蠍座の上限の月、根性や忍耐力だけでは形にならない


皆様、こんにちは
京都アグニの金子元美です。

本日がお誕生日の方、おめでとうございます。

真の豊さを願う大人の女性に贈る、星詠みをお届けします。

水星・火星・木星Tスクエア



前回の月相図からの続きで
火星が促されています。

ただ、1ハウスにある天体は無自覚で扱いにくく、木星が無駄に広げていくるためエネルギーは拡散傾向になるでしょう。

「まっ、いっか」
いっといったような
投げ出しですね。

自力の火星を使うには、冒険に出る勇気がいるし、Tスクエアで刺激された水星はせっかちで早合点にもなりやすいでしょう。

特にこれまで火星を使い慣れていない人は、この傾向が顕著に出やすいのですが、勇気は波動の高いエネルギーです。


無茶だったとしても宇宙としてはOK
失敗だったとしても宇宙は祝福します。

それに、木星が関与しているエネルギーは、さほどの痛手にはなりません。

だからこそ繰り返す習性を作り出しますが、凝りないほどの体験をされていない方、いつも脳内で描くだけで終わってしまう方はトライされてみてはいかかでしょうか。

上弦の月と天王星



上弦の月は天王星によって改革が促されます。


改革の目的は
私の太陽を生きるためです。

私の資質をこれまでとは違う使い方をして、私らしく生きるため。

そのためには私が何ができるかを確認し、自己プレゼンしなければ知ってはもらえないし、また今の自分にない力は他者から借りりなければなりません。

7ハウスの月は、固定サインの蠍座にあっても他者から影響を受けやすく、理解してもらえなければ意固地にもなりがちでしょう。


7ハウスは社会の入り口です。

月の一般大衆に理解できるプレゼンなり、自分の在り方を見せていく必要があるし、天王星のこだわりが強すぎると間違いを修正しないまま自己主張だけが強く現れるようになります。

自由な時代が訪れた
私の世界づくりを・・・

とはいっても、山羊座は社会のルールで縛りをかけてくるし、蟹座の大衆はむずかしいものを嫌い、わかりやすく親しみを覚えるものしか受け入れません。

さて、そんな中で私の太陽の5ハウス、私の世界づくりです。私の太陽意識の拡大を、あなたはどうやって行うのでしょうか。

チャート全体からの考察




全体の偏りから見て
私と家庭と仕事
この3つがテーマです。

自力である火星が促されているので、私の太陽を生きている方はエネルギーを集約しやすいだろうし、そうでない方は弾みをつけて殻を打ち破ってくださいね。

この弾みをつけるために
何を手放して何を維持するのか。

今、手放す必要があるものを上限の月が教えてくれるし、維持するものは天王星が教えてくれます。

そして今回の上限の月では、目の前の現実と対面しながら、ヤル気や意志だけでは乗り越えられないことも同時に知る必要があります。

忍耐力やド根性に自信があっても、それだけだと世間知らずらの凝り固まった幼稚な獅子座です。自己管理能力と環境との調整力がないと、目の前の現実に対して対応できないし、いつまでたっても裸の王様でしょう。

獅子座をやるなら
一つ手前の蟹座の居場所を
確保する必要があります。

私の心が疲れたら
休める場所がいるからです。

獅子座を前へと進めていくなら
次の乙女座の管理能力がいります。

獅子座の火の理想を
現実に着地させるためです。

私たちの命がDNAの螺旋でなつがかっているように、サインもすべてつながっています。そしてこのどれもが必要で、私たちやる必要があります。

では豊かな上弦の月を!

上弦・下弦に行う星の研究会、魔術師会の今回のテーマは、三浦春馬さんのホロ詠みです。

Instagram