太陽を生きるブログ

皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。

お誕生日の方 おめでとうございます♥

1/21の月食で
自分の生きたい理想を確認したわたしたち。

それを具現化するプロセスにいて
微調整をする段階にいます。

 

下弦の月のと太陽サビアンは
湖面を横ぎって輝く月
美しい衣装を着た蝋人形

 

地球生活で与えられた役割を
仮面をつけるように淡々とこなし

自我を越えて
大きな普遍的な意識に触れても
やはり生きていくのは
この地球生活しかありませんね。

 

仮面をつけて
オンオフを分けるのではなく
今度は自分が描く自分像をモデルにして
社会生活で宇宙実験を始めるときとなりました。

 

自分が描くわたしは
美しい衣装を着た蝋人形
血も感情も流れていないからこそ
完璧だと認められ
生々しいものは不完全でしかないと考えます。

 

月の湖面を横ぎって輝く月
感情を波立たせることなく
全てを受動的に受け取り世界を観察するのです。

 

この地球生活をバーチャルなものと捉え
人生を対戦ゲームだとしたら
主人公のわたしを
あなたはどんなキャラクターに設定するでしょうか。

 

ここでは創造力を広げるプロセスで
広げるためには
感情を排除する必要があり
この感情に支配されてしまうと
次々と現れる不安や怖れといった敵に殺られ
すぐにもゲームオーバーになってしまうのですね。

 

金星・木星・海王星スクエアは
非現実な展開を広げるのは得意で
バーチャル世界に浸り
火星も積極的にチャレンジするけれど

山羊座の土星・冥王星によって
現実の厳しい圧力がかかり
創造力を広げられず
早くも感情の波に呑み込まれてしまうか

それとも
理不尽を極めた
難関ゲームをクリアできれば
人生を攻略できる神業を手にできるかもしれない。

 

ゲームに挑むのは
血肉を持つ生身のわたしではなく
宇宙実験のためにわたしが創った
美しい衣装を着た蝋人形なのだから

泣いて悲しむことも
傷つくことも
殺されることもないのです。

この世は仮想現実で
わたしの意識が創り出しているものだとしたら

自由に
どこまでも創造力を働かせた者は
自分の描く人生を生きられることになりますね。

 

幸せは感情の水でしか感じられないし
生身の身体を持つわたしたちは
この水を求めて生き続けるのだけど

この幸せの感情を感じ続けるには
水瓶座の宇宙意識を持たないことには
創造し続けることはできないのです。

 

スクエアだけが
大きな具現化を果たせる所以ですね。

 

わたしを絶対的な基準にし
わたしに固執すればエゴだけが強まり
視界はどんどん狭くなり
感情だけが波立つ。

人生はうまくいかないことだらけで
苦労や悲しみが耐えないと感じ続けるでしょう。

 

この地球生活において
もともとわたしは不在

わたしなどどこにも存在しない。

脳で描くわたしが
わたしだと思い込んでいるだけ。

 

宇宙意識に目覚めたら
普遍的な宇宙そのものがわたしで
そのわたしが
地球生活でのわたしを蝋人形として見立て
宇宙ゲームで遊んでいるだけなのです・・・・

 

あなたはどう考えられるでしょうか・・・

 

 

Instagram