失敗しないと等身大の可能性は知れない


皆さま、こんにちは!
京都アグニの金子元美です。

本日がお誕生日の方、おめでとうございます。
上弦月に向かう調整日、4/16の星詠みをお届けします。

なんだかうまくいかない


ASC乙女座、ルーラ水星8ハウス
ここに4天体が入ります。

水星はカーディナルサインで
冥王星とスクエア

環境に振り回されながら、うまくいかないことを実感する星巡りです。

考えているように運ばないのは、これまでの考え方を変えるタイミングにあるのだろうし、これまでと違う習慣を組み込む必要があるのかもしれません。

これは、とても微細な小さな小さな働きかけです。

変えたところで昨日と今日の変化は何も感じないだろうけれど、一週間ほどだった時にいつの間にかうまくいかない感覚を忘れているとしたら、ストレスを受ける周期を抜けているのではないでしょうか。

チャート全体を眺めてみると、西半球の偏り、8ハウス4天体入ることから主導権は持てないし、他者との関係性の中でやりくりしながらの変容が促されています。

それが今回の上弦月に向かう調整です。

プチ変容の太陽


太陽サビアンは「想像力を通じて一度失われた機会を再び手に入れる」

実現可能かも! といった可能性に心がかき回され続けると、いとも簡単に失敗する人生になっていきます。

何を選択しても、何を実現できてもメリットとデメリットはあり、物の見方によってはある部分では成功しているように見えても、ある部分では失敗となるのが人生でしょう。

例えば
仕事だけにエネルギー注ぎ続けていたら、社会成功は納められるかもしれない。けれど無理した分だけ体を壊したり、家庭に自分の居場所がなくなったり、人間的にツマラナイ人になってしまうかもしれない。

恋愛至上主義ならダイナミックに性を満喫できるけれど、ある人から見れば淫らとして映るようなものでしょう。

当たり前だけど成功とは、人それぞれの人生観によって大きく違います。それなのに私たちは、通り一遍の地位や名誉、お金といった物質主義に心動かされ続けるのでしょうか。

簡単にはいかない複雑な人生展開を、さまざまな角度から眺めて検討してみる必要があるというサビアン。

失敗を体験した後の再興、1度失われた機会を再び手に入れられると人格的な成長が手に入るという意味です。

冥王星スクエア


太陽は冥王星とスクエア
パータイルで強く働いています。

あなたにとっての成功や失敗とはなんでしょう。

冥王星は、あれもこれもと可能だという過度な傲慢さ、自力でどこまでもといった行き過ぎた推進力に対して、身体中の骨をへし折るくらいの体験を運んできたりもしますが、折られることで等身大の自分に近づいていくのも確かです。

私と年齢の近い方なら、病気になっていく人も徐々に増えてきましたね。残念ながら不老不死は存在せず、私たち誰もがいずれは死にます。あがらえない宿命を示すのも冥王星。

またこれとは反対に、自力を発揮していなければ社会生活から圧力がかかってもくるでしょう。

このどちらも体験しないというのは、失敗も成功も体験しないという証なのかもしれない。

冥王星がかかっているので壮大な問いかけになりますが、命ある残り時間を逆算して生命力を取り戻す時でもあるでしょう。

人生は55歳から


人生の前半は誰もが自分がわからないまま、社会のルールに沿って生きてきたので等身大の自分、自分に相応しい可能性を見出すことはむずかしいです。

人生は55歳から✊

というのは、等身大の自分を受け入れ、まわりに振り回されることなく生きていけるから。

月相で調整しながら、豊かな日々を過ごしていきましょう。



Instagram