背水の陣で挑む山羊座の新月


皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。

お誕生日の方おめでとうございます。

アセンダント牡牛座
ルーラーの金星・MCと合

ここ最近のチャートは、ずっと金星がリードしていますね。

今回の新月も MC と合

目的到達と詠むのではなく、社会のポジション獲得のために環境に自分を押し出していくエネルギーです。

社会に押し出していくためには、自分の価値を知ってもらわなければなりません。

私はどのような才能を持っていて、社会貢献できるのか。これをアプローチしないことには、自分の存在を環境に押し出していくことはできませんね。

仕事でなくても、パートナーシップを結ぶ場合も同じく。わたしは何を提供し、どのように貢献できる人なのか、です。


前回の星詠みにも書きました、普通では興味を持ってもらえません。

相手の想像を破る何か(天王星)

わたしの自己価値と、他者の価値観の違いはあって当然だし(金星・天王星スクエア)ここを、わたしのセンスを使って、どのようなスタイルで表現するかでしょう。

何度も書きますが、起業家限定での話ではなく、対人関係すべてにあてはまります。

自分の2〜3年後の姿
その時
わたしは笑顔で生きているのか否か

未来に有効な価値観を作っていくプロセスにあります。

山羊座の新月

新月サビアンは、カヌーを漕ぎ戦争の踊りを踊っているインディアン

インディアンを会社とすれば、社員一丸となって戦闘態勢を取ることを示しています。

山羊座は実利を求めるサインなので、ここでは精神性よりも、実際の利益を得るための挑戦、 戦闘的な背水の陣 を示します。

新月は8ハウス
力の争奪戦ですね。

背水の陣とは、退路を断つことです。

もう後戻りができないように自ら退路を断ちし、逃げられない状況に追い込むことで向かっていくしかない状況を作り出し、自分の能力を最大限に伸ばしていことうとするスタンスを示します。

昔の侍は自ら退路を断ち、戦場へと向かっていきました。

でないと勝てないのです。

逃げ場があると、心に隙間ができてしまいます。


現代で例えるなら、高額ビジネスセミナーの自己啓発によって、死に物狂いで売上を伸ばそうとする姿勢でしょうか。

社会という激流の中、カヌーがひっくり返らないように、オールを一生懸命にこぎまくる姿。

これを文字で読む多くの女性は、軽蔑を含んだ冷ややかな感想を持たれるかもしれませんが、資本主義社会のピラミッド構造の中で働く多くのサラリーマン、世の多くの夫たちは、日々このような心境で仕事をされているのではないでしょうか 。

私自身も今年はビジネス講座にいくつか通いましたが、高額になるほどこのムードが顕著でした。

多額な借金を抱えてまで受講し、学びながら並行してクライアントを抱え躍起になってオールを漕ぐ受講生の方もいました。

退路を断つ人ほど熱量が半端ないので当然、大きな結果を出されていくし、男性エネルギーに満ちているビジネス社会では、これぐらいのパワーがないとこれまでの自分超えをした、売り上げは伸びていかないのでしょう。

8ハウスは、食うか食われるか、です。

直接、襲いかかられなくても、力のない者は消えていく。これが現実だし、会社という組織に守られ依存していれば、この力は奪われ続けていきます。(夫や親への依存も同じく)

自分では気づかないまま、知らないままで喰われかけていても他者は何も言わないし、余計な親切心や交流を今の時代では、パワハラやモラハラと言われ突っぱねられたりもしますね。

私的な意見ですが、この8ハウス的な本音の交流なくして、知りたかった本当の事実を他者から教えてもらえる場所は他にないと思います。

聞きたくなかった闇内容、知りたくなかった影の部分(他者や自分も含めて)、全ては陰陽法則で成り立っているのだから光の一面しか持とうとしない、見せない、求めない人は裏の支えがないので薄っぺらく、結局は自分の力を持つことも、光の方向へと向かうことも不可能でしょう。

新月は天王星トラインで、現代では目には見えないネット世界でこの戦闘は繰り広げられているし、時代のニーズに合わないままでいると、起業家は自ら転覆という運命を辿ります。

山羊座社会では、本物だから生き残れるというものではなく、素晴らしい技術を持つ昔気質の職人さんたちは厳しい現実体験をされています。天王星が示すように、時代の流れに沿ってイメージ刷新し続ける必要があし、真面目にコツコツ励むスタンスも、本来の自分の歩む道とズレていたら成果はでません。

時代がどれほど変わろうとも、社会は戦場であることには変わりはなく、これは宇宙法則から見ても未来永劫の法則であり、真実でしょう。

蠍座の火星

6ハウス蠍座の火星

社会で通用する自分になるための下積みの力、奥底に眠る強い意志を引っ張り出し、自己訓練に励む火星力を身につけたいときですね。

今の自分にはない力を他者から借りて、ピン立ちを目指すのはもちろんのこと、自分に力がなければ転覆しかけているボート(同業者やクライアント)を救命することはできないし、家族も守ることはできません。

そして何より未来の希望へとつながる、共鳴しあうネットワークの網目も張れませんね。

ワクワクしながら
好きを仕事に
自由に生きる

喚起させるフレーズは山程あるけれど、結局はまず自分の足でしっかりと戦場に立てる力がなければどれも実現不可能で、趣味の延長で楽しむ範囲に留めるのか、それとも社会の荒波に出て、一社会人として貢献していくかの分かれ目にいます。

新月は、木星に保護されていて豊かです。

何もわざわざ戦場に立つ必要はないし、選択しない選択もあります。

ただ、わたしの太陽を生きると決意したなら、どのサインのプロセスも必要で不要なものなど何一つありません。これが仕事なのか、家庭なのか、職場での対人関係かの違いがあるだけでしょう。

どの関係性においても刷新し続けられないと、ただ食べて寝るだけの暮らしの中で相手への期待ばかりが膨らみ、不満ばかりを言うか、常に折り合いを見つけて何一つ達成感を得られないまま、幸せだと思い込もうとする人生になります。

幸せは、自分の内側から自然と湧いてくる感情体験です。抑えようとしても抑えきれない、あふれてくる思い。感謝と同じですね。あなたの感じている幸せや豊かさは、抑えても抑えきれないほど、湧き水の如く溢れてくる体験でしょうか。

挑戦のない人生は、傷つくことも失敗もないけれど、それと同じように、喜びも成功体験もないということです。

今回はなかなか厳しい新月でした。

女性でも強く美しく生きれる時代になったからこそ、チャレンジしていきたいですね。

では次回は27日に。

Instagram