豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。

お誕生日の方 おめでとうございます♥

今日の宇宙エネルギー


20時48分、牡牛座の新月を迎えます。

サビアンは
大きく手入れの行き届いた公共の公園

収入を得れば税金を払い
その税金で地域が整備されるように
社会的立場や生活を守れる人は
属する場所や地域の発展に貢献しています。

わたしが幸せにならないことには
相手を幸せにできない法則と同じで
幸せになりたいなら
まず、わたしを愛し、暮らしを
安定させないと不可能でしょう。

あなたの求める幸せとは
何を確保すれば、幸せと感じ
暮らしそのものが安定するのでしょうか。

お金があれば
確かに暮らしは安定するけれど
心が幸せを感じられるかどうかといえば
また別の話しで
お金が不足しているのに
愛さえあればいいとのとも違う。

木星がオポジションであるように
ある程度の経済力を持ち

喜びや悲しみを自分と同じように
共有できる人がいれば
幸せを
感じ続けながら
生きていけるのではないでしょうか。

他者には決して見せられない
わたしの影の部分を見せても

受け入れて許し、抱いてくれる人。

このようなパートナーを求めるのであれば
あなたも、相手のどの部分を見ても
受け入れて許し、抱き
自分のことのように考えられる
キャパを持たないと

願いが実現することはないでしょう。

新月に冥王星はトラインで
太陽という目的意識が
ハッキリしているなら粘り強く取り組める。

だからこそ新月の願いは
わたしの幸せ基準が何なのか
不足も過剰さもない
平凡で常識的に人生全体が整う
永続的な幸せを願いましょう。

金星サビアンは、森の中の冬霜

トランジットは地のサイン優勢で
現状は悪く感じるかもしれない。

嫌いを知らないと
好きがわからないのと同じで
自分が好ましく思えない現状は
自分が何が欲しいのか
何を求めているのかを
明確にしてくれるときでもあるのです。

天王星は牡牛座に入り
水星とコンジャクション。

これまでの価値観を壊して
7年サイクルの
新しい時代を生きる流れに入りました。

東日本大震災の3.11以降
わたしを生きる意識が芽生え
アイデンティティを確立してきたわたしたち。

これまでは
わたし自身が何者か
自分の扱えい方もよくわからなくて
わからないからこそ
頭だけでいろんなことを描いてもきました。

優しい癒しだけの
スピリチュアルもそろそろ終わり
長年続いてきた社会システムが
次々に崩壊されていく今だからこそ
現実的な視点を持ち
等身大の幸せを求め
見つけられるのではないでしょうか。

16日から人生を切り開く火星が
半年間ほど水瓶座に滞在します。

水瓶座の副ルーラーである土星は
山羊座にあり
今後30年間の土台作りに励もうと
時間の神であるクロノスは諭し

老賢者の兄であるウラノスは
肉体に備わる資質を使って
地上で現実的に生きていくよう
銀河からヒラメキという
メツセージを送っています。

わたしたちが求める幸せは天にはなく
日々の暮らしの中にしかありません。

天と地はつながって
反映しあっているけれど
天だけを仰ぎ願い続けても
欲しいものを獲得できないでしょう。

肉体に備わっている資質とは
先祖や民族から代々受け継いだものを
わたしの内側から
開発していくということです。

ここでは肉体に閉じ込められた
限定の枠内からの
掘り起こし作業なので
夢を描けないかもしれませんが
これが今後7年間の
人生改革テーマの
題材なのです。

これまでの愛やお金に対する価値観も
時代と共に大きく変わっていくときですが
ただ、いつの時代も女は男と生き
男と女は、仲間と共に生き
働いて食べて、生活全体を
豊かにすることだけを願って生きてきました。

実は何も変わっていない。

時代と共に入手方法が
変わるということだけでしょう。

 

牡牛座の新月の願いトビックです。
満月の10/25に開示します。
書き込みしてくださいませませね♫

 

21時から新月ミーテイング。
今夜は意識のお話をします。

 


本日からスタート♥

夜、眠る前に聴いてもらうよう
ささやき声で収録いたしました。(どんなだ)

最初の出だしが超ヨソイキ声です。
笑わないでくださいまし。

朝はブログを
昼間はインスタ
夜はラジオを聴いてお眠りくださいませませ。

アップ時間は新月時間の
20時48分にアップします。

またこのページに戻ってきてください。
面倒な方は明日に〜✋

1週間に2度の配信予定です。

 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。