ソラリタとリーディングモロモロ


こんにちは! 私の太陽を生きる、京都アグニの金子元美です。


上弦・下弦月に行っている星の研究会、魔術師会。内容をピックアップして、レジュメスタイルでお届けします。


今回お届けするのは、ソラリタ図を中心にした星のお話モロモロです。

ソーラーリターン図


・ASCで全体の流れをつかむ
・ASC牡羊座→種を撒く
・ASC牡牛座→去年獲得したものをキープ
・ASC双子座→去年の思考バラエティに
・ASC蟹座→去年得た感情を育む
・ASC獅子座→去年得た自分拡大
・ASC乙女座→去年得た技術磨き
・ASC天秤座→去年得た社交性広げる
・ASC蠍座→去年得た関係性を深める
・ASC射手座→去年得た知性でジャンプ
・ASC山羊座→去年得た仕事力で新たな試みを
・ASC水瓶座→去年得た物をリニューアル
・ASC魚座→去年得たものを統合、手放し

・ASC蠍座29度は涙の度数。なかなか断ち切れない思いを悲しみの年と捉えていても進展はない。泣いたら執着を断ち切る。縁を断ち切る。

・アングルに乗る天体は強く働く。冥王星はどんどん強くなる。強くならざるをえない。支配的にもなりやすいが無自覚。

・アングル海王星なら自分を掴みきれない。何も決められないグニャグニャ。スピに傾倒。ヒーリング受けまくる。

ハウスリーディング


・ASC射手座。明暗は木星が12ハウスか1ハウスかで決まる。(12ハウス木星は受け入れるしかない。1ハウス木星は思う方向に向かえる)


・水のハウスは執拗。

・火のハウスはバカさがカギ。バカじゃないと飛べない。真面目に深刻になっていると、火のエレメントは使えない。

・1ハウス土星は、自分に対するコンプレックス。

・2ハウスに天体だらけだと牡牛座的な年になる。太陽が他にあっても2ハウス、牡牛座解釈して詠む。価値をどれだけ確かめて、何ができる、何を持っているか。

・冥王星は変容
・土星は本質だけを残し他は落とす
・水星は思考バリエーション、応用力
・木星は広がり
・金星は自己価値が上がる。(実践すればの話)

・3ハウスのトラサタは、思考がついていかないくらいの混乱。予知不可、発想の変容。

・1,2,3ハウスに天体が集中は、どこまでも自己中的。

・今まで眠っていたものを目覚めさせ自分と繋がり直すのは4ハウス

・5ハウスは人生拡大。自己プレゼン、自己表現は太陽活動を拡大するため。

・5ハウスは承認要求。幼稚だと恋愛至上主義者となる。

・5ハウス太陽は、1,9ハウスと連動する。9ハウス太陽の年でも、5ハウスの体験いないと(獅子座の主張)9ハウスにいけない。

・月6ハウスは奴隷部屋。先回りして世話を焼く。それが落ち着く。嫌じゃない。

・7ハウス天王星は、突然の環境の変化。人間関係の入れ替わり。これを恐れるのではなく、積極的にやると現状が刷新できる。

・9ハウス グレードアップ 夢や理想が高い。

・7,8,9,10に天体が集まると大人年。大人になって社会で人と関わって過ごす1年になる。

・N9ハウス太陽、バージョンアップ、試していきたいならお羊座と獅子座のパッションを常に持っていないと不可。せいぜい遠方のお出かけくらい。

・2-8ハウスを絡めたTスクエア、スクエアは基本的に予想外。予想外にお金いっぱい使うとか、借金するとか。

・10ハウスは平凡。ありきりたり。ずーっとコンスタントにこなす。

・12,6,3のTスクエアは、思考葛藤。引っ込んだ場所で悶々。ライバル現れて悶々。バリエーションうめなくて悶々。

・12ハウスは犠牲意識、ニート、引っ込み意識

アスペクトリーディング


・アスペクトは、自分をどっちに立たせるか。

・スクエアは自分からしかける。でないと想定外が起きる。自ら打ち出せば、外部からきたときにショック小さくて済む。

・自分に力がついていたら、スクエアはぬるま湯から抜け出せるチャンス。自分超えしよう!

