太陽を生きるブログ

皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。

過去記事をリライトして贈ります。

 

光を放って生きよう


(2016年10月4日)

絶対に私は幸せになる!
という思い込みの強さと
自分への期待は持ち続けて下さい。

 

真面目に考えるほどうまくいかないのです。

どんどん深刻になるし
自己卑下するし
アラ捜しするし。

アホにならなきゃね!

 

わたしがわたしとして
光を放って生きるとイメージし
堂々とするほど光が増します。

ただ、ドヤ顔になるのには気をつけてください。(・∀・)

 

実践力ありきだけど
日常生活ので研磨された
わたしだけの輝きは、全く外部の影響を受けなくなります。

未来永劫、輝き続ける
あなたでいてくださいネ

 

 

愛さないと愛してもらえないよ


(2016年10月5日)

断ち切れない思いに縛られてしまうのは
他の誰でもない
あなた自身が縛っていることに気づきましょう。

 

スピでよく言われる手放し。

この瞬間に手放せばいいだけなんだけど
エゴが強くてそう簡単にはいかないから
皆、苦労しているのです。

 

行きつくところまでいけば
後は笑うしかなく
そこまでに辿り着く時間は必要。

もがきが深いほど
新しい世界へと旅立てるけれど
底辺にとどまり続けていると
顔がすっかりと変わってしまうので
ドライな自己観察は忘れないでくださいね。

愛されたいなら
日々関わる人を、あなたから愛してくださいね。

好きになってくれたから
好きになるのは打算で自己防衛です。

 

過去にどのような経験をしていたとしても
積極的に愛さないと
どの愛は大きく膨らんでいかないのです。

 

変わりたいときほど昼寝しよう


(2016年10月6日)

わたしたちの可能性は無限大。

ただし潜在意識を活用できればの話し。

 

宇宙の流れに敏感になるためにも
お昼寝や瞑想はおすすめです。

眠りは、潜在意識へのアクセス。

思考ゼロの中に入り
何をつかんで浮上するかです。

 

人生をブレイクさせるには


(2016年10月7日)

これ以上ない挫折を味わうのは
人生ブレイクの前兆です。

上がれば下がる
下がれば上がるの法則で
沈みが深い分だけ上がるときも上がる。

ただし、自分超えできた人だけです。

 

挫折して消極的に時の運を待っても
訪れるのはショボいウエーブで
かすっていることもわからないレベでしょう。

ブレることなく
信じていることをやり続ける実践力

これが人生の加速力を増し
自分超えできたときが
人生のジャンプ台になるのです。

 

本当は、あなたはどこにでも行けるのです。

行けないのは
あなたが自分を拘束しているからで
行かないほうが安心できるからでしょう。

 

運気上昇も下降もどちらも同じ


(2016年10月8日)

誰でも挫折は経験したくないし
人間関係でも傷つきたくはありませんね。

運気の上がる前は一旦沈みます。

沈むと上がる。上がると下がる。
人生もこの繰り返し。

 

人の成果が目につき凹んでも
今、悲しい体験をしていても
喜びを感じつつけていても
そのどれもが魂の進化の螺旋階段
人生リズムのひとコマにしかすぎないのです。

 

未来永劫続くのは、宇宙の法則だけで
わたしたちには
人を愛した感覚だけが残ります。

それも相手が死なないと
愛を知れない愚か者なのです。

 

わたしたちは、その愛を地球で探して
愛し方を一生懸命探して
自分の内側を
そして魂を育てているんじゃないでしょうか。

 

ヒビ入れないとわからない


(2016年10月9 日)

人と関わるとき
ついつい相手の言動に意識が
集中してしまいがちだけれど
他者の中にいる自分を分析してみましょうか。

わたしは、どのような立ち位置にいて
相手の期待に応えられる自分がいるのかを。

 

人間関係の摩擦を多くの人は嫌うけれど
ビビ入れて壊さないと
心がくっつくこともなく離れることもなく
害もなければメリットない関係が続くことになるのです。

 

メリットの有る無しを
いやらしい感覚で捉えるのではなく

メリットを与えられないというのは
わたしという存在を通して対価交換できていない

輝かしい金星を
磨いていないわたしがいるということです。

 

戦う相手は常に自分


(2016年10月10日)

勝ち負けではないよ、と言いつつも
負けたくない思いが活力となるのは確か。

競争は悪いものではなく
能力を最大限に引き出す作用です。

 

最終の勝ち負けを決めるのは
メンタルの強さで、結局のところ
相手がいても戦う相手は常に自分なのです。

 

