太陽を生きるブログ

皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。

お誕生日の方 おめでとうございます♥

月は天王星を受け取った後、蠍座に

年末年始は家族と過ごす機会が増え
わたしの蠍座を確認できるときですね。

 

わたしの蠍座とは

宿命(カルマ)や
受け継がれた遺伝的要素

そして
人と共に生きながら
人生を整えていく力です。

家族団を通して
わたしの蠍座を確認してみてください。

 

蠍座のルーラーである冥王星は
金星とセクスタイルで
わたしの歓びをとことん追求したく

目的が決まっているなら
励み続けることは
他には目もくれない楽しみとなり

目的が見つかっていないなら
金星エネルギーを
持て余し気味になるかもしれませんね。

 

地球生活で表現すると

お金を稼ぐことに目覚めるとか

好きな彼のことを
とことんモノにしたいとか

年末年始に飛ぶような出費に
怖ろしさを覚えたりとか

予算を削ることに頭を使いながら
ポイントを抑え
どう満足度を高めるかに
労力をかける感じでしょうか。

 

あなたの現状にあてはめて
解釈を広げてみてくださいね。

 

 

太陽サビアンは
手から餌をもらうアホウドリ

 

アホウドリは
人への警戒心が薄く
逃げる本能すらなくなった鳥で

仲間の鳥が横で殺されても
逃げないほどの、のんびり気質を持ちます。

 

サビアンが示す意味は

これまでいた環境に馴染むと
誰でもそれ以外のものを
異質として捉えるようになります。

山羊座の対抗サインである
蟹座の排他気質でもありますね。

 

外部のもの
知らないものに対して
恐れを抱くようになると
わたしの世界は
どんどん小さなものになってしまう。

閉鎖された共同体
あるいは
自閉した心は弱体化し
廃墟化する運命にあるからです。

 

太陽は土星とコンジャンクションで
海王星とセクスタイル

 

あなたの太陽活動は
これまでの土星の枠内で繰り返しを行うのか

それとも

海王星によって境界線をなくし
アホウドリのように警戒心を抱くことなく
違う世界の人と関わり
世界を広げていくのか

そのどちらなのでしょうか。

 

関わる度合いというものがあるけれど
単に知った
少し関わったくらいだと
新しい環境に接触したとはいいません。

 

何度も会い、言葉を交わし
互いのいろんな表情を見て
相手の考え方を知り
私生活を少し知る関係性までいって
新しい環境と接触したと言えると思うのです。

 

一度、見た
一度、話した

これは何も知らないのと同じことです。

 

 

わたしはアホで良かった(・∀・)
とつくづくこのサビアンを知って思いました。

 

2018年も終わり
明日は平成最後の元日を迎えますね。

新しい環境に飛び込んでくださって
今年、出会えた人
また今年も関われた人

そしてブログを読んでくださった方々
誠にありがとうございました。

 

 

いや、本当に
ありがとうございました。

感謝感謝です。

 

 

感謝しきれないくらい♥

 

 

お辞儀ポーズ画像を探していたら
こういうのしかなくて・・・・(・∀・)

 

わたしの感謝の気持ち
少しは伝わりましたでしょうか?

 

 

お正月、食べすぎて
こんな身体にならないよう
気をつけてくださいませね。

ハイ、わたしも気をつけます。

では、また明日〜♫✋

 

 

Instagram

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。