太陽を生きるブログ

皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。

お誕生日の方、おめでとうございます。

月は魚座に海王星、木星と。

ミュータブルサインの
木星、海王星は
わたし個人に留まっていると
感じることはできません。

木星の社会性を通して、そして、わたしたち全体の意識へと向けないと、わたしが何を願っているのかはわからないでしょう。


例えば、音楽や芸術。

言葉や国籍を越えて
わたしたちの思いを一つにしてくれます。

別の例えなら、神社参拝。

御神木の迫力に自然界の力を感じ
わたしも自然の一部なんだ
と思い出させてくれるような体感です。

こういった霊的な開放が
本来のスピリチュアルで
わたしという自我から
わたしたちの大我へ向かわせてくれるのです。

この気持から生まれる願いは
より良い社会へと向かうよう
皆での分かち合い精神でしょう。

これを感じた上で
わたしは社会でどのように働き
役立てるかを考えられればいいですね。

個人的な象意で読むと
木星は野心で
海王星は依存としての意味が強まります。

そのどちらも悪くはないし
ただ、在るだけ。

個人の小我が望むものを叶えないと、大我のために働くのは偽善なのだから、個人の欲望はある程度は満たすべきでしょう。

野心を叶えたいなら正々堂々と
射手座が示すフェアプレイで
周囲を巻き込みながら
突き進んでいける人にならないと不可能でしょう。

嘘や誤魔化しは
エネルギーを弱めるだけだし
自分の気持に対しての素直さが
運という流れを創ります。

良し悪しのジャッジは
あなたの価値観でしかないし
どんな選択をする自分も許せる

これも木星・海王星のエネルギーでしょう。

内惑星の水星と金星

金星は海王星とトライン

夢や憧れを上記のように受け止め、あたな自身を肯定しながら、エネルギーを存分に循環できればいいですね。

金星は冥王星とオポジションで
特定のターゲットに
意識が向けられるタイミングで
パータイルなのと
度数からしてとてもパワフルに働きます。


生涯において
これだけは叶えておきたい

ずっと眠り続けていた思いを確認できたなら、それに取り組もうとされるのかもしれませんね。

水星は蟹座に戻り
過去の記憶が蘇るときです。

忘れ物は何でしょう?

見つけたなら
今のわたしはどう考えるかで

懐かしさに浸るだけなのか
それとも未来のヒントとするのか
そのどちらでしょうか。

本日の太陽

蟹座もそろそろ終わり
次の獅子座を意識します。

蟹座の体験で得たものは
わたしの心の居場所の確認

わたしの心が求めるもの
そして
わたしの内なるコスモと
現実の社会との対比でした。

わたしの思いを実現するには
社会は理不尽で
迫害すら感じることもあるかもしれない。

働きたいけれど
条件や自身の環境によって
働けないこともあるでしょう。

この対比から
合理的な知性と
直感力の判断力

この両方を天秤にかけて
選択基準を図るのですか
結局の所、直感で選ぶが正解で
現実的な判断となるのです。

例えると

あなたが離婚を考えていたとします。

夫は借金があるわけでもなく
浮気しているわけでもなく
子煩悩とはいえないけれど
ときどきは良きパパもしてくれる。

離婚の決定打は何もないのだけれど
心のつながりを感じられない。

この侘しさ。

次の獅子座で
わたしはもっと自由に
わたしらしく生きたいと願うようなものでしょう。

条件や
社会的な価値判断からすれば
汚点はなくノーマル。

ただ、わたしの直感からすれば
夫は要らない、といった直感的な判断力です。

これはただの一例です。

蟹座から獅子座に移行するときに
誰もが思うものではないことを踏まえて読んで、あなたなりに考えてみてくださいね。

ではまた明日✋

Instagram