太陽を生きるブログ

皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。

お誕生日の方 おめでとうございます♥

月は天秤座に
土星・冥王星・火星とTスクエア。

水星は水瓶座に入り
太陽の使者となって力を発揮します。

 

これからの生き方や仕事を考えたとき
権力を持つ指導者の言いなりや
他者に合わせ穏便にすますのをやめて
改革手順を考えるときとなりました。

21日の月食から太陽は水瓶座に入り
改革をテーマとして捉えてはいたけれど
細かい輪郭までは捉えられておらず
これからは水星によって
太陽の歩みは速くはなっていくでしょう。

山羊座の土星と冥王星によって
これからの時代に
必要でないものは淘汰されていく中で

権力を持つ者はまだ時間の猶予があること

これから創り上げていく者は
時間をかける必要があること

わたしの骨組みとなる
人生システムを創る必要性を示します。

 

精神論だけではない
現実社会に形として提示できる
わたしを示す何か、が必要なのです。

 

社会生活は
組織を示す山羊座と
フリースタイルの水瓶座とあり
多くの人は
自由をイメージさせる水瓶座に憧れるけれど
ここには何の保証もなく
信じるのは宇宙と自分への信頼だけ。

この信頼によって
わたしの人生を自己創造し
形にできたとき
山羊座社会に居場所を獲得できるのです。

わかりやすく例えると

お金儲けします、と結果を考えて(山羊座)
水瓶座を生きても不可能だということです。

 

精神論だけではない
現実社会に形として提示できる
わたしを示す何かを持ち

宇宙と一体となり遊んでいたら
結果、山羊座社会に居場所ができてた(・∀・)

そんな感じです。

 

文字にすると
オカシナ表記になってしまうのですが
自由を求めた時点で自由でなくなる

ということです。

 

サイン移行は否定から始まるので
山羊座社会で絶対に生きていたくない
・・・・
じゃそのためには自分は何に励むんだ?

からスタートしたほうが
宇宙の流れには沿っているということです。

 

 

太陽サビアンは
ミステリー劇の演技者

宇宙意識を持てるようになると
自我にこだわらなくなります。

 

仕事に例えると
いくら水瓶座世界に憧れたとしても
生きていくためには食べていかねばなりません。

それには山羊座の社会生活で働き
与えられた役割をこなす必要があるわけです。

 

その役割をあたかも役者のように
なりきってこなすことで
誰も自分に邪魔してこないことが知れます。

事務職なら事務職の仮面をかぶり
販売員なら販売員の仮面をかぶり
その役割に徹する。

 

主婦なら
昼間は韓ドラ見て
これが自分の生きる世界だと痛感しても
夫や子供が帰ってきたら
主婦の仮面をかぶり家事に勤しむことで
ケンカは起きず
心は平和でわたしの世界を邪魔されなくてすみます。

ここで仮面をかぶらずに
「韓ドラのように激しく愛して!」と
求めたところで摩擦を生み
現実生活では落胆しかないでしょう。

 

仮面をかぶるのは
ある意味ミステリーですが
自我に埋没することなく
今、求められていること
今、やるべきことを知る、宇宙目線を得られるのです。

 

 

ZOZOTOWNのZOZOは
創造と創造の造をくっつたけものらしいです。

映像でお顔を拝見したとき
飄々とした表情の中に
太陽の示す
創造力の笑みが含まれていたように思います。

素直に楽しそう

でも感情は揺れてない。

若かりし頃の写真も
紹介されていましたが目が今と同じでした。

権力を握れたから
そうなったのではないということですね。

 

創造世界の中で宇宙目線を持って
遊びながら生きてこられたから
結果的に山羊座に君臨できた、そんな感じですね。

月に行くのも納得。

 

わたしたちも自分の創造する世界で
想像しながら今日も生きましょう♫

 

 

Instagram