男性性と女性性の中和。錬金術の時代


皆さま、こんにちは!
京都アグニの金子元美です。
本日がお誕生日の方、おめでとうございます。

1/29の獅子座満月は、いかがお過ごしでしたでしょうか。

2/1の詠みをお届けします。

水瓶座の太陽


ASC獅子座
太陽は火星とパータイルでスクエア
度数は12度、カッコつけの度数です。(11は子供の飛び出し。その後の反動)

太陽は7、火星は10ハウス

ハウスから考えても、社会の場で思い切って飛び出したなら、自分をどう見せようかということに意識が集中しやすいのでしょう。

太陽は木星とコンジャンクションです。

自分が太陽と木星のどちらに立つかですが、太陽側に立てばカッコよく見せたいし、木星側に立つのであれば、私の太陽を生きている人を見つければ、自分に余力があれば力の限りサポートしたいと申し出たくなるのかもしれない。

社交場である7ハウスの対人関係を、良好に保ち自分を印象づけていきたいのであれば、木星のサインである射手座の巻き込む力が必要です。

この巻き込む力には水瓶座サインが示す、その人の人生観、そして7ハウスが示すトータルな大人としての人間性にかかっているでしょう。

太陽サビアン


サビアンはバロメーター

気圧の変化で明日の天気を予報する計測器。自然界のリズムを把握しながら次の展開を予知します。

これは占星術そのものですね。

自然のリズムや私たちの心理などを併せて、全体の周期的な動きを通して推理する力を示します。

世の中の動きもここから導くことができますね。

この太陽に火星・天王星スクエア

これからは、これまでのロジックをそのまま当てはめるのではなく変則的に、予想外のハプニングに備えられるような奇想天外リーディングは不可欠なのかもしれない。

普遍的な螺旋法則と
未知の紆余曲線。

この両方の感性を持っていないと、意識の時代である水瓶座時代のリーディングはマッチしていかなくなると思います。

これまでその年の事象から星の象意を決めてきたように、占星術リーディングも時代の変化と共に変わるのは当然でしょう。

水瓶座の水星逆行


1/31から2/21日まで逆行する水星。

水瓶座なので、宇宙視点から物事を捉え直します。

逆行は大抵は苦手なところからやってくるので、PCが苦手ならシステム環境から、社会ルールに縛られているなら給与や雇用システムから、語彙力が乏しいなら知性の応力が必要なことを迫られるのかもしれない。

また精神世界なら、ロジックで理論立てられないスピリチュアルには不信感を募らせやすいでしょう。

鋭い理解力、科学的な証明を求める水瓶座の水星。

水瓶座を通過しないと、統合サインである次の魚座には向かえないのだから、宇宙視点で捉えて宇宙方式を導きだしたいものですね。

今やコミュニケーションはSNSやラインで行われるのだから、伝えたいことを伝えられる語彙力は磨きたいものです。

深入りしない金星


金星は冥王星と合
カーディナルで月とトラインです。

自分の感覚やセンスを頼りに、ブラッシュアップできたでしょうか。

新たなスタートを切りたい金星は2/1に水瓶座へ入り、誰にも深入りしないで自分の世界を広げようとします。


老若男女問わず友愛をテーマに関わることで、自分の価値や自立性がいかほどのものなのか、自分の人生哲学を確認したり、また新たに創造していくことになるでしょう。


大人の女性なら、親密な愛情を求めたり、特定の人に深入りすることで安心を覚える感性しか持たないのなら危機感を持ってくださいね。

これからは男女の性による境が薄まり、人間性だけがクローズアップされていきます。

右脳と左脳をバランスよく使い、中性的、両性具有者的な感性を育てないと男女共に求められることは少なくなっていくでしょう。

性的な魅力が強いのは、ある意味では動物的で肉感的なのです。

これはリモート化が加速する風の時代には伝わりにくい。

女性はより男性的に、男性はより女性的に中和されたエネルギー、自分自身の男性性と女性性を調合できる錬金術師目指す時なのかもしれない。

コミックに、ボーイズラブやガールズラブなど、愛を異性とだけ共有しないのも、水瓶座を象徴する傾向の一つではないでしょうか。

人間同士の友愛
互いの個性を区別しないで尊重する時代。

天王星がもたらす価値観の改革
海王星がもたらす境界線の喪失
冥王星の時代の変容と再誕。

あなたの集合無意識は、どのように感じ取っておられるのでしょうか。

では次回は2/5下弦月に✋









Instagram