太陽を生きるブログ

皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。
お誕生日の方 おめでとうございます♥

 

月は双子座に、火星と合。

サバイバルするなら
コミュニケーションが必要で
テリトリー超えていくぐらいの勢いでないと、わたしの意見や考えは何も伝わらないでしょう。

 

ケンカもたまにはいいかもですね。

 

やさしいだけがトラインだとしたら
ここには現状維持の力しか働きません。

いつも同じ
変わらない安心感はあるけれど
もしそれに退屈しているなら
テリトリー超えをしてみましょうか。

 

いつもとは違う意見や
わたしの別の一面を見せるなどしして
活性化すればいいし
対立すればしたで
そこからの学びはあるでしょう。

 

わたしたちはつい
いい子ちゃんでいようとするから
自分の意見は言えないし
どう生きればいいかもわからなくなってしまいます。

わたしの太陽を生きるにも
火星が動いてくれないと
プレゼンできないし輝けない。

 

自分の人生を自分の力で
切り開いてく力と勇気を
あなたは持っているでしょうか。

 

火星の攻撃力も
守りのスタンスでもあること

そんなところを意識してみてくださいね。

 

太陽サビアンは午後から
冬に鳥に餌をやる若い少女

 

昨日の魔法の絨毯で
自分にハッパをかけたのは
自分の力で火(情熱や意欲)を
復活させることが目的でした。

 

外は厳しい寒さでも(環境)
鳥にエサをやり(可能性を育てる)
自分一人で自発的にできるのです。

 

職場や嫌だ、上司が嫌だ
〇〇さんがどうした
〇〇さんがこう言った

時間がない
お金がないという言い訳は
すべてはわたしの外側の出来事です。

 

環境を原因にしていると
万全に整う日など永遠に訪れないし
いつまでたっても
わたしの可能性は育たないでしょう。

例えば
何かを始めたとします。

 

最初は新鮮だから意欲も満々

日にちが経過すると
フェードアウトしていきますね。

忘れていなくても
いつかは、いずれはと思い
ズルズルと先延ばしにしてしまう人が多いでしょう。

 

ある日
輝いて生きている人を見たときに( ゚д゚)ハッ!として
慌ててまた取り組もうとしたりしますね。

これは自分で
内面の火を燃やせなかったからで

輝いている人は
何の変化もない冬に
自分の可能性を育てていたから輝いているのです。

 

そして
冬にエサを与え続けられる人というのは
春を待ち望んだりはしていません。

春が訪れても
夏も秋もずっと同じように
エサを与え続けるだけなので
気持ちが環境に持っていかれないのです。

 

継続は力なり。

 

コツコツと励み続けていれば
わたしの可能性は育っていきます。

どう育ちどんな花が開くかはわからないけれど、可能性を育てていないと花が咲くことはないし、あなたの花はプログレスやトランジットのタイミングで咲くのでしょう。

 

今日もコツコツと
わたしの可能性にエサをやり続けましょうネ。

 

ではまた明日✋

 

 

Instagram

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。