太陽を生きるブログ

皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。
お誕生日の方 おめでとうございます♥

月は蠍座に
天王星とオポジション。

満月で知ったわたしの恐れや執着心。

それが天王星によって破壊され
書き換えできればいいですね。

 

天王星の崩壊は一部分の崩壊
それによるリニューアル

全壊は冥王星で力をつければ再生できます。

 

小さな変化とは
例えトラブルだったとしても
意識の世界では改革に向けた
崩壊が起きているということです。

良き兆候なので
自己責任としてすべて受け止めれば
プチ自立心を養えるのだと思います。

 

太陽サビアンは
アヒルの池とそれが育む子供たち

冥王星とスクエア。

 

自分が自分に帰るには
これまで依存していたものを
すべてを断ち切らないといけないし

それは、これまで体験したことのない
孤立無援な孤独とセットで
未来の發展を途絶えられたような
とてもつまらない自分を感じたりします。

 

意欲に燃え、大海原を泳ぐ
イルカを想像していた牡羊座は
生家の近くにある池で泳ぐアヒルだった自分に気づくのです。

この体験をするのは
あなたが自分を見間違い
負荷をかけすぎていたからで
ここだけを読めば、落胆かもしれない。

 

でもこの落胆がないと
等身大の自分を知れないし
明日からの牡牛座が示す、自分の資質を
開拓し磨くことはできないのですね。

 

どの体験もすべてプロセスで
成長に必要な体験です。

 

情報社会の落とし穴は、脳内のバーチャルで等身大の自分を超えたわたしを描き、下手な野心が加わると、エゴだけを肥大化させた結果、自分にもなりきれないということにもなってしまうでしょう。

可能性は誰にでもある。

ただ、その可能性は
今の自分に見合っているかです。

 

可能性を現実にするには
池で泳ぐ自分を認め
その場で愛を感じる感覚がないと
可能性と書いた紙を
むしゃむしゃと食べ続けるようなものでしょう。

 

金星も魚座の29度

これまでの愛やお金にまつわるもの
すべてを許し開放を促されます。

 

牡羊座が自分への帰着なら
魚座は魂の帰還

このスケールの違いを自分なりに位置付けしてみてください。先に太陽が体験した牡羊座プロセスを、これから再び金星でなぞっていく日々をわたしたちは過ごします。

 

太陽は自分の決意なり目的を抱き

金星は
感覚として受け取り、磨き
わたしの才能へと光らせていきます。

 

太陽が王様なら
金星は王様を楽しませる美貌のようなもの。
ホホホ(・∀・)

わたしの太陽を生きる
そのクオリティーは金星と水星によって決まります。

 

本日もわたしの太陽を生きるために
崩壊して、手放し
磨いて、人と話して過ごしましょう。

 

ではまた明日✋

 

 

Instagram