・火星・土星・土星・天王星のハードは職人的。めちゃめちゃこだわりがある。使えないとただの曲者。偏屈さ。

・牡牛座火星と水瓶座土星のスクエア、急な方向転換。価値が変わる、アナーキーにガンガンいく。行かないと急き立てられる。

・月と10ハウス冥王星スクエア、仕事で大きな区切り。

・N太陽土星スクエア、一般的なルールを否定する。

・オポジションはお互い意識している。スクエアはいきなり来る。

・月天王星オポジション、プライベートで引っ張られる。飛び出したい無意識。

・太陽海王星オポジション、木星のサポートはわかりやすいけれど、海王星はわかりにくく不透明。よくよく考えたらサポートしてもらえたなぁっていう実感。

・太陽・海王星の水のサインハウスは、アル中、依存症。犠牲者意識。

・N月海王星コンジャンクション、ソーラーリターンで太陽海王星オポジション、社会活動に使う。乙女・魚だとボランティアとか社会奉仕とか。でないと依存に使うことに。

・金星・天王星によって生まれる恋は花火。一時的。天王星は刺激。スクエアはパッと燃えてパッと散る、いきなりくる。オポジションは相手が見えているから「来たな」という感じ。夏に始まった恋は3ヶ月の運命。翌夏には終わっている。

サインリーディング


・ルーラーは強く働く。振り回される。振り回す。パーソナル天体は特に。

・喋るは双子座の水星、書くは乙女座の水星。

・山羊の金星は、未来の見えない恋はしない、ムダ金使わない。結婚が見えているから付き合う。ゴールが見えないことは無駄。ヤル意味なしと考える。

・山羊水星は「ああやってこうやって」と着実に組めるが、水瓶水星は未来情報キャッチ、または中性的な思考、オリジナルなこだわり。土星超えした価値観で考えないと解明できない。

・太陽は社会活動。太陽金星は感性を使う。「楽しい」は月金星。

・木星は道徳。道徳守っていなかったらどれほどのサポーターがいても後で制裁がくる。社会の木星土星は、常識守らないと手痛いしっぺ返しが来る。

・木星、金星はあまりマイナスに出ない。だから懲りない。同じことを繰り返す。

・崩壊は天王星。しかも一部だけのリフォーム。

・イメージ、ビジョンをどこまでも増やすのは海王星。

・冥王星はゆっくり変容。パンと瞬間的にくるのは天王星。

・蠍座は蟹的要素が強い。魚座は蠍っぽい。蠍は無自覚に蟹をやる。

・蠍座やDESや西の偏りは、誰かとくっつく。

・N蠍座太陽は一人の人と結ばれるのが目的。

・射手座、二刀流でいける。理性と本能。射手座はそんなに崇高ではない。夜と昼の顔。本能で官能的。

・魚座を優しいとナメてはいけない。蠍座を超えているから、思いのほか執拗。蠍座を終えて魚をやっていることを忘れずに。

・月魚座は受け入れる、ゆだねるしかない。

その他モロモロリーディング


・ホロスコープは自分中心で読むが、パーソナルでなければ社会や時代背景として読まないと辻褄が合わないことになる。

・天体は意識。公転周期で階層ごとに分けて詠む。

・全て意識。ソラリタもネイタルも意識がなければエネルギーが強くならない。

・ホロスコープを読むときは、過去の行いと今の意識がセットで影響を与える。

・きれいに読んじゃうと現実から離れてしまう。サインもアスペクトも一方向しか見られない人は本質を見抜けない。創始、根源、ソースの意味がわからない。

・ソーラーリターンを知ったら意識が変わるから、3か月前から影響が起こる。

・グレコンはネイタルとタイトにアスペクトしている人でないと、影響は出ない。木星土星は社会天体だから社会活動をしている人にだけ使える。作用する。

・木星はノリ、1年限定のノリ、巻き込んでいく力。オーバーリアクションで大きく見せて乗っていく。

・土星は木星で無駄に広がったものを落としていく。木星で巻き込んでいって土星で現実なものに固めていける。

・取り組みは(種づけ)やってくる直前にやっていかないと不可。

・太陽を中心に生きないと、どんどん過去に行ってしまう。終わっても求めてしまう。月に留まり続ける。

・水(ハウス、個人天体)を持っている人は感情記憶、絶対忘れない。火はすぐ忘れる。風は変化するから興味を失えば、忘れてしまう。

ハイ! ご苦労様でした。
ここまでしっかり読み込んで下さった方は素晴らしい!!!

あなたのリーディングの参考になれば幸いです。
誤字見つけた方は、ご一報ください。m(_ _)m

リターン図モロモロ

ソラリタチェック法

Instagram