蠍座新月。自我崩壊


私の太陽を生きる同志たち、こんにちは!
京都アグニの金子元美です。

今日がお誕生日の方、おめでとうございます。
11/5蠍座新月をお送りします。

水星・冥王星スクエア


ASC蠍座、冥王星3ハウス
水星スクエア

水星をへし折られ再生を促されるアスペクトですが、バイアコンバスタでのこの体験は厳しいものと感じやすいでしょう。

単純な水星だと無自覚のまま過ぎることになりますが、そうでないなら思考停止という状態を引き起こすことになりそうです。

水星の神経組織がダメージを受けるために、安眠やリラックとは程遠い時を過ごされる方もおられるのではないでしょうか。

アスペクトは分離中なので、このブログを読むタイミングでは、へし折られ体験の余韻が続いている頃でしょう。

サブルーラーの火星


蠍座のもう一つの支配星である火星もみてみましょう。

火星はASCの近くにあり、水星とはサインを共にしないコンジャンクション。水星は対人関係の疲れを示し、火星はとことん深入りすることにアクティブです。

飽きて疲れている水星と
とことん深入りしたい火星と。

蠍座の火星は心理への没入なので、どんな感情に深入りするかは、あなたが今抱いている月の感情を突き詰めていくことになるでしょう。

蠍座新月サビアン


「発明家の研究実験」
一見、繋がりのないもの同士をつなげる応用力。大きなものと小さなものを結びける推理力を示します。

これを今回のASCが示す
水星と冥王星で例えてみます。

水星は日常生活範囲内で、目まぐるしく動くスピーディな中性力。冥王星は個人の力でと到底に扱うことのできない、銀河のパワーです。

この一見、到底結びつけることのではないことをどう繋げて、推理していくかで今回のへし折られ体験の原因が見つかると思います。

ただサビアンが示しているように、実験研究なので現場での応用ではなく、思考での応用。一人で考えて模索している状態を示します。

天王星オポジション


揺さぶりは対人関係からかけられます。

思いもよらなかったノーマークな人から、自身を揺るがされる体験があるかもしれないし、すでにあったのかもしれない。これによってこれまでの自分が崩されていくので(自我崩壊)対人関係の分離、入れ替わりを否が応でも体験しやすいでしょう。

対人関係でこの体験をしない場合は、時代の波によるシステム変化によって社会ポジションの移動、予想外の勧告などでしょうか。

アテにしていたことは
ことごとく外れやすいでしょう。

どのようなショツク体験であっても、何かが壊れることで新たな未来へと視点を向けさせてくれる作用として働きますが、単なる楽観主義によるポジィティブマインドだとその予感は外れていくことになるでしょう。(新月と土星、火星土星スクエア)

蠍座新月のまとめ


バイアコンバスタもいよいよ終盤の中での蠍座新月。

今回は天王星や冥王星とかかっているので、過去のトラウマ体験や長年見えてこなかった問題が浮上しやすい新月となります。(ASC蠍座、自身の根深い問題、アインディンティティがテーマ)

表層的に起きる出来事いうのは単なる引き金でしかないので、その関係性の中で推測し結合しようとしても、それは根本解決には至らず、今後もまた繰り返されることになる可能性は高いでしょう。(トラサタ関与。サビアンが示す小さなものと大きなものを結合する推理力が必要)

新月と天王星がアングルにかかり、オポジションで向き合っているように、根本解決するには自分と、そして他者と真正面下に向き合うことでしか解決の糸口は探れないでしょう。(天王星オポジション、冥王星スクエア。中年の危機も関与している人も多いはず40歳前後の方)

とことん掘り下げて、それをどう解釈していくかですが、今回はよりシビアにも現実的な視点を失うことなく観察されるようにしてください。

ここがあなたの土台の力、人生力の養いどころです。(火星・土星スクエア)

人生のどんな時も、自分が望まない体験によって、今の自分に気づき、人生の発展転機になることに違いありません。

幸せを感じる出来事というのは一瞬で
それはこれまでのご褒美時間です。

これは成果であって
成長の促しないものです。

楽観さも時には必要
大雑把に捉えることも大事。

でも、やる時にはやらないと。

なぜなら蠍座月間に獲得するメンタルの強さ、忍耐力が人生では不可欠だからです。

大人の女性なら安易に自分の願望ばかりを星に託しイメージを広げるだけでなく、決して崩れ去ることのない豊かな人生を築くための自力土台ツールとして、星を使ってくださいね。

では次回は11/11に✋

Instagram