直後には
阪神大震災が、3.11翌日には

天王星が牡羊座入りしたように
どの天体もサインに入ったばかりというのは
強い影響力を及ぼします。

この宇宙エネルギーの大きな流れが変わる時
気力が弱っていると時流に乗れず
というか、
乗ることに尻込みし
高齢者であれば、避けることで
体力気力が涸渇し、月が息を
引き取りに来ることになるでしょう。

トランスサタニアンと
春分・夏至・秋分・冬至といった
四季図のタイミングは集合無意識の
大きな星の流れが支流に分かれ
またひとつになるタイミングなのだと思います。

もし今、気弱になったり
不安に襲われているのなら
時流に乗ることに尻込みしている
敏感なわたしなのだということを知り
気力を奮い立たせて次の波に乗ってしまいましょう。

気力を奮い立たせるのに
気合も意志の力も不要で
誰かのために生きることを自覚するか
そんなふうに思える相手がいないのなら
これまで無事に生きてこれたことを
恩返しするために
誰かのために生きてください。

人間は、一人の力は弱いのです。

でも誰かのために生きようとする時
一人では決して得られない
強い力が生まれるのです。

 

Instagram


No tags for this post.