水瓶座の上弦の月。裏切られ感や嫉妬心を抱ければ上々。進んでます。


こんにちは! 
京都アグニの金子元美です。

本日がお誕生日の方、おめでとうございます。


10/23〜25日までの、人生を加速させる宇宙エネルギーの流れをお届けします。

10/23 水瓶座の上弦の月


17日に迎えた天秤座の新月
そこであなたの中で発芽した種が、小さなつぼみになる頃です。


今は変容期なので、自分の内側の中で好ましいものが育っていくというよりは裏切られ感、プチ絶望感、自信喪失や、孤独感などが育っていきやすいタイミングにあるでしょう。

そんな中で大事な事は、ネガティブな感情を持ってはいけない、人を嫌ってはいけない、清く正しく美しくあろうという偽善の心ですね。

スピリチュアル好きな方に多いのは、自分の中で芽生えた暗いダークな感情を排除しようとする意識が強いことです。

キレイなだけの人って、いませんて(・∀・)
キレイなだけの現実もありません。
頭ではわかっていても、心がしたがっていないのであれば、等身大の私で生きることも、裸の私で生きることもできないでしょう。

自分の意にそぐわないものを排除しようとするのは、結局は二極のジャッジでしかありません。なので自分が二極に走っていることに気づくことが先ず一つ。

そして自分の中の闇を見ないと
光の方向は見つからないのが2つめ。

物事すべては陰陽一対なので、その両方をどちらも同じ感覚で受け取った後に、自分なりのグレーを見つけることが3つめとしてください。

意味を探したり、何か今すぐ答えをみつようとすると、自分の思い込みをこじつけることになり、とどんどん本来の自分から遠ざかり変容のチャンスを逃すことになります

今回の上弦の月は7ハウス
ディセンダントにあり、傍には土星冥王星もあります。

冥王星の闇と土星のカルマの引き受けるかのように、自分のちっぽけさを受取り、無力さを知り、これまでの自分を一度死なないと新月で発芽したものは育ちません。

無自覚に建前や常識を優先とした人間関係を織りなし、環境もツマラナイものになっていくでしょう。

人間関係によって知る私の心の闇
その闇が栄養分になるということです。

心もお金にも豊かになりたいと願うのであれば、私の環境をつくる人間関係に神経質になってくださいね。

ただここでも詠み間違えないでください。


自分にとって都合の良い人だけと付き合うのではなく、自分にとって必要な人、大切な人を見間違うことなく、その他の人たちととのような距離感を保ちながらどのように関わるか、です。

人間関係の悩みの9割は人間関係ですが、私に幸せを運んでくれるのは他者だし、チャンスやお金を与えてくれるのも他者です

孤立したり自閉していては豊かさから程遠い人生になるし、かといって上辺だけの関係性だけだと、幸せを感じることなく時間だけが過ぎていくことになります。そしてまた同じこの季節に、深く傷つき自分の無力さばかりが増すでしょう。

今、悔しくて情けない思いをされている方
進化上々です(・∀・)

太陽は蠍座Ingress


太陽は23日に蠍座に入ります。
変様期の後半スタートです。

天秤座の最終はこちら

それでは一つずつサビアンを見ていきましょう。

10/23,24 観光バス


まず最初に注意書きから。

※サビアンは一度+して詠みます。
23日は天秤座の最終サビアン「哲学者の頭にある3つの知識のコブ」も含まれていますが、詠んでみてご自分にしっくりくる方を参考になさってください。

日付によって私たちは暦の移り変わりを知りますが、私たちは自然のサイクルと同様にAIのようにカッチリと切り替わりません。

季節が寒暖を行きつ戻りつつしながら変化していくように、私たちの意識の変化はグラデーションです。数字や意味に囚われすぎないで詠み進めてください。


「哲学者の頭にある3つの知識のコブ」こちらの意味は、天秤座体験を通して得た先見の明を示します。

3つというのは、1でもない2でもない第3を示す数字。

この明を発見できれば、これまでいた世界が広がりバリエーションを生んでいくのです。冒頭に書いた、白でも黒でもないグレーに留まれる私です。

観光バスは目的地を共にし
長い時間を一緒に過ごします。


乗り合わせた人たちは、最初はよそよそしくても一緒に過ごすことで、感情を共有する機会が増えていきますね。

トランジットの月は水瓶座で、決して同調するもんかと反逆児になれば偏屈者となるだけで、新しい視界を受け取ることはできなくなります。

今は、同化することを許可されてください。


蠍座は今の自分にない力を得るために、力を持っている人とくっついて得るプロセスです。異質なものであればあるほど得るものは大きいので、是非この体験を歓迎されてくださいね。

水星の逆行は、過去を回顧しますが、全ては昔の話。

成功体験も、トラウマも
思い出す、気にしている時点で
過去に生きている人になります。

水瓶座の月は、過去と未来を同時に受取るので
私はこれからどう生きるか
どう生きたいのか。

他者と自分を比較して自己卑下するばかりでなく、全ての感情をしっかりと受け取れないと、思考だけで判断するようになります。ここにパワフルなエネルギーは宿りません。


他者はすでに持っていて、私は持っていないことで嫉妬を覚えるなら、自己卑下や嫉妬で終わらせることなく、自分の力で獲得する成功体験を未来で行う、と決意できる私でありたいものですね。

でないとこの先、誰と関わっても無力な自分を感じ続けるだけとなります。それを毎年、この季節に思い出し続けることになるでしょう。

10/25 割れたビンとこぼれた香水


ぶちまけ度数です。

これまで溜まっていた感情を吐き出すことによって、強いインパクトを周囲に放つ様子を示します。

実行することであなたのイメージがひっくり返ることは間違いなく、心に良くも悪くも相手の心に入り込むことになります。

自分の怒りや、今いる場所の欠点を挙げ連ねたところで思う通りには運ばないけれど、ぶちまけないことには進みませんね。

孤立し嫌われたところで自己責任でしかないけれど、嫌われることで好きになってくれる人も現れるというギフトがあります。

人から嫌われるのは気にしなければいい、と言ってはいても嫌われれば悲しいし傷つきます。自分の人間性を問うたりもするかもしれないけれど、誰からも嫌われない人は、誰からも強く好かれない人でもあるのだからこの体験も是非、この機会に済ませておきましょう。

月のぶちまけによって私の在り方

私の太陽を生きる情熱が点火しますように。


これから迎える風の時代は
心身共の自立は不可欠です。

では次回は26日に✋


Instagram