牡羊座の満月。魂の故郷へ帰還した人と月の合わせ鏡


こんにちは! 
京都アグニの金子元美です。

本日がお誕生日の方、おめでとうございます。

10/2満月から6日までの、人生を加速させる宇宙エネルギーの流れをお届けします。

満月詠み


今回の満月は牡羊座です。
(ハウスは12と6)

社会現象から当てはめてみれば、魂の故郷へ帰還した人と自分の月を合わせ鏡にして満月に思いを馳せるのでしょうか。


天秤座の太陽と牡羊座の月

私とあなた
あなたと私


この合わせ鏡は、無意識の領域で行われます。私とあなたは決して距離を縮めることのできない遠い遠い存在にあるけれど、だからこそ同じ課題を共有し一つに繋がれるのかもしれません。故人を想いながら自分の魂への帰還。


中秋の名月共に心の世界に思いを馳せ、あなたの月は何を感じてどのような受け取りをされるのでしょうか。


この意図、原因は半年前の4/8にありました,

ご自分の状況に当てはめて回帰してみてくださいね。

三次元的なリーディングをするなら、まだ何者にもなれていない私を実感するときなのかもしれません。


精神と経済の自立を果たすために意欲は満ちてはいるものの、まだ本当の私を見つけられないまま疑心暗鬼に進んでいる感じでしょうか。日々のルーティンをこなしながらも、自信喪失にも襲われやすいでしょう。

そんな気持ちになるのも結果が見えてこないからですね。

天秤座の太陽期は、その他大勢の人たちの価値観の中に混じって私の存在価値を知ることがテーマです。なので結果や、確かな手応えを感じられるのははまだ少し先です。気長に進んでいきましょう。

満月では、太陽(未来)をサポートしてくれる月(過去)を私は持っているか否かのを確認しながら、悲しみの中に居続けないようにされてくださいね。

亡き人に思いを重ねるなら、鎮魂行為としてフォーカスされるようにしてください。

月は牡羊座から双子座へ


月は牡羊座から双子座へ

このサインはすべて無自覚に自分に集中します。

直感から感覚へ、そしてインスピレーションを使って宇宙エネルギーを受け取ります。

私は何者なのか
私は何ができるのか
私は何を考えるのか。

無自覚に自分に集中するサインなので、意図を持って行動するというよりは何となく流れに任せてただ過ごす、といった感じが近いでしょう。

次回のブログ更新時に、何となく心の着地感を得られたのなら、月の動きとリンクしていることになりますね。

もし、自覚を持ったまま意志通りに進んでいるのなら、それは強いエゴによる働きによるものなので宇宙エネルギーの取りこぼしが多くなるかもしれません。

この期間は何も考えずに、ただボーッと過ごすことでナチュラルに新しい自我が育っていくでしょう。

金星乙女座Ingress


金星は獅子座から乙女座へ

外へと向かっていた愛とお金のエネルギーが内側へと向かいます。

あなたの求める愛とお金を手に入れるには、柔軟に現状を受け入れ他者や環境からのリクエストに応える必要があります。プレゼンして手に入る時期ではありません。影からのサポート、二番手に徹することであなたの金星が輝き、太陽天秤座へとバトンが渡されやすいでょう。


仕事で例えると、与えられた仕事をリクエスト通りに丁寧にこなしていれば、自然と口コミしてもらえるようなものですね。新規集客に意識を向けるほど、新規の方だけでなく今繋がっている人にまでソッポ向かれてしまい、作業のすべてが骨折り損となるでしょう。

乙女座の反対サインは魚座なので、意識だけは拡大しておいてください。(魂の自由を感じ続ける)

誰が見ていなくても、知られずとも、自分の魂が穢れるような思考や行いはしないことです。

〇〇していれば良いだろうといった、見返りの気持ちもタブーです。誰に知られなくても、私自身と宇宙は知っています。正しい魂の行いを、日常生活と仕事に反映されるようにされてください。

未来を示す太陽


前回のブログ

10/2 危険な流れを抜け安全な場所にたどり着いたカヌー
昨日の3人の巨匠によって自分の人生を冷静に、総合的に判断することができれば天秤座の他者評価や意見といった激流に呑み込まれることはなく、安全な場所にたどり着くことができます。(自分にとって必要な情報を取捨選択できるということ)


それと物語や伝記というのは、もともとオーバーに盛られています。(作為的)安全な場所が示しているように、過去にどれほの体験をしていても、誰でも過ぎてしまえば静かな気持ちで今を眺められるようになるものです。

10/3 眼鏡ごしに覗き込んでいる教授
過去の偉人の人生から学び、客観的に自分の人生を眺めたら、私独自の知恵が生まれます。眼鏡ごしに覗き込んでいる教授は、上から目線で教えることで満足しているのか、それとも相手目線で物事を教えられるスペシャリストなのか・・・あなたはそのどちらでしょうか。

年齢を重ねるほどに人生経験が増えますから、話は長くなるし、自分の価値観の押し付けをしやすくなります。私と同様の50代方、気をつけましょうネ(・∀・)

10/4 鉱山から出てくる炭坑夫

眼鏡ごしに覗き込んでいる教授が自分の知っていることすべてを教えたら新しい力が必要になってきます。教授は炭坑夫になって、鉱山に入り探求発掘するのですね。

逆行の火星は未知のものを探しに過去を発掘し、底力を発揮したい人は冥王星スクエアらよって無理を促されたりするでしょう。

個々それぞれの火星と冥王星によって違いますが、そもそも無理しないと油田の発掘(自分の新たな才能は発掘できないし、無理をした分だけ土星で負担がかかるけれど、もし発見できれば牡牛座の天王星が示す、新たな価値観を手にできるでしょう。

※体を使って現場体験したものだけが得られる力です。思考を動かすだけでは得られません。

10/5 しゃぼん玉をふくらませている子供たち

炭鉱夫が新たな才能の発見ができれば、可能性のしゃぼん玉を膨らませます。しゃぼん玉の仮説を立てられるのは創造性を持つ人だけ。創造性を持たないなら、シャボン玉の仮設すら膨らませることはできないでしょう。

見る角度によってキラキラと宝石のような輝きを見せてくれるシャボン玉は、土星と冥王星の土に触れると
一瞬で割れてしまうけれど、私の太陽を生きながら土星の人生の着地点さえ見失わなければ、シャボン玉は消えても火星によって未来の希望という息を自分の太陽に何度も吹き込むことができます。

私の太陽を生きるなら、心を虹色に輝かせながら生きていけるのでしょう。

では次回は10/6に✋
豊かな満月をお過ごしください。


Instagram