豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。

お誕生日の方 おめでとうございます♥

今日の宇宙エネルギー


新月サビアンは
木の高いところにある巣の中の3羽の雛

情報や価値観を整理することで
新しい生き方が見えてきます。

水瓶座の火星
牡牛座の天王星につながる
これからの時代を生きる
わたしの新システム作り。

新月に海王星スクエア

わたしたちは毎日
膨大な情報にさらされていて
好奇心で情報を追いかけ
刺激を受け続けていると
知らず知らず人生の迷子になっていきます。

未来の不安を少しでも減らそうと
勉強したり資格取得に励んでも
現場での実践を積まなければ
学びが生かされることはなく
記憶したことも忘れてしまうでしょう。

新しい学びは
生活に新鮮さを運び
新しいわたしを想像できても
技術にしたり仕事にするには
また別の分野での活動が必要なのです。

学びを次につなげていくには
わたしの中で大切なもの
優先順位をつけていないと
活動のメリハリはつけられないし
人生に生かされることはありません。

双子座は
テストの点数で合否が決まるように
競争原理が働くサバイバル世界です。

思いっきり無理をして脳の限界まで酷使し
その反動で休むことを知り
陰陽の両極を体験した後だからこそわかる
わたしの大切なもの、優先順位。

今回の新月サビアンは
今後の人生の充実をはかるポイントです。

海王星は
どこまでも夢を広げてきますが
ただやみくもに可能性だけを追いかけ
幻想に酔っていては
また次に現れる新情報に
惑わされ続けるとになるでしょう。

充実した海王星の夢を見るには
仕事が一番の遊びと言い切れる奉仕精神に
家庭が一番のドリームランドと
言い切れる育成力が持てれば
人生はディズニーランドのような
夢のような世界になるのではないでしょうか。

金星サビアンは、アメリカ革命の娘

これまでわたしの居た場所を
良いも悪いも含めて
全体に眺められるようになれば
次の世界に向かう時が訪れたことを自覚します。

金星は、蟹座の最終度数で
新月を迎えた後にすぐ獅子座に入り
天王星とスクエア
土星とはインコンジャンクション。

わたしの好きを表現すれば
世界も対人関係も入れ替わるし
現実への足がかりは
そう簡単には見つけられないでしょう。

ホロスコープの中心である
太陽の一足先を行く金星は

わたしの自己価値を認め
磨き続けた後
他者と生きる中で
互いの存在を認めながら
価値交換をしながら生きること。

社会生活は、そこからが始まりです。

太陽を獲得して
輝き続けて生きるには

わたしという存在をありのまま
生かさないことには
人生改革は不可能で
今後の優先順位を決めて
取り組むことが示されているのです。

 

新月の願いトピックです。
検証として、11/23開示します。

https://kyotoagnih.com/forums/topic/6-14-twin/

 

 

 

ニュースレター再開してます。

リアル対面でお話しているように
そんなイメージで書いていこうと思います。
よろしければ登録してください。
下に登録フォームあります。

 

アグニレクのお知らせ

6月17日(日) 春日大社原生林
https://www.instagram.com/p/Bj7RjkrF40D/?taken-by=kyotoagnih0121

7月8日(日) 京都高瀬川でのlunch会
https://www.instagram.com/p/BjI-PQRAtho/?taken-by=kyoto_agnih

当日の思い立ったご参加OK
お待ちしております!

 

アフタヌーンティーをいただきながら
意識のお話を中心に
現実法則を交えながら
愛とお金の話をお伝えします。

ニューヨークラウンジ@ストリングスホテル名古屋
http://www.strings-hotel.jp/nagoya/recommend/restaurant/newyork/3239.html

お話の日程は、7/28
水星逆行中の水瓶座の満月
しかも月食
今年の2/16 の願いの受け取り日です。

 

本日、満席となりました。
ありがとうございます。

今回は18名の宇宙家族と対面し
エネルギー交換をしてきます。

次回は、あなたの住む街に
出向いていこうと考えています。

どうぞ、テレパシーをキャッチしてくださいませね。

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。