到達すれば宇宙の愛がわかる上弦月


同志たち、こんにちは!
京都アグニの金子元美です。

本日がお誕生日の方、おめでとうございます。
7/17上弦月を贈ります。

私は私でしかない


ASC山羊座
土星は水瓶座1ハウス
天王星スクエア

生真面目さと気ままさが入れ替わり、容量の良さとはかけ離れた不器用な私。

ある時は、自分を飾り立てる必要のない事実を知り、脳内で描いた誰かさんになろうと励むバカバカしさに納得したかと思えば、ある時は自分であることの憂鬱さにつきまとわれ自分を否定し続けたり・・・

1ハウスはアイディンティの部屋
天王星スクエアで行ったり来たりしますね。

今の自分を受け入れられないのなら、今の環境を受け入れていくしかありません。

環境を受けいれてしまえば、できることとできないことがハッキリとし、これまでの人生で経験した苦い思い出が土台の力となって、良い意味での妥協が促され無駄な理想が取り払われていくでしょう。

私たちは思考すると欲張り
地上から足が浮いて現実から遠のきます。

本当はそれほど多くのことを望んではいないし、できることも限られている。

土星のリアリティを受け入れた途端に夢見る部分が失われてしまうように感じるけれど、実はそうではありません。

土星は地球着地。

より具体的で確実な一歩を踏み出す力に変えてくれるのです。

天秤座・上弦月


月のサビアンは「鷲と大きな白い鳩が入れ替わる」

純粋に知識だけを求めていくと、天秤座の26度以降では達成境地に至るというゾーンに入ります。

ここでは鷹という強い意志が、大きな白い鳩に象徴されているような人類愛に変わるのです。

上弦月は
太陽冥王星エネルギーを受け取って9ハウス。

トラサタが関与すると集合無意識領域になるため抽象的になりがちですが、可能な限りわかりやすく書いてみます。

精神探求で例えると


9ハウスを精神探求の場だとします。

精神探求者は孤独がつきもので、誰にも理解してもらえないことがほとんどです。それでも希望というランプで足元を照らしながら、ひとり一歩一歩歩を進めて行くのが精神道だとします。

もし最初から多くの人たちに賛同してもらえるのなら、それは秘儀ではなくテクニックの集結。ある決まりきった場面で一度しか使えない、浅い学びでしかないでしょう。

この精神道を歩んでいくぞ、という強い意志を持って歩き続けるとします。

探求を続けて到達地点近くになると、そこには自己信頼や次世代に繋がる平和で広域の愛を知る体験があるようなものでしょう。

冥王星は一択


どの方法を選んでも知識の到達地点には同一の境地がある、そんなサビアンで今回は冥王星が絡んでいるので一点集中です。

冥王星に二択はありません。
一択です。

冥王星なのでとことんまでの追求
または
全てを失うことで知る宇宙的な大きな愛。

愛を知るために始めたことではないけれど純粋に、ただ一つの道を極めていくプロセスの中で、到達してみればそこで初めて真の平和な愛を知る経験なのかもしれません。

トラサタが関与しているので数十年の積み重ねによって起きる現象なので、この蓄積がない方は実感薄いと思います。

ましてや、私の文章力によってさらにワケワカメでしょう。

長年のトラウマ解放に取り組んでおられた方は、今回の上弦月とネイタルのタイミング重なるなら、引き金を引かれる体験が待ち受けているかもしれませんね。

冥王星ではなく火星


冥王星は宇宙意識にチューニングできないとわからないので、地球で働く火星で考えてみましょう。

火星は獅子座7ハウス
度数はビークから降り始めたところ。

金星と合で男女の恋ダンスとして捉えてもいいし、自分の中の女性と男性原理として捉えても良いと思います。

恋愛対象がいる人は相手を通して
いない人は
対人関係でセンスを発揮し
最初の目的とは違う平和な満ち足りた愛を実感できるのかもしれません。

もっと単純に例えたら
嫌で嫌で仕方のなかった職場
何年も我慢してやっと辞めると伝えられたら
肩の力が抜けて職場で遊べるようになった
そんな体験でしょうか。

ブログが意味不明でも魂に何かしら残った方は下記のインスタ、毎朝ストーリーに星詠み投稿しているのでフォローして星読み補助にされください。


では次回は24日の満月に✋

Instagram