獅子座の下弦月。ユルユルなふにゃふにゃ笑顔


こんにちは! 
京都アグニの金子元美です。
本日がお誕生日の方、おめでとうございます。


11/8下弦月を中心に、11日までの人生を加速させる宇宙エネルギー詠みをお届けします。

理想はいらないです。


月はascにあります。
無自覚な拡大意識。

9ハウスの火星とトラインで、方向性の見直し。金星はセクスタイルで協力者が必要です。

私の太陽を生きるのなら、ここで自分の可能性の試し方、目指す方向性をもう一度見直す必要があるでしょう。

私たちは思考した瞬間から地に足が浮きます。現実から離れる、といっても過言ではありません。

一人で未来を描くとき
こうなりたいという自分の姿を描いたとき
そのままの形では実現できないと捉えて、むしろその思考から離れてください。これから起きること全てに対して柔軟な受け取り方をするのだと、改めた方が実現力を得られるでしょう。

その理由は
理想を描くと現実とのギャップを知るほど自己卑下に陥ります。理想はいらないのです。

そして想定外のギフトを受け取れなくなる。

実はこちらの方が実りは遥かに大きく、あなたの魂の邪魔をしない方法で行なわれることになります。

私たちは一人で生きているのではないので、他者とのエネルギーの交わりの中で受け取り、与え、その循環の中で物事が運ばれるようになっています。もう少し深くいうと、互いのカルマも関与してきます。

進まないのは進まないなりの理由があるし
求めていないのに与えられるのは役割があるからです。

そしてホロスコープが示すのは場のエネルギーです。環境の流れを示しているだけ。

それをどう受け止めて流れに乗り、思考して、実行するかは人一人一人違います。

今回の獅子座下弦月なら、1..9ハウス
太陽は4ハウスですね。

私の太陽を生きるなら、パッションを保つ。
ここに火の精神性を使うこと。
抽象論はどこまでも抽象的。具体性はないということ。理想を描きすぎていると、いつまでも同じ場所にいることになります。

そして、4ハウスの太陽は
私のソース(源)を確保しましょう、です。

でないと、抽象論はすぐに崩れ
私を支える思想とはなりません。


では一つずつ見ていきましょう。

必要なのは自尊心。愛想もいらない


月は潜在意識なので、私たちの月とリンクします。

無自覚なプライドも要らない。邪魔です。
獅子座の月は、自尊心として受け取りましょう。

自分を敬う気持ち
これがあれば他者も敬えるようになります。

天秤座の金星はスマートに他力を借りることができます。

あなたはできておられるでしょうか。

借りたら返さなければならない
笑顔でサービスしなければならない。
こう考えるのは自己価値を置いていない証拠ですね。風の時代はモテない原因になるので、サッサと捨ててしまってくださいね。


愛想の金星だと、オポジションにある火星は無力さを刺激してきます。

自分では気づいていなくても他力を貸してもらえるのであれば、あなたがそれだけ何かしらのメリットを相手に与えているのだから、愛を持って受け取ればいいのですよ。

この天秤座の金星を、あなたが獲得し使えているのなら、火星は隠し持っている自力をいつ出そうかとワクワクと計画するでしょう。パッション高く、私自身に誇りを持って。

他力の金星と自力の火星は3-9ハウス
豊かに生きていくためにはコミュニケーション能力、競争意識も必要です。競争意識を嫌う人は3-9ハウスの知力の刺激がない。成長できる人との関わりが持てなくなるでしょう。

ユルユルな笑顔の太陽


変容期を終えて、笑顔を見せられる頃です。

愛想笑いでもなく
誰かをひねくった失笑でもなく
無関心を隠す微笑みでもなく
心を開放したユルユルの笑顔は、魂の開放が起きている証拠だし、見る側の警戒心すら解いてしまう魔法があります。

あなたはそのような笑顔を、自分が見せていることすら忘れてしまう仲間や場所を持っておられるでしょうか。

持っておられるなら、眠ってみる夢見は優しく、この集合無意識の力の援護により、人生が願望実現の方向に緩やかに向かっていくことになるでしょう。

もし、持っておられないなら8ハウスの海王星は、自分だけの夢想に閉じ続けるか、ユルユルと笑える場を求め続けることになります。

得るには、月が示す自尊心を持ち、パッション高く生きていく熱量を燃やしてくださいね。私の太陽を生きるには、まず月です。月の受け取り方を変えないと不可能です。

太陽と海王星には、木星も関与します。
働きかければ、援護を得られるときです。

木星なので社会において権力を持っておられる方、道徳心を持った経験豊富な女性、社会体験で得た現場力をサポートとして使える方と知り合いで他力を得られるなら、夢実現に近づいていけるでしょう。


太陽と月の対比で見れば
月はカラッと熱く
太陽は優しい粘着力があります。

カラッとしているばかりでは大雑把過ぎるし
粘着力は間違えば執拗になります。

これがどのような形で自分の環境、または心理に投影されているかを観察しながら宇宙エネルギーに乗るようにされてください。

今回は下弦月だけで長くなりましたので、この続きは8日にお届けします。

では、ユルユルと笑える
豊かな下弦月をお過ごしください。





Instagram