わたしの太陽を生きるブログ

皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。

お誕生日の方おめでとうございます。

10/19〜20までの宇宙の流れを贈ります。

蟹座の月

月は19日、19時24分から
蟹座に入ります。

ルーラーですから強く働きますね。

いつも以上に不安になったり
いつも以上に共感を求めたり
いつも以上に
自分の心の居場所を求めたくなるでしょう。

それと同じくらい
嫌いなものには排他的になり
無関心になり
お別れを決意するかもしれません。

決意するのは、わたしのこれまでの恐れや不安です。

わたしの未来を阻むのは、環境でもなければ嫌いな〇〇さんでもなく、わたしの中にある怖れや不安です。

これ以外にはありません。

できるかな・・・
ではなく
やればできる。

やらないからできないだけ。

ここをグルグルと自己対話していても、出口からは抜け出せないでしょう。

月はご縁を結ぶドラゴンヘッドと重なり、そして土星・冥王星とTスクエ後、21日の下弦の月へと向かいます。

22日は即位の礼が執り行われます。

恩赦を受けるのは55万人
恩赦とは刑事罰を軽減させる
救済でもありますね。

温情のない裁判判決を
天秤座とすれば
恩赦は蟹座でしょう。

ただ許す、大祓。

わたしたちも
これまで増えたものは捨てて
持ち物も心もシンプルに
大祓を執り行う流れにあるのだと思います。

天秤座の火星

わたしの太陽を生きるのなら
火星を使って
テリトリー超えをする必要があります。

わたしの世界の外へ
道である
イルミネーションを
作っていく動きですね。

生きる力、自力を示し
自分を守るためにも
火星を使いますが
多くの人は自責めに使います。(・∀・)

自分で自分に向けるのは
とても簡単で使いやすい。

イルミネーションを作るよりは
ジッーと座っていてもできる
火星の使い方でしょう。

自責しても意味ないので
未来の道筋に形づけることに
エネルギーを使うようにしてくださいね。

ある例を書くと

自分のテリトリー内では
誰でも落ち着くし
いつもの自分でいられます。

このテリトリーを超えたとき
あなたはいつもと同じ
素の自分でいられるでしょうか。

外でもわたしを素直に
表現できるでしょうか。


月は無意識なので、自分ではなかなか気づくことができません。

テリトリーの内側にいても
外側にいても
心がブレることなく
態度を変えることのない
あなたでいられればいいですね。

日本は島国のためか
閉鎖的な感情支配がベースにあり
気の合う人と、そうでない人
テリトリー以外の場所で
極端に態度が変わる人がいます。

また逆に、自分のテリトリー内に入ってきた人に対しては、両手広げて大歓迎し、取り囲もうとする人もいますね。

ビジネスコンサルでは
あるあるの場面です。(・∀・)

もうね
アクエリアス時代ですからね

上下関係をつくらず
心情を必要以上に介入させない
フラットで自由な関係性を
家族間でも築いていくようにしてくださいね。

仕事でも
対人関係でも同じく。

夫婦間でも同じでしょう。

天秤座の火星は
わたしの価値や魅力を
他者にアプローチしていくことであり
相手の理解を深めるために
テリトリー越えするときです。

人間関係は面倒くさい

と大人になれば誰でも
一度や二度は思うはずで
だからといって
人生において簡単には外せない
大事な要素です。

悩みのほとんどの原因は
人間関係だけど
この関係性をなくしてしまうと
自分が何者かもわからない。

どの立ち位置にいるかすらも
わからないのです。

清濁併せ持ちながら
どう他者と関わり
わたしのライフステージを上げていくかなのです。

天秤座の火星は
お行儀良く体裁を保ちがちですが
魅力的な大人という
イメージを固定しないで
わたしらしさをどう出していくかでしょう。

キレイにまとめようとするほど
ありきたりな魅力になりがちで
かといって
突出しすぎても認めては
もらえないものです。

さじ加減という
バランスのとり方が
その人の金星センスですね。

天秤座の太陽

わたしの耐久性をつけていくために、これまでバラバラだった知識(風)を、水(蠍座)でくっつけていくプロセスに入りました。

くつっけるのだから
わたしにはない力を持っている人
または
他者に拘束されながら
すべてを関連づけていく必要があります。

このプロセスでは
テリトリー超えをして
外に取りに行く必要があるのです。

自分の個人的な意見は通用しないので、圧迫感も感じるかもしれませんが、いつまでも風が優位だと拡散するだけでまとまらないし、いつまで経っても知識もバラバラなまま。

耐久性はなく
情報を入手しては拡散し
また入手しての繰り返しの
セミナージプシーのようなものでしょう。

この時期に訪れる体感としては
人とは距離をとりたくなりますね。

コレ、簡単なように思えて
実は強硬な意志がいります。

自閉するのは実は簡単。

自分の世界に閉じればいいだけで
他者と関わりながら
距離をとるのは
強い努力が必要なのですね。

これぐらいいいか
少しくらいいいよね
を続けると緩みまくるし

いらない、いらないだと
キツキツの一人の世界になります。

これも天秤座のテーマである
人との距離間のとり方に繋がります。

あの人は大人だね
という印象を与えるのは
この距離間だし
距離感が崩れると
家族との関係性も
グチャグチャになってしまうものです。

いつまでも相手を好きでいるために、アクエリアス時代、自由に生きるためにもここが平和ポイントでしょう。

では次回は、21の下弦の月に。

あなたの豊かな未来を創造しています★

Instagram