自我からのメッセージ。牡牛座の新月


同志たち、こんにちは!
京都アグニの金子元美です。


本日がお誕生日の方、おめでとうございます。
5/12の新月詠みをお届けします。

無自覚な新月


1ハウスにある天体は、7ハウスの他者との関わりがないと実感できない場所です。

自分が思う自分は他者から見た自分とはかけ離れていて、他者の輪の中に入らないとわからないものです。

単純に1ハウスの意味を示すなら「自分探し」「新たな自我獲得」となりますか、ある程度の大人になっても自分探しを続けているのなら、残念ながらどこまで行っても自分一人の世界に留まり続けることになる。

いつまで経っても自分は見つけられないまま、自分を獲得できないままでしょう。

思考すればするほど否定を繰り返すのが、私たちの脳内システムです。

1ハウスは自我の誕生、本能の直感
ここに思考は介在しません。

突き動かされる衝動や、裏付けの取れない強い意志だけがあるのです。

新月サビアン


荒れてた波立つ水の上を飛ぶ白い鳩

文字からではなく具体的なリアルな働きかけから宇宙を知る、文化背景から明確な指示を受ける、というサビアンシンボルです。

ハウスやサイン、アスペクトから併せて詠むと、私たち一人一人のDNA、育った文化背景によって本能への目覚めを受け止ることができるタイミング。

これは情報によって得るのではなく、肉体に埋め込まれた感覚、DNAによって知ることになります。

異文化で例えると

砂漠地帯にDNAを持つ人は、砂漠や昼夜の寒暖の大きな差を感じることで、湿地帯にDNAを持つ人は、寝苦しい夏の夜に本能が目覚め自我からのメッセージを受け取ることになるようなものでしょう。

記憶ではすっかり忘れていたことも、肉体の五感を通して育ったの文化によって、本来の自分に目覚めていく。

人によっては、今の自分が救われるような体験に変わるかも知れません。

これは土のサインで起きるので、肉体を通してのリアルな体験であり、それはごくナチュラルに、五感センスが優位な人だけが受け取れるメッセージでしょう。

どっちつかずの双子座金星


ASCルーラーとなる金星は、オーブでは木星スクエア、冥王星とはトラインですが、サインではトラインとインコンです。

これをまとめて詠むと

新月エネルギーのシグナルとなる双子座の金星は、欲求不満で変化と改革を望むものの、今いる環境から影響を受けるだけで何の決定権も持たないまま、現状を守ることにエネルギーを費やします。

不満はあっても、小さな楽しみはいくつでも見つけられるし、これで満足しようと思えばいくらでも満足できる。欲を出せばキリがなく、だって私は十分豊かで幸せなのだから。

この意識に傾くと、もう片方の隠れた意識が「いやいやコレって本望ではないでしょう」と否定を切り返すような感じでしょうか。

そうと思えばそう思える
違うと思えば違う気もする

どっちつかずの、そしてどっちもアリの思考の揺れ感で、このように感じ考えるほど、自分を見失っていきやすいでしょう。

新月の影響を受けやすい人


今回の新月の影響を受けやすい方は、牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座にピーク度数(20度付近)の個人天体を持っている人方、牡羊座と牡牛座、1と2ハウスのマジョリティを持っている方です。

ご自分の育った文化背景、またはやDNAから本能的に察知できたような感覚、または〇〇のようなもの? といった認識が少しでもあれば、これからの月相によって育ち、満月で何かを確認できるプロセスをコレから辿っていくことになります。

満月まで待てなくても、感覚でキャッチできたものは、私の体の内部で留まり続け育っていくことがわかるでしょう。

言葉にできなくても、誰とも共有できなくても
、私を見つけた感覚だけは、自分の五感を通してリアルに得られるはずです。

今回の新月は感覚的なものなので、文字で読んでもわかりにくいかも知れません。またニュースレターにて、サンプル検証を書いていきますね。

それでは豊かな新月をお迎えください。
次回は、5/20上弦の月に。✋

Instagram