豊かな私になる星読みブログ

皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。

お誕生日の方 おめでとうございます♥

☆…………………………

目次
〇本日の宇宙エネルギー

◯豊かになる開運ポイント

今日の宇宙エネルギー


上弦の月です。

太陽・月・火星は同じ度数なので
サビアンから読み解いていきます。

月は、ネズミと議論する猫
立場の優劣を超えた交流を示し
妻や母、社会の役職など
置かれた立場から離れて話すことで
互いの気持ちや求めているものを
知れるタイミングとなるでしょう。

火星・土星

何かを成し得たいと願うなら
形が整うまでは
別の何かを
犠牲にするのは当然で

素直に受け入れらないなら
強いジレンマを生むことになります。

私生活と仕事のバランスをとりながら
その中でわたしという種を
発芽させるには自己信頼ありき。

社会でわたしの居場所を作るには
相手の言動によって
信頼の有る無しを図っていては
いつまでも信じられないままで
安心できる場は作れないこ
とになります。

火星サビアンは
大きなカヌーへ乗り込む一団

激流も含まれる人生の旅を終えるには
命を預ける信頼が何よりも大事で
それがなければチームワークの乱れを生み
荒海の中へ放り出されてしまう。

太陽は
隔離された歩道を歩く2人の恋人

去年の10/20に誓った
天秤座の新月の願い

それが形となるか否かのポイントにいます。

一見、社会からも私生活からも
否定されるような強いエネルギーを
感じるかもしれませんが

それによってわたしを再確認し
進むべき方向が見えてくるのでしょう。

水星・金星・天王星・冥王星

金星は昨日と同じく
欲望の庭へ続く門

欲望を叶えたいなら
自分の求めているものだけを
求め続けていても入っては来ず
好む好まないに関わらず
すべてを受け入れたその中に
欲しいものが含まれているのです。

山羊座は確かなものを求め
蟹座は安心を求め

牡羊座は
わたしであることを主張します。

最初から確かなものなどどこにもなく
維持し続けることで形が整い
結果となるものですが
突発的に飛び出してうまくいくほど
現実は甘くないのです。

ある程度のルートや
結果を出せるであろう方向を決め
社会や家庭という枠の中に
自分を押し込めて満月へと向かう
微調整を行いましょう。

 

豊かになる開運ポイント


月は受け取り
太陽は目的意識
金星は人生に華を添えてくれるもの
水星は計画ネリネリ。

このバランスとれていますか。

このバランスがとれていれば
次は火星の行動です。

トランジットの火星・土星が
ルートを示してくれますが
冥王星がこれまで通りでは
いかないことを教えてくれていて
実際性のないもの
現実で活かせないものは
育ってはいかないのです。
(山羊座・土星も含む)

やさしいだけ
キレイなだけ
可愛いだけ

これだけだと、使えない
これだけだと、その場限り。

今後、仕事や結果には
繋がっていかないということです。

やさしい
キレイ
可愛いより、人間力

ここを鍛えるために今後2年間は
時間とお金を使いましょう。

ハイ♥
愛がこもるほど真剣になりすぎて
恐くなると言われるけど

👹ババでよろしおす。

本気で豊かになるサポートしてますの👹

で、昨日のセッションで
いただいたご感想です。

今日はどうもありがとうございました。
元美さんに相談出来て本当に良かったです。

最初に声を聞いたと
全く想像していた通りの声と話し方で
安心して話をすることが出来ました。
一度も話した事がないのに不思議な感覚。

怖いと思われるそうですが、その逆で
包み込んでくれるような
優しさや強さを感じて、この人に
相談して間違いなかったと思いました。

優しくストレートに言ってくれるのが
気持ちよくわかりやすかったです。

新しい気付きが何個もあり楽しくて
あっという間に時間が過ぎてしまいました‼

お時間過ぎていたのに質問に
丁寧に答えてくれてありがとうございました。

今回は主人とのことを主に聞きましたが
次回は私自身の事を深く聞いてみたいと思いました。

姉さんって呼ばせて欲しいです(笑)
ぜひ、またよろしくお願いします😊

 

姉さん、👌です!

 

当サイトの有料コンテンツ


毎日、お届けしています。

続きはこちら

 

只今、グループのマッチングを行っています。

オンライン、リアル共に4/10以降で。


占星術講座初級編のリアル(対面)で
1日集中コース希望しています。

4月で候補日を挙げてみました。
4月18、25日水曜日

スケジュールが合えば、嬉しく思います。
よろしくお願いします💖

お問い合わせはこちらへ
●LINE@アカウント

ID【@upa3846r】

友だち追加

Instagram

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。