失望から学ぶ牡羊座の満月


私の太陽を生きる同志たち、こんにちは!
京都アグニの金子元美です。

今日がお誕生日の方、おめでとうございます。
10/20牡羊座満月をお送りします。

霊力を感じる太陽


ASC獅子座、太陽3ハウス
満月なので当然、月とはオポジション。

今回の満月は太陽が誘導しているので、まず太陽サビアンからみてみましょう。

「霊的な力に気づきはじめた男」

牡羊座と天秤座の主体と客観性が入れ替わり、陰陽原理が合体して大いなる一(イチ)に気づきます。(スピリチュアル用語だとワンネスとか)

私たちを取り囲む大きな大きな力

一見バラバラのようでいて
全てが繋がっている根源原理

霊的、恒久的な働き。

この力とコミュニケーションを取れる力を示します。

多様な社会での私スタイル



社会に向けて自力を発動されている方は、多様な情報を元に分析しながら、太陽の向かう方向を探している最中でしょうか。

もし、あなたに7ハウスの木星を担ってくれる人がいるのなら、人生の行手を誘導されれば素直に信じて行動に移せるだろうし、知力の応用力があるなら環境の中から、これから発展していく種を見つけだせるのかもしれない。(7ハウス木星)



霊的な力に気づいたとしても、自分の中で発芽させないと(太陽火星)コミュニケーションは続かず、一時的なの迷いとして立ち消えしてしまうのだから、飽きずに問いかけ続けることです。

質疑応答を繰り返すほど、霊的な力と自分の思考解釈のズレを修正し、チューニングしやすくなるでしょう。

失望からの学び


月のサビアンは「失望する観衆」

牡羊座と天秤座
私とあなた
私と私を取り巻く環境

裏切りや期待に応えられない失敗を表すサビアンですが、意図は、この失敗した状況から分析して今後の材料にするということ。

そして、期待に応えられなかった自分、もしくは相手を責めるのではなく、何事も相手との関係性の中で起きることを知るということがポイントです。

人間関係や、関係性によって創られる環境というのは、投げかける側と受け取る側の相合作用によって事象が起き、物事は展開されていくのだから、どちらか一方をジャッジし非難してしまうのはあまりにも短絡的な見方といえるでしょう。


失敗から学ぶというのは、ド根性で現状を乗り越えることでもなければ、負けを認めずにリベンジ戦に挑むでもなく、陰陽作用がどう働いていたのかを正しく分析し、今後の人生材料に変えていくことです。

膨らむ理想


月は9ハウスで精神性の高まりを求め、理想と言われようとも実現したい思いが膨らんでいくでしょう。

感覚センスを示す金星は、射手座にあり留の水星とセクスタイル。

私の中で呼応作用が続きます。

私のこだわり、譲れないもの(金星)
それを社会でどう実現するかの応用力(水星)

この呼応を繰り返すことで、私独自の感性が磨かれ工夫が繰り返されますが、それはごく近場で(3ハウス)私のごく身近な場所ですぐに応用できないとただの理想論で終わることになるでしょう。( 冥王星スクエア)

理想を理想で終わらせないために


理想を理想で終わらせないためには、楽観主義をなくし、自分が正しいと思う見解を社会に普及させていく必要があります。

そのためには自分自身があらゆる考えに開いていかねばならないし、山羊座冥王星から考えても、今後はこれまで以上に多様的に社会を捉えいくのは必然になってくると同時に、現実をよりリアルに見る力を強化していかないと、混乱に陥るばかりで実現はできないままでしょう。

大きな力とのコミュニケーション


何だろう、何だろうとと考えている間は、応用力は働かずただ迷い続けているだけなので、考え疲れを起こすだけです。思考して疲れると、夢想にふけるか過去に向かいます。

太陽のサビアンが示す、主観でもなければ客観性でもない、私を取り巻く大きな力に委ね放り投げることで、これまで点でしかなかった点と点が一瞬で結ばれていくことが多々あります。

瞑想したり、潜在意識と繋がるアプローチ法(アカシック)などを使うとアクセスしやすいですが、特別なことを試みなくても思考を止める習慣づけできるとと訪れやすいです。

追いかけ求めると、エゴが強く働いてしまうので感知しにくくなるのが常。

難しいことは考えなくて良い。

なぜなら魂は全てを知っているから。

私たちの人生において、こういった霊的な力は確実に働いているので、これを体感できる満月であればいいですね。

失敗万歳🙌
人生は55歳からです。

それでは豊かな満月をお過ごしください。
次回は29日に✋

Instagram