気づける人は人生大逆転。獅子座上弦月


皆さま、こんにちは!
京都アグニの金子元美です。

本日がお誕生日の方、おめでとうございます。
上弦月4/20の星詠みをお届けします。

力がいる上弦月


乙女座ルーラ水星8ハウス
ここに4天体が入ります。

前回の調整図と同じで、前回のアセンは乙女座、今回は天秤座。

牡羊座の新月を迎えて2021年スタートした実感をされた方が多いと思いますが、今回の上弦月で大人としての私、社会でどのように見られているかを確かめて調整するタイミングにあります。

8ハウスなので力がいりますね。

今回の上弦の月は冥王星が絡んでいるので、考えられることを下記にピックアップしました。

・過去数十年間単位で蓄積されてきた事柄
・こだわりすぎたゆえの見落とし問題
・自分感覚を無視してきたゆえの事象
・意志だけのゴリ押ししてきた人間摩擦
・金欠(笑)
・愛の価値観変容タイム

8ハウス、そして冥王星が絡んでいるので強い圧力がかかるでしょう。

もし何もナイという方は、ネイタル月相が上弦の月とかけ離れている、または今の人生テーマにない。もしくは、冥王星の深い意識に気づけていない、見たくないから避ける、のどれかかも。

トラサタは深層意識なので、とても深いのです。

脳溢血の月


今回は水のエレメントが強調されているので、月のサビアンから見ていきましょう。

月のサビアン脳溢血

ヨガで言えばクンダリーニの上昇、制御できない駆け上がるエネルギーです。

月10ハウス

社会に心をおいている人はを何かしらの結果や成果への思いが一気に駆け上がってくれば、感じるのは冥王星の底知れない恐れか、思うままに進ませてはもらえない現実の圧力でしょう。

8ハウスからの考察も混ぜると、憎き人との関わりによって一気にには頭に血が昇ることもあるでしょうけれど、ここで受け止めて乗り越えられれば月の器は確実に大きくなりますね。

好きな人とだけの関わり、楽しいことだけの選択に残念ながら成長はありません。

恐れや心の闇といった月の感情から、トラサタの冥王星が示すテーマに気づけるかでしょう。

すでに決まっている


太陽サビアンは清らかな山の小川

山々は私たち一人一人の牡牛座資質の違い(金星)小川の水は脈々と受け継がれる血です。

岩山もあれば草木が生い茂る山もあり、低山も高山もあります。この資質の磨き方や自分の裁量(センス)によって、人生で得られるお金や愛に直結していきます。

私たちは情報を知り自分の可能性を考えたとき、あらゆる方向性を探りますが、ある程度はDNA、生まれ持った資質ですでに決まっているものです。

何度も書いていますが、自分のもっている駒(星)しか使えません。それも環境によって育成されていきます。〇〇を使えば、あなたも願望実現!は、ありえないのです。

この生まれ持った資質を、時代の流を示すトラサタによって、どのように進化させていくかでしょう。

感覚だけが頼り


周波数である水星はコンバスト、太陽コロナの熱で焼かれています。

8ハウスでもあることから、上弦月では思考よりも感覚、フィーリングを優先しながら、調整し捨てるべきものを選択していく必要があるでしょう。

ただ感覚やフィーリングと書くと、自分が心地よく感じるものを選択しがちですが、それは後に大きく化けてくれることはありません。自分が絶対に避けたいもの、関わりたくないものの中にしか、満月の実りに繋がるお宝はないのです。

今は毒
でも後に光に変わるもの。

これをあなたの感覚やフィーリングによって、選び取ってくださいね。

では、次回の調整日4/24に✋
豊かな上限月をお過ごしください。

Instagram