わたしの太陽を生きるということは
自分の思うままに
好き勝手なことをして生きるのではなく

太陽が昇ると共に
わたしの太陽を生きる決断と勇気を持って
毎日、地道に実践し続けていく中で
ワクワクと震える自分と出会うのです。

 

月は厄介


(2016年10月11日)

わたしたちは心という厄介でもあり
素晴らしいセンサーを持って生きています。

最終的に頼りになるのは、心
ハートがどう感じるかです。

 

この心は実に厄介で
放置プレイしておくと悲しみにしか
向かわないようになっています。

そして、とても臆病者。

怖くても手を出さなければ
欲しいものは手に入らないし
異質なものと打ち解けることが、未来を開くカギとなるのが人生です。

 

未知のものを取り入れる
恐れを克服できたなら
月は強気になって
太陽も更に燃えてくれるのです。

 

現状打破のチャンス


(2016年10月12日)

自分にない考え
これまでない手段にチャレンジできるなら
現状から抜けられますね。

これが成功するか失敗に終わるかは
結局のところ自己信頼の強弱でしょう。

 

要は失敗と認めない。

まだプロセスの通過中だと受け取り
あきらめずに続けられる人だけが
成功を収めるのだと思います。

 

この成功モデル

大きく描きすぎると
いつまでも到達できないし
自己否定を繰り返し疲弊するだけなので
そもそもこのイメージから疑うようにしてくださいね。

 

他者は自分より幸せに見えて
すべてを持っているように見えます。

けれど、近づいてみると皆おなじ
そう大差ないことを知れるようになります。

避けたくなるタイプの人を
ウェルカムして過ごしてみてください。

気に入らない人ほど
わたしのキーマンになることが多いのです。

 

癒しはオトコで


(2016年10月14日)

何かを失うとスペースができるし
何かを得ると
見えない負の要素を引き受ける覚悟がいります。

でも踏ん張れないときもあるし
弱音を吐きたいときもある。

誰でも何歳になっても
満たされない寂しい思いを抱えて生きているものです。

その穴埋めを
一人の相手にすべて求めるのではなくて

オトコとおバカなじゃれ合いをしながら
チャイルドのわたしを満たすのが
一番の癒やしだし
結局のところまた大人のわたしになって
踏ん張れると思うのです。

 

これをお金払って
ヒーラーに癒やしてもらうのは
オンナとしてはショボい。(・∀・)

男女の関係で満たすのが早いし
深い満足を得られるんじゃないでしょうか。

 

自立の第一歩


(2016年10月15日)

失うものが大きいほど
次に入ってくるものも大きなものとなります。

そのためにはいつでも心は自由
フリーな状態に自分を置いておくといいですね。

目の前のことだけに没頭できるのは
わたしの太陽を生きている証拠だし
エネルギー的にみても良い兆候でしょう。

 

気が大きくなったり
考えがコロコロ変わっても全て一時的なこと。

あなたの中にある可能性だけを
大切に温め育てていればいいのです。

 

反抗心、離反は、自立の第一歩だし
誘惑に負けない
社会の集団の流れにも屈しない強さは持っておいたほうがいい。

ただこの反抗心

エゴのバケモノなのか
わたしを貫くスタンスなのかは
きちんと見分けておいてください。

でないと、付き合う人は固定され
わたしを取り囲む世界は
何一つ変わっていきませんから。

 

自分で自分を認めていれば
目的を持って生きないとと焦る必要もないし
自分以外の何者かになるために頑張る必要もない。

人や環境に左右されない自分を持ち
そして集団社会の中で
人と共に生きていけるわたし

これが自立です。

 

気にいらない言葉


(2016年10月16日)

相手の言葉で気にいらないのは
心が引っかかる以上
あなたにとっては真実です。

自分が傷つく必要はないし
気に入らないからと
相手を跳ねのけるのも違う。

相手はそう見ているんだ
ああ、そうなんだと
一旦そのまま受け止めて認めること。

この後、感情を動かさない。

この小さな積み重ねが
あなたの知性の積み重ねとなり
宇宙を味方にできるようになります。

ぜひ実行なさってくださいね。

太陽の光


(2016年10月17日)

太陽の光は
わたしたちに希望を与えてくれるし
すべてを明るみにする作用もあります。

人に言えないような関係は清算し
暗い場所にいる自分を
陽のあたる場所へと立たせてあげてくださいね。

ビタミンも生成されますしね。(・∀・)

 

わたしが望むものは
誰かにしてもらうことを望み続けるのではなく
自分が自分にしてあげればいいのです。

 

 

Instagram

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。