太陽を生きるブログ

皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。

お誕生日の方 おめでとうございます♥

月は双子座に
太陽・金星とインコンジャンクション。

太陽は
火のともったろうそくを運ぶ若者

夢や希望を掻き立てられながら
仲間だけで共有する
深い感情体験のプロセスです。

 

受け取る双子座の月は
拒否するわけではないけれど
どこか逃げ腰で
半分だけ共感する感じでしょうか。

 

親近感を感じても
親密になるのは面倒でもあり
近づくほど互いの価値観が
ぶつかるのは当然のことですね。

つい相手を
攻めたくなる自分がいるのなら
天王星によって
自己改革を進めていくタイミングなのでしょう。

 

実はこれ
占星塾の満月ミーティングで
取り上げた内容でした。

 

わたしには
わたしのやり方があって

相手には
相手のやり方がある。

大人だから
折り合いのつけ方もわかっていますね。

 

臨機応変に合わせていても
相手の動向が気になりだすと
どんどんイライラが募っていきます。

ここですべきことは
相手の非を正すことでも
変えようとすることでもなく

必要以上に、反応せず
必要以上に、いい顔せず
必要以上に、近づかず

これまでのわたしの
視点を変えていくしかないのです。

 

ここで排他的になったり
自閉するのは簡単なことで
これやってたら一生
誰とも繋がれなくなってしまう。

 

蠍座は、濃密な繋がりを示すけれど
天王星が関与している以上

自分の予想を
裏切るような言動をされても
私的感情を切り離して
相手の主義を認められるかどうかです。

それぞれの
個人の有り様を認めた上で
親近感を持てるなら
それは深い味わいを
もたらしてくれるのではないでしょうか。

 

蠍座は
秘密の共有と洞察力を
天王星は
徹底した個人主義と自由を

閉ざされた関係性の中で
わたしの未来の希望を
恥ずがしがるこなく話せるのは
互いが深い愛を持つ
観察者だからだと思うのです。

 

女子によくある

意気投合した仲良し組だから
何でも話せる関係だから

と、瞬時に感情だけで
くっつく関係性というのは
共感できない部分が少しできると
心はすぐに離れてしまうものです。

 

天王星が巡行に入るのは
2019年1月初旬

それまで周囲には迎合しない
わたしなりのスタイルを
模索しながら改革を実行されてくださいね。

 

厳しいけど優しい
この味わい深さは体験しないとワカラナイ

三女、若干名募集です♫

 

Instagram

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。