豊かな私になる星読みブログ

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家
京都アグ二の金子元美です。

お誕生日の方 おめでとうございます♥

☆…………………………

目次
〇本日の宇宙エネルギー

◯豊かになる開運ポイント

今日の宇宙エネルギー


月は双子座に
海王星とスクエア

迷いが多くなり
双子座のルーラーである

水星も本日から逆行に入ります。

現象としては、交通移動の不具合
情報や意思疎通の行き違い
計画の練り直しなど
停滞するのは過去の忘れ物を
取りに行く必要があるのでしょう。

水星サビアンは
2人のしかめつらした独身女性

自分の意志通りには進まない
ジレンマを感じる中で
過去の見落としを発見できたり

周囲から振り回されることで
適応能力を高められます。

不満にフォーカスして
イライラして過ごすくらいなら

判断力を鍛える脳みその筋トレとして
過ごした方がずっと健康的。

わたしたちは、春分エネルギーの
大きな流れが変わる中にいて
気分が重くなったり不安になるのは
新しいエネルギーの中に入る
意識チェンジが必要な時でもあり
また春の季節は
3.11の記憶が細胞に刻まれているため
不安も増しやすいでしょう。

水星・金星・木星・天王星・冥王星

金星サビアンは
リングに上がる拳闘士

現実から考えると
タイムリミットを感じて
愛やお金の獲得に向けて

戦闘状態に入ることを示しています。

現実が思う通りにいかない
同じところでつまずくのなら
これまでのやり方を捨てて
新しい方法を試す時なのです。

がむしゃらに
トライ&エラーを繰り返すのは
エレガントではないし
かといってエレガントを装っていても
本気でないなら成し得ない。

現実は甘くないのです。

建前の言葉だけの力は弱く
うまくいかない出来事があると
すぐにも不安に引きずられて
また同じ場所に戻るだけ。

やる時はやる
決める時は決めないと
夢や理想の中に逃げ込んでも
何も変わらないのです。

水星逆行に伴い
過去の落とし物
見落としている部分を見直すにも
去年、もしくは一昨年

同じように沈んでいた自分はいないか。

そして
どれだけ時代が変わろうとも

変わらない普遍的なもの

それがわたしたちが
求めているものでしょう。

新技術を駆使しても
幸せを求める気持ちは太古と同じ
何ひとつ変わってはいない。

女は男を求め
男は女を求め
人間は愛とお金を求め生き続けています。

太陽・火星

太陽サビアンは
彼の祖国の形をした男の横顔の浮き彫り

環境に染まることを示していて
怒りや不満が充満している環境なら
マインドまでそのように染まり
自分では何も気づかないかもしれません。

月・海王星は冷媒で
媒体するなら、もっと美しい
昇華できるエネルギーを取り込みたい。

牡羊座エネルギーがパワフルな今
いろんな部分が無自覚に
勢いよく飛び出る時なので
常に自分の意識がどこに向かっているのか
捕まえておくようにしましょう。

 

豊かになる開運ポイント


媒体と書くと
怪しい響きに感じるかもしれませんが
女性はすべて巫女であり霊媒師です。

豊かな感受性は
女性ホルモンの為せるワザ。

これを使わない手はないのです。

自ら霊媒師だとか
カンが鋭いとか
名乗る人は
信用なりませんが
自分の人生で有効に使えればいいですね。

月・海王星のハードアスペクトはサイキック
チャネリングしやすい時です。

水星の逆行は
つい過去に向かいますが
あれこれ思い煩い
マイナス思考に陥るのではなく

この思考エネルギーは内側に沈めて
活動を少しお休みにしてください。

月はただ、受け取るだけ
感じるだけ
自ら稼働しないように
眠って夢を観るときのように
ただ、受け取ることに集中する。

瞑想を続けると
これがたやすくできるようになりますが
イメージとしては、こんな感じ。

何の緊張感もない
まどろみ状態。

寝落ちする間際とか
眠りから目覚める前とか
そんな時に宇宙からメッセージが届きます。

 

その他モロモロ


新月に灯すマジカルキャンドル作り
 ↓
下記のインスタ見てね♥

 

当サイトの有料コンテンツ
毎日、お届けしています。

本日は、大いなる流れ

☆…………一部抜粋

春分という一年の大きな
エネルギーの節目ではありますが
どうもそれだけではないことに気づきました。

わたしたち細胞には
膨大なデータが記憶がされています。

この春の季節
三寒四温の寒暖差によって
3.11の記憶が蘇ってくるのだと思います。

震災に遭っていなくても
あの映像から受け取る
得体の知れない恐怖感は
静かに忍び寄る
海王星そのものでした。

☆…………続きはこちら

お問い合わせはこちらへ
●LINE@アカウント

ID【@upa3846r】

Instagram

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。