わたしの太陽を生きるブログ

皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。

お誕生日の方おめでとうございます。

ASCは蟹座
ルーラの月は1ハウス

7ハウスの冥王星とオポジション
アングルに土星が乗ります。

まとめて読むと、わたしとあなたを通して、または今の環境、人間関係から学んだら、次の次元へと入っていくことになります。

対人関係で例えます。

あの人のようになりたい、とか
またはこの人と
〇〇な暮らしを描いたのに
現実はこんなものかとゲンナリし
自分にも相手にも
落胆するようなものでしょう。

ゲンナリしたら
手放しが起こり
一瞬、無になります。

無になれば
急激な方向転換が起き
もう相手の話に耳を
傾ける必要がないことを知りますね。

そうすれば
自力で環境との関わりを
変えていこうとします。

これは次の次元の入り口を見つけた、そんな感覚でしょう。

土星

アングルに乗る土星は
人間関係の整理整頓です。

簡単には切れない
関係性もあるのだから
苦手な人との
対峙もありますね。

土星は水星の思考や、金星の甘さを断ち切るけれど、海王星の宇宙意識に寄り添えるなら、あなたの魂のステージを引き上げてくれる作用としてしか働かないでしょう。

世間からみて
苦労と呼ばれる
体験をしていたとします。

あなた自身が
どこに視点を置いて
相手と関わるかでは
大きく変わってきますね。

何事も受け身だと辛いけれど
積極的な受け身だと
苦労を感じても
その中に喜びを見つけられることができますね。


例えれば、介護など。

親の弱りように
やさしい気持ちにもなれば
情けなく見えてくるときもあるのが現実でしょう。

見ようによっては
可愛くて
見ようによっては
山姥で。(・∀・)

月はそんな環境の中で
家出したい気持ちにもなりますね。

家族を部族としたら
部族によってのカラーがあり
伝統的な生活スタイルがります。

それはどちらかというと
単一的でツマラナイものだし
次の次元の
入り口を見けてしまったら
別のカラーを持ち込みたくなるでしょう。

家族単位での関わりは
違う部族からやってきた者が
混ざっているのだから
どこの家庭でも嫁が反乱者です。


でも嫁は、別次元の入り口を見つけてしまったのだから、家の中が色せていくのを見るしかないのだけれど、それが変化の予兆です。

別の関係性で現れるか
これが仕事で現れるか、です。

一ヶ月単位でのプチ変容タイムは過ぎたけれど、月単位ではまだ続いてますね。

後、2週間くらいは続きますが、皆さんはどのような体験をされているでしょうか。

過去のエネルギーで未来を創っていくことができないように、落胆し、手放し、方向転換することで次の新月へと向かう準備を整えていく小さな節目に、わたしたちはいます。


わたしたちはついつい
過去があまりにも鮮明で
慣れているから
安心安全に感じてしまいますが
過去のエネルギーを
大切に持ち続けていると
豊かな未来は創らないし
新月も迎えられませんね。

お願い事をするだけが
新月ではないこと

新とつくくらいなのだから
捨てることが必要なことを
知ってくださいね。

蟹座の月

わかりやすいように
蟹座の月を
嫁に見立てて書きましたが
わたしの体験も書いておきます。

あなたの月を考える
参考になさってください。

アカシックの後のヒーリング中に
なぜか急に涙があふれてきました。

理由を探すと
娘が精神的に自立したから、でした。

この意味は不明かもしれませんが
このメッセージは
無意識からやってきました。

わたしの娘は13歳
自立心が旺盛な子です。

思春期にさしかかっていますが
反抗期というほどのものはなく
まだまだ幼さがありますが
このメッセージには
ここ最近の
娘の言動、全て結びつきました。


この後に
やってきた感情は
夫と二人になる落胆さでした。笑

もう誰かのために励む必要が
なくなる落胆さ。

別次元に行かれたら
オーラで交わってはいても
意識のベクトルは一方通行になります。

わたしには大きい息子が二人いて、子供とサヨナラする体験は初めてではないし、わたし自身、ドライな親子関係を好むにも関わらず、今回はこのタイミングでこのような落胆さを体験しました。

わたしと夫は同次元で
弾みのない空気の中で
静かに暮らしていくのかと思うと、複雑な気持ちになりましたよ。(・∀・)

こうやってわたしたちは
少しずつ意識の変化を迎え
それぞれが
それぞれの階段を登り
進化成長していくだと思います。

落胆して見つけた
わたしの別次元の入り口は
人生は50代からだー✊の
新しい活動を
モリモリやっていきまーす!


では豊かな週末をお過ごしください。


Instagram