豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。

お誕生日の方 おめでとうございます♥

月は射手座に
太陽を含んだTスクエアを担います。

太陽サビアンは
メリーと彼女の白い羊

昨日の動物が獰猛であれば
強い緊張の中
トレーナーも大きな勇気が必要ですが
訓練を重ねる中で
互いの力が十分に発揮されると
信頼関係と柔軟性が生まれてきます。

動物とトレーナーが
メリーさんと羊に変わるのですね。

 

メリーさんが歩くと
羊は後からついてきます。

ここには気負いも
強靭な態度もなく
ただ柔軟性だけがある状態。

メリーさんがあっちに行った
だからあっちに行こ〜♫

 

乙女座を仕事能力としたら
仕事のデキる人ほど
態度も発想も柔軟で
人との信頼関係を結ぶのが上手。

押し付けも
策略も根回しも必要なく
互いの信頼関係の中で
仕事をこなしていくようなものです。

 

この太陽に水星と海王星が交わり
このエネルギーを
射手座の月が受け止めます。

射手座の月は頑張りやさんで
少しでも高いところで
キャッチしようとしますが

うまくいかないと感じているなら
目標を一旦、帳消しにして
流れに委ねてみてはどうでしょう。

 

あなたが求めているものは
上ではなく
下に在るのかもしれない

そんな遠くにまで出かけなくても
すぐ近くにあるのかもしれない。

調停の位置にある木星も
気負いも
強靭な態度も必要とされない
素朴な場や関係性の中でこそ
あなたの能力は発揮されるのだし
豊かさを生むのだと教えてくれているのでしょう。

 

金星サビアンは
大きな岩場の海岸

現実の壁、岩場にぶちあたり
挫折する様子を示しています。

 

自分の楽しみや
愛やお金に関すること

わたしのこれまでの価値観

そういったものが
火星と天王星によって
過去の価値観が壊されるのならOK

新たな価値観が創られていきます。

そうではなく
理想と現実のギャップによって
金星イメージを壊されたのなら
頭の中で描きすぎたからかもしれません。

 

金星は
地球とほぼ同じ大きさであるように
等身大のわたしの金星で生きていないと
愛と喜びを知ることはないのです。

土星は
地球生活の賢者で
わたしたちに
様々な人生教訓を教えてくれる師。

今、このタイミングで
挫折を覚えているのなら
あなたにとって必要のないものを
淘汰してくれているだけのこと。

淘汰されれば
牡牛座・天王星によって
これからの時代を生きる
わたしの新しい価値観が創られるのです。

 

目的や目標と書くと
壮大な設定をされる方が多いのですが
そんなもの要らないし
持つなら小さいほうがいいですね。

わたしは毎日元気に見えるから
目標を掲げて生きているように
見られてしまうけど
目標などなく
わたしの太陽を生きる目的を
毎日、果たしながら生きているだけです。

 

天王星が示す
数年先の希望は
抱いて生きているけれど
〇〇になればいいな、程度。

オラオラー💢
行くどー!!!!

などと思って生きているわけではありません。

これやるとエネルギー的には
今の自分じゃダメだと
ゴリゴリ痛めつけていることになるので
おやめくださいね。

 

目標を掲げないと励めないのは
怠け者の自分がいるからです。

自分に厳しく、怠けることを
許せないのではないでしょうか。

基本、人間は皆、怠け者。

怠けてフツー
あたり前

そこからスタートしてくださいね。

怠けてたら
何も成せないじゃないかと思われた方

簡単でございますわ。

心は怠け者
身体は働き者でいればいいのです。

 

わたくしの場合だと

心はユルユル
誤字脱字は日常茶飯事

ホロ読み
誕生日入力間違いアルアル(・∀・)

言葉はカミカミ(・∀・)

これしきのミス
なーんにも大したことない。
なーんにも人生に影響しない。

 

その分、身体は動かすします。

ミスしたら謝りまくる
キーボード叩きまくる
返事のレスポンスは速攻
頼まれごとは二つ返事のハイ!

あそこ行こう、ハイ!
ここに行こう、ハイ!

アレやるでー、 👌ホイサッサ!
コレもやるでー、👌ホイサッサ!

妄想描くヒマがないくらい
動く動く動く。

 

そしたらね
わたしと外の世界がつながって
眼の前の景色が変わっていくのです。

あなたサマも
お試しくださいね。

 

 

見てね♥

ご質問受付中です。

インスタストーリー
お問い合せ
コメント欄
c  メール
お電話から〜✋

 